よみうりランドにあるジャイアントスカイリバーを徹底紹介!!

入園チケット、まだ売り場で買ってるんですか?

水族館や動物園に行くとき、チケット売り場でながーい行列に並んでチケットを買いますか?
私の場合、チケットは事前に買って並ばずに入ることが多いです。

なので、いつも混雑している人たちを横目にスルーして入りますよー笑
なんか得した気分になりますよね。

実は、これって購入方法を知っているか、知らないかだけなんです。
そんな優雅な気分を味わえて、さらに安く手に入れる簡単な方法を教えます。

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

遊園地といえば絶叫系のジェットコースター!なんてイメージがありませんか?でも、家族で遊園地に来たはいいけど絶叫系が苦手だから子供たちが乗っている間はお留守番…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。せっかく遊園地に来たんだから色々と楽しみたいですよね。

実は、よみうりランドには絶叫系アトラクションが苦手な方でも楽しめる爽快感抜群のアトラクションがあるんです。その名もジャイアントスカイリバーと言います。ここではジャイアントスカイリバーについて詳しく紹介していきたいと思います!


スポンサードリンク

ジャイアントスカイリバーとは?

引用先:よみうりランド公式HP

ジャイアントスカイリバーは、よみうりランド内にあるアトラクションの一つで、長さ386メートルもあるコースを4人乗りのボートに乗って回転しながら下っていく爽快感抜群の巨大ウォータースライダーです。

ウォータースライダーと聞くとプール営業期間だけかとお思いかもしれませんが、なんと1年中乗れるアトラクションなんです!!

しかも、高さが24.5メートルもあります。24.5メートルって言われても想像しにくいですが、何と8階建てのマンションに相当しています。よみうりランドの中で観覧車に次いで高い場所になるので、眺めも気持ちよさそうですよね。

また、コース内には急カーブや凹凸のある部分があり思わず声が出てしまいそうです!

(パパ)
えっ!なんかすごく怖そうなんだけど、、、大丈夫かな?

一番高い場所に行きたい方は、大観覧車の記事をチェックしてくださいね。

よみうりランドの大観覧車は人気がある?料金や混雑情報を調査!

2019年10月26日

絶叫系が苦手でも楽しめる理由

絶叫系が苦手な人って、乗り物が急降下したときの内臓がふわっと浮くようなあの感じが嫌って人が多いのではないでしょうか?よくあるジェットコースターは安全のために体をしっかりと乗り物に固定します。あれがふわっとしちゃう原因なんですって。

車に乗っているとき、急発進すると体が激しく後ろに揺れますよね。あれと同じことが体と内臓で起こっているそうなんです。たしかに車が体で、乗車している人が内臓だと考えてみると納得できる気がしますよね。

ジャイアントスカイリバーはジェットコースターのように体を固定せず、ボートの取手を両手でしっかり掴んで下るので体と同じ速度で内臓も動くことができます。なので絶叫系アトラクション特有のふわっとした気持ち悪さを緩和することができる、ということらしいです

スタッフ
ジェットコースターほどの速度は出ませんが、その分急カーブや凹凸のあるコースになっているのでジェットコースターと同じくらい楽しむことができます。
サッキー
それなら子供たちも楽しめそうよね。

気になる待ち時間は?

楽しいアトラクションは待ち時間が気になりますよね。長時間待つとなると子供たちも飽きちゃって大変ですが、ジャイアントスカイリバーはどうでしょうか。よみうりランドには多数のアトラクションが用意されていて、平日であれば30分前後と比較的並びやすい待ち時間となっているようですね。

しかーし、土日や夏休みなどのプール期間はかなり混雑することもあり、60分以上待つ事もあるようですね。さすがは人気のアトラクションですね!!

注意しておきたい2つのこと

ここで乗るにあたっての少しだけ注意点をご説明しておきたいと思います。事前に知っておいた方がきっと役に立つこと間違いありませんよ~。

登るのが大変!!

まず、アトラクションの性質上乗り場が一番高い位置にあります。先ほど読んでいただいたとおり一番上はマンション8階分の高さとほぼ同じになり、そこまで自分の足で階段を登っていかなければなりません。

待ち時間も考えると子供たちがグズってしまうかもしれないので、いざとなれば抱っこして登る体力が必要かもしれません。体力に自信の無い方は、来園してすぐの元気なうちに来た方ほうが良さそうですね(笑)

登山と一緒で登るのは大変かもしれませんが、登り終わった後の景色や、その後下ったときの爽快感はしんどかった気持ちなんて吹き飛ばしてくれるに違いありませんね。

(パパ)
エレベーターが欲しいな。。。
サッキー
エレベーターなんかあったらもっと待つ事になるわよ。

寒さに注意!!

次に、寒さです。真夏などのプール期間中は問題ないかもしれませんが、それ以外の時期に乗る場合は、乗り場に近くほど気温が下がり寒くなっていくようです。しかも長時間待つ事もありますし、さらにはボートに乗った後も向かい風を全身に受けながら下っていくことになります。

しっかりと防寒対策をしていきましょう。

サッキー
寒い中で待つなんて嫌だわ。しっかりと寒さ対策が必要ね。

スポンサードリンク

ジャイアントスカイリバーの3つの楽しみ!!

あっという間に終わってしまいそうなスライダー系ですが、あれだけの階段を登ったのにすぐ終わってしまうのは少し寂しいですよね。

ところが!ジャイアントスカイリバーの所要時間は約3分となります。思っていたよりも長くてびっくりしませんか?

さすがは全長386メートルもある長いウォータースライダーなので簡単には終わらないようですね。また、ジェットコースターほどの速度が出ないため、せっかくの爽快感が一瞬で終わってしまうこともないようです。

さて、そんなジャイアントスカイリバーを楽しむ為の3つのポイントをご紹介していたいと思いますね。

景色がきれい!

こちらの写真はジャイアントスカイリバーの上から取った写真です。イルミネーションがとてもきれいなんです!!

24.5メートルの高さから見る風景は四季折々の景色が楽しめる事間違いありません。ただ滑るだけではなく、景色やイルミネーションを楽しむ事ができるのも魅力の一つになっています。

よみうりランドジュエルミネーション行くなら必見!2019年版!

2019年9月23日

びしょ濡れになる?

ウォータースライダーなら水が掛かってびしょびしょになりそうって思うかもしれませんが、ご心配ありません。1年中遊べて洋服を着たまま乗れるアトラクションなので靴やお尻の部分が少し濡れることはありますが、びしょ濡れになることはないようですね。

ただし、乗ったは最後どうなるかはその日の天候やボートの向き次第です。運が悪ければ濡れちゃうこともあるかもしれませんよ。このドキドキ感がまた楽しみの一つですよね。

気になる相手と乗れば吊り橋効果で恋が芽生えるかもしれませんよ。

(パパ)
青春だね~!!

ライドフォトサービス

ジャイアントスカイリバーには、コース内に設置したカメラで乗車中の写真を撮影・販売してくれるライドフォトサービスがあります。普段は取ることができない場所なのできっと思い出になること間違いないですよ。

なんとこちらのサービスなんですが、購入すると写真だけでなく画像をデータとしても貰えちゃうんです!これだとすぐにSNSに投稿できてとても嬉しいですね!旦那さんと画像を共有するのもすぐにできちゃいます。是非記念に購入してみてはいかがでしょうか?

フォトサービス概要

料金…1,000円

内容…写真2L 1枚(画像データ付)

スタッフ
どこにカメラがあるか探してみて下さいね。

ジャイアントスカイリバーに乗るには?

さて、ここまで知ったら乗らずに帰れないですよね。「乗りたーい!」って思ったら次に気になるのが条件や料金だと思います。ジャイアントスカイリバーに乗る為の条件は以下のとおりです。

料金・条件

チケット種類…ワンデーパス

料金…700円/1人

条件…身長・体重の制限無し

年齢…5歳以上、10歳未満要付添

この手のアトラクションは身長制限があったりと年齢に関係なく小さい子供は乗れないことも多いかと思いますが、ジャイアントスカイリバーは身長・体重制限がなく5歳と比較的小さいお子さんでも乗ることができるのは、家族連れには嬉しい条件ですね。

ワンデーパスがあれば何度でも乗れるので、何回乗れるかチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ただし、プール期間中はワンデーパスだけでは乗れず、必ずプール入場券が必要になりますのでご注意くださいね。

補足
よみうりランドのプール Waiの営業期間は6月末~9月中旬となります。
サッキー
うちは一番下の子がまだ2歳だから乗れないわね。パパ、お留守番よろしくね。
(パパ)
えっ?そんな・・・

スポンサードリンク

まとめ

  • ジャイアントスカイリバーは4人乗りボートで下る巨大ウォータースライダー。
  • 絶叫系アトラクションが苦手な方でも楽しめる。
  • 待ち時間は平日なら30分前後。土日など休みの場合は60分以上待つ事もあります。
  • 防寒対策は忘れない。
  • ライドフォトサービスが利用できる。
  • 利用料金は700円/1人。

せっかくの遊園地、子供たちとできるだけ同じものに乗って楽しみたいですよね。絶叫系アトラクションが苦手という方でも楽しめるジャイアントスカイリバーでぜひお子様と楽しい思い出を共有してください!

クーポン割引の裏技をこっそり伝授!

私は5人家族なので、動物園や水族館、どこに行くのも入場料がネックなんです。また、3歳の子供がいますが、入園料が必要になってくることが多くなって来るんですよね。

年齢をごまかしたいという悪魔のささやきが。。。

でも子供も見ているし、それはダメですよね。

なんとか安く購入したい。そこで私が考えたのは割引クーポンです。

私が実際に使っているのはこれです。

『みんなの優待』

みんなの優待とは、全国130万件以上の割引サービスを使いたい放題で利用できる会員割引サービスです。

登録して会員になったら3ヶ月目無料で、4ヶ月目から月々490円かかってきます。

でも、私はあえて有料を選びました。無料クーポンがたくさんある中、

なぜ有料を選んだかというと、

  • 入場料だけではなく、ご飯や映画といろんな割引特典が受けられる
  • 割引の種類が多い。割引率が高い(MAX70%)

 

例  八景島シーパラダイス(ワンデーパス)

   5,050円→4,000円

さすがに有料だけあって色々な割引があります。実は使えば使うほどお得なんです。

すぐに元は取れますし、3か月はタダ(無料)なんで気軽に使えます!!

実は「みんなの優待」は、大手企業や公務員組合が利用する福利厚生サービス・ベネフィット・ステーションと提携しているから安いんです

つまり、今までは大手企業や公務員として働いている人しか使えなかった福利厚生を、個人で利用できるということなんですよね!

そしてもう一つ、『みんなの優待』のいいところは、

今なら3ヶ月の無料期間があって、夏まで無料で使えるんです!さらにいつでも解約できるということです。

嫌ならすぐにやめることができるし、もちろん継続もできますので安心して登録できますね。

みんなの優待の登録方法(3つの流れ)

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力します。(3分でできます)
  2.   
  3. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメールが送られてきます。
  4. メールアドレスに通知がきたら本登録完了。ログインしてすぐに割引サービスが受けることができます。

 

 

有料は抵抗あるなー、どうしてもいつでも無料がいいという人はこちら↓

じゃらんで入場料を安くするクーポンをゲット!

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

有料でも無料でもどこでもいいので、クーポンは絶対にゲットしていってくださいね。

その割引の浮いたお金で子供に

お土産を買ってあげることもできるし、

家族みんなでジュースだって飲めます。

クーポンゲットでお得に節約してくださいね。

子供と泊まる宿泊先はもう決まってる??

動物園や水族館に近い宿泊場所を確保しておくと子供がぐずってもすぐに戻ることができます!また、子供のテンションもマックス状態で入場することができるので最初にいい写真が取れるんですよね。

どうしても、動物園や水族館まで行くのに時間がかかると、子供も文句いったりと色々着くまえにイライラしてしまったりして楽しさ半減なんですよねー。せっかく楽しいはずのお出かけが台無しになることもあります。

私の場合は、初日にたっぷり遊んで温泉宿に泊まるのが定番です。子供も一緒にクタクタになるまで遊んで、そのまま宿で温泉に入るっていうのが最高ですね。

宿を予約すれば遊んだ後の夜ご飯の心配もしなくていいし、お店で並ばなくてもいいんです。また、朝も朝食付きにしておけば、いつもと違って子供はたくさんご飯を食べてくれるし、私も大満足です。

たまの贅沢も子供との思い出を考えればありかなと思います。子供は小さい時しか一緒にお出かけにいってくれませんから、今のうちにいっぱい思い出を作っておきたいですしね。

そんな子供の笑顔が見たい私がいつも愛用している予約サイトは「じゃらん」です。

とにかく口コミが読みやすいです。大体のホテルや宿はじゃらんで予約することができますし、価格帯も細かく選ぶことができます。口コミの信用性もありますし、じゃらんポイントも貯まるので次の宿泊にも使うことができます。

じゃらんをおすすめする一番の理由は、何と言っても、

  • お風呂が良かったランキング
  • 接客ランキング

など自分に合った目的で選べることがいいですね。

実は元ホテルマンの私もかなり活用しています。

最後に元ホテルマンとして、こっそりといいこと教えます。最近はじゃらんより宿の公式サイトの方が安い場合があります。意外にみなさん知りません。なので、公式サイトの価格を確認して、値段が同じなら、「じゃらん」をおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です