野毛山動物園の園内マップを完全攻略!混雑時もこれで安心!!

横浜市にある野毛山動物園☆無料で入場できるので、動物だけでなく、春のお花見や、土日にのんびり過ごすために訪れる方も多いんです♪

せっかくなので、行ったら動物を見るだけじゃなく、のんびり気分にひたってみるのも、オススメですよ☆

今回は、園内マップを見ながら、野毛山動物園での過ごし方を、考えてみましょう~!


スポンサードリンク

園内マップを見てみよう

引用先:野毛山動物園HP

早速、公式HPの園内マップを見てみましょう☆動物の絵もいっぱい載っていて、どの動物がどこにいるかわかりやすいですね~♪

さらに、このマップ、レストランやトイレ、ベビーベッドなどの場所の情報はもちろん、階段や、急勾配の場所、車椅子ルートもわかるようになっているんです!

友人
わぁ、車椅子ルートが書いてあるなんてすごく便利!迂回しないといけないときもあるから、確認しておくと役に立つわね☆
サッキー
ところどころ急勾配がある場所もチェックできるのもいいわよね。

では、早速、マップを細かく見ていきましょう~☆

土日祝はとくにチェック!なかよし広場

野毛山動物園のクチコミを見ていると、めちゃくちゃ混んでいる、といった口コミはあまり見かけませんでした。

土日祝日でも、やや混んでいるとか、そこまでひどくは混まない、と言った口コミが多かったです。

ですが、そんな土日祝でも、注意するべきポイントがあります☆それは、なかよし広場(ふれあい)です。なかよし広場、土日祝は整理券をとる必要があるんです。

各回に入れる人数は150人と多いので、入れない心配は少ないようですが、整理券を取るのを忘れて入れないといけないので、着いたらまず整理券を取りましょう☆

なかよし広場、整理券についての詳細は野毛山動物園でふれあい体験!をご覧くださいね!

整理券をとりになかよし広場に行こう!

午前になかよし広場を利用する場合、開園と同時に野毛山動物園に着いておき、すぐ整理券を取りに行く必要があります。園内マップでなかよし広場の場所をチェックすると、左下の方にありますね♪

ベビーカーでなければ、入口近くのレッサーパンダの横の階段を使っていけますね。階段の後は道がいくつかに分かれているので、マップを見てルートを選んでくださいね☆

サッキー
我が家は、娘はまだ2歳でいらないから、整理券は4枚必要ね。開園と同時に中に入ったら、パパ、整理券を取るの頼むわね。レッサーパンダを見て待っておくわ。
(パパ)
うー、レッサーパンダはパパも見たいけど、家族のためだ!まかせておいて☆

整理券は5人分までまとめてとれるので、我が家のように、誰かがまとめてとるのがオススメですよ♪

ちなみに、レッサーパンダは見ていてかわいらしいのでゆっくり見てもいいですし、出入り口に近いので帰り際にも見られるので心配ないですよ~☆

レッサーパンダについても詳しく書いていますので、ご覧くださいね~!

野毛山動物園のレッサーパンダ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ぜひ見たい!動物のお食事の時間をチェック

せっかく動物園に行ったら、動物が餌をもらって食べているところもみたいですよね!ということで、次なるチェックは動物へのお食事タイムです☆

野辺山動物園公式HPを見ると、お食事タイムは、すべて午後です☆下に時間順にまとめましたのでご覧下さい~。右に( )で動物のいるエリアを書いておきますね♪

動物たちのお食事タイム

13:30~ チンパンジー(出入り口付近)

14:00~ レッサーパンダ(出入り口付近)

15:00~ ライオンまたはトラ(右上)

15:40~ ツキノワグマ(真ん中)

16:00~ ペンギン(左下)

※動物の体調などで変更があるかもしれないので、行かれる前に野毛山動物園公式HPを必ずチェックしてくださいね

チンパンジーとレッサーパンダは向かい側にいるので、移動しなくてもそのまま見られますね。その後は動物のいる場所がバラバラですね~!

ハル
午後は食事タイムを中心にまわるか、食事を見る動物をしぼるか、子供達と相談して決めなくっちゃ☆
物知り博士
ライオンのお食事タイムは、人間の見ている前の檻に餌をひっかけるから、ライオンが大きな口を開けて餌を食べるところを見られるぞ。
サッキー
それは息子たちも大喜びしそう☆2歳の娘は怖がってないちゃうかもしれないけど(笑)
(パパ)
パパも大喜びしちゃうよ~!パパも百獣の王みたいになりたいな~。
サッキー
目の前のお肉にかぶりついてみる?(笑)

ぜひお子さんと相談して、どの動物のお食事タイムに行くか、考えてみてくださいね!

マップをエリアごとにチェックして、まわり方を考えよう

なかよし広場の整理券をとって、お食事タイムをどうするか決めれば、あとは安心です☆なかよし広場に行く時間とお食事タイムに合わせて、好きな動物を見て過ごしましょう♪

ちなみに、なかよし広場に入れる時間帯は自分では選べないとのことなので、整理券に表示された時間を見て、それぞれのエリアにいる動物をチェックして、考えてみてくださいね☆

では、5つのゾーンに分けて、動物たちと、それ以外の施設について見ていきましょう♪

出入口付近。レッサーパンダやオシドリたち

出入り口は、左上にありますね。出入り口を入って最初の分かれ道を右側に行くと、オシドリやトキがいます。

最初ではなく2つ目の分かれ道を右に行くと、レッサーパンダとチンパンジーがいますよ☆この2種は、お食事タイムも要チェックの動物たちですね!

出入り口に入ってすぐに、案内所となかよしショップがあります。案内所の隣には、トイレとベビーベッドがありますよ。

なかよしショップには、おみやげや人気のソフトクリーム「のげやまソフト」が売っています♪

帰りに、のげやまソフトを食べよう、というと、帰りたくない子供たちも出入り口に向かってくれるかもしれないですね☆

スタッフ男
のげやまソフトは、平日は16:15まで、金曜は15:45までとなっていますのでご注意くださいね。

地図の真ん中あたりには何がある?

レッサーパンダ横の階段を通り過ぎると、地図の真ん中辺りですね☆右側にはフクロウたちやコンドルなどの鳥、左側にはメダカなどの魚がいます。その下には、お食事タイムもあるツキノワグマです☆

そのあたりからは、大池が見えていると思います。大池には白鳥やカモなどがいて、休憩所があります♪なかよし広場側には自動販売機でパンやスナック、冷凍食品も買えるとのことですよ~。

左下。なかよし広場付近にいる動物たちは?

なかよし広場付近にいる動物は、ペンギン、ワラビー、シカ、カグーなどです☆ペンギンは、夕方にお食事タイムもありますね。

カグーは、ニューカレドニアにしか生息していないめずらしい鳥さんですよ~♪ぜひ、なかよし広場に行く際に見てみてください☆

なかよし広場のすぐ側には、子供用トイレとベビーベッドがありますよ~!少し行くと大池の休憩所や自動販売機もあります♪

サッキー
近くに大池があって休憩もできるし、自動販売機もあるから、なかよし広場の時間によってはここで待つのもいいかもしれないわね。
(パパ)
そうだな!昼寝タイムだ、昼寝タイム☆
サッキー
誰の??

個人的に、カモ、大好きです。なんか、癒されるんですよね~♪大池の前にレジャーシートをひけば、ほんと、ゆっくりできるカモ?(笑)

右下。おさるさんがいっぱい!アリクイやダチョウも

右下にいるのは、いろんなおさるさんがいますよ☆アカエリマキキツネザルの前は人が多かったとの口コミもあったので、人気のようです♪

ほかには、ミナミコアリクイ、ダチョウがいます☆好奇心旺盛なダチョウは、人間の動きにいちいち興味を示して反応した、という口コミもみましたよ~。人懐っこいのですね♪

アカエリマキキツネザルの側にはトイレや飲料の自動販売機、ベビーベッドもありますよ☆誰かがトイレに行っても、アカエリマキキツネザルを見ながら待てそうですね!

右上。迫力ときれいさを兼ね備えたエリア

右上には、人気の猛獣たちがたくさんいます☆ライオンにトラ、キリンにシマウマです。ライオンかトラは、お食事タイムも要チェックですね!

ライオンは、お食事タイムでなくても、大きく唸り声が聞けた、との口コミも見ましたよ~☆迫力あって、小さい子は怖がるかもしれないですが、かっこいいでしょうね!

キリンとの距離が近く、よだれがとんできたとの口コミがあるほどなんですよ~♪

 

猛獣エリアの上には爬虫類館があります。そして、猛獣エリアから少し地図の下の方に行くと、クジャクやインコたち、フラミンゴがいます☆

クジャクは、園内で放し飼いされている、との口コミも以前はあったので、もしかしたら羽を広げて動き回っているクジャクの姿も見られるかもしれません~♪

爬虫類館の近くには、屋内休憩所やひだまり広場があるので、休憩するにもぴったりですよ☆広場の側には自動販売機もあります♪

屋内休憩所には、トイレにベビーベッドがあり、軽食が買えます☆ランチに関しては、別の記事に書いていますのでご覧下さい☆

野毛山動物園のランチ

混雑時も困らない。休憩ポイントをチェックしよう~!

野毛山動物園はめちゃくちゃ混雑することは少ないとは言っても、見る動物によっては混雑して、疲れてしまうかもしれないですよね。

そんなときに、休憩できる場所を知っておくのは、とても大事ですよね☆次に休憩ポイントを見ていきましょう☆

エリアごとの紹介でも出てきた、真ん中下の大池付近や、爬虫類館近くのひだまり広場、屋内休憩所がありますが、他にも、オススメの休憩スポットがあるんです♪

出入り口から管理事務所を超えてちょっと行ったところ、地図で言うと真ん中上あたりに、昔使われていた市電が展示されているんです☆

この市電、ドアが空いたままになっているので、中に入って座ることができますよ!

友人
昔の市電って、なんかレトロでいいわよね~☆男の子とか、運転席に行っちゃいそう。
サッキー
子供たちが運転席で遊んでいる間、親は席で休憩っていうのもいいわよね。
物知り博士
この市電は昭和3年から46年まで動物園下の「野毛坂」を走っていたんじゃ。廃線となった後、ここで第二の人生(車生?)を過ごしておるのじゃ。

市電での休憩も、屋根もありますし素敵ですね☆長く休憩はしにくいかもしれないですが、少し疲れたときや、疲れる前に、ひと休憩入れるのもいいですね!

物知り博士
ちなみに、大池付近は、昔個人の私有地であった庭の名残があるぞ。ひだまり広場は、野毛山動物園を代表するゾウの「はまこ」がいた展示場に芝生を植えて広場にしたものじゃ。
サッキー
それぞれの休憩所は、昔の名残があるんですね~。

休憩しながら、そんな昔に思いを馳せるのも、よいかもしれませんよ~♪

ランチについては、野毛山動物園のランチを徹底調査!をご覧くださいね☆

まとめ

  • 土日祝は、まずなかよし広場の整理券をとろう!
  • 動物のお食事タイムも考えて、園内をまわろう。
  • それぞれのエリアにいる動物をチェックして、ゆっくり見たい動物を考えよう。
  • 昔の名残がある休憩所を利用し、休憩はこまめにとって疲れ知らず☆

好きな動物を見ながら、ときにはゆったり♪マップを見て計画を立てて、素敵な休日をお過ごし下さい~☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA