宮島水族館へのアクセス車で行けないけどどうやって行くの?

入園チケット、まだ売り場で買ってるんですか?

水族館や動物園に行くとき、チケット売り場でながーい行列に並んでチケットを買いますか?
私の場合、チケットは事前に買って並ばずに入ることが多いです。

なので、いつも混雑している人たちを横目にスルーして入りますよー笑
なんか得した気分になりますよね。

実は、これって購入方法を知っているか、知らないかだけなんです。
そんな優雅な気分を味わえて、さらに安く手に入れる簡単な方法を教えます。

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

広島県の代表的な観光地といえば「安芸の宮島」ですよね。毎年花火や紅葉のシーズンになると、多くの観光客でにぎわいます。そして世界遺産・厳島神社から徒歩10分ほどのところにあるのが宮島水族館です。

私にも子どもが3人いるので宮島水族館に連れて行けばきっと喜ぶだろうなと思い、今回は宮島水族館へのアクセス方法を調べてみました。

これから宮島水族館へ行く方の為に様々な交通手段と行き方、駐車場の有無まで徹底調査しましたので最後までご覧になってくださいね。


スポンサードリンク

宮島水族館へは車で行けない?

家族みんなでマイカーで旅行するのって楽しいですよね。待ち時間を気にせずワイワイおしゃべりしての時間は思い出にも残ります。しかし宮島水族館には直接車で行くことはできないんです。

広島県の方ならご存知なのでしょうが、観光目的で来られる方には意外と知られていないと思います。

(パパ)
車で行けないって事を調べておいてよかったね。でも宮島水族館の近くまでは車で行こうかな。

そもそも宮島水族館へなぜ車で行けないのでしょうか?宮島(正式な名前は厳島・いつくしま)は、広島県廿日市市にある周囲30㎞ほどの島です。ちょうど山手線の1周の長さが34.5㎞あるので、山手線よりも少し小さい島ですね。

向かいの本州との距離で一番短いところは約600mのところにあります。簡単に橋を作れそうですが、瀬戸内海は非常に海の流れが速く工事が難しいのです。また、宮島には古い街並みが残っていて道幅も狭く、午前10時30分から午後5時30分まで車が通れないところもあります。

なので、観光客はフェリー乗り場がある宮島口周辺に車を止めてからフェリーで宮島へ渡ることになります。

サッキー
パパ、宮島へは橋がかかっていないから車で行けないんだって。

宮島口から宮島へはJR西日本宮島フェリーと宮島松大汽船の2つ

 

宮島口から宮島へ行く船は、JR西日本宮島フェリー宮島松大汽船の2つの会社が15分間隔で運航しています。料金表は以下の通りとなります。

JR西日本宮島フェリー及び宮島松大汽船の運賃
  • 大人:片道180円
  • 小人(6~12才):90円
  • 5才以下:無料

私的にはこのフェリー料金ってすっごくお得に感じました!私の子供は3人とも乗り物が大好きなんですが、船にとる機会ってあまりない事を考えると絶対喜んでくれると思います。

ちなみに私たち家族分(大人2人、小人2人、2才の娘は無料!)の料金を計算すると合計で片道540円、往復だと1,080円になります。

サッキー
パパは船酔いするのがちょっと心配だね。
(パパ)
15分の運行みたいだからなんとか我慢できるかな~。でも考えていたらクラクラしてきた!

JR西日本宮島フェリー及び宮島松大汽船の違い

そもそも宮島に行くための船がなんで2つもあるんでしょうね?

その違いはJRの方は大鳥居の目の前を通る便があることです。神々しい大鳥居を船から見える景色を見ただけでもかなりのご利益がありそうですよね!私も宮島水族館に行くのならJRのフェリーを乗ろうかなと考えています。

(パパ)
海の中から大鳥居を眺める機会ってそうないので、子供たちもきっと想い出に残るだろうなぁ~。そんな時に船酔いなんていってられないよ。

スポンサードリンク

宮島口周辺に駐車場はあるの?

宮島へは車で行けないことはわかりましたよね!では車はいったいどこで止められるのか気になるところ…。

という事で私も全力で宮島周辺の駐車場を調べたところ・・・ありましたよ!

宮島口周辺には、有料の駐車場が多くあります。ただ、観光シーズンになるとどこも満車になり、近くにある国道2号線も渋滞が起きるとか…。ですので、予定よりも少し早い時間帯に車を止めておきたいところです。

また友人の話によると、駐車場に車を置く際に気をつけないといけないよ~って言っていたことをまとめました。

宮島口の駐車場使用時の注意点
  • 営業時間の確認
  • 3ナンバーお断りの有無
  • カギを預ける

特に営業時間には注意してくださいね。観光に来たものの、楽しみすぎて駐車場が閉じられた・・・みたいな事態になったら家族からブーイングですからね!私も気をつけないと、と心に誓いました。

ちなみにJR山陽本線の線路をはさんで、海側と山側では駐車料金がやや違います。海側だと1,000円のところが多く、山側ですと混雑時以外なら500円で止められるところもあります。

サッキー
宮島口から少し離れた駐車場だと割安なんだね!

宮島口周辺の駐車場が満車で止められない場合は?

宮島口周辺の駐車場が一杯で止められない場合も予想されますよね。

(パパ)
ママ、駐車場どこもいっぱいだよ~
廿日市市役所の人
こんなときは、この3か所に止めてください

ということで廿日市市では、宮島口周辺の駐車場がいっぱいの時に、この3か所に止めるように案内されています。

宮島口周辺の駐車場が満杯時に止める近隣駐車場
  • JA広島総合病院第3駐車場
  • ゆめタウン廿日市
  • K駐車場

JA広島総合病院第3駐車場

宮島口から少し距離は離れていますが、JA広島総合病院第3駐車場に車を止めて、すぐ近くにある広島電鉄・JA広島病院前駅から宮島口駅へ向かいます。

駐車料金は、24時間以内の駐車なら最大600円、24時間を超えれば1時間100円が加算されます。

廿日市市役所の人
駐車券を車の中に置かないでね!

なんと、土日祝日なら宮島口駅にある認証機を通すと、駐車料金が6時間以内なら、100円になります!100円割引じゃない、100円(500円の割引)に!

JA広島病院前駅から宮島口駅まで電車で約10分、大人160円、小人は80円です。わたしたちの家族の場合ですと、片道480円(往復960円)になりますね。

ゆめタウン廿日市

JA広島総合病院第3駐車場のほかに、もうひとつショッピングセンター「ゆめタウン廿日市」にも駐車できます。ありがたいことにゆめタウン廿日市の駐車料金は無料!帰りにゆめタウン廿日市で買い物でもしていくのもいいですね!

ゆめタウン廿日市から広島電鉄・市役所前駅までは、徒歩もしくはバスで行きます。徒歩だと約12分、バスだと約7分です。

バスは広電バスとさくらバスの2つが走っていて、少し料金が違います。

広電バス及びさくらバスの片道運賃

広電バス

  • 大人:160円
  • 子供(6~12才):80円

さくらバス

  • 大人:150円
  • 小人:100円

私たち家族の場合ですと、広電バスに乗ると合計で片道480円(往復960円)、さくらバスだと500円(往復1,000円)になります。広島電鉄市役所前から宮島口までの料金は大人片道160円、子どもが80円です。

K駐車場

JA広島総合病院第3駐車場とゆめタウン廿日市は、広島市内寄りにありますが、反対の山口県側ですとJR前空駅近くにあるK駐車場へ。駐車料金は平日500円、土日祝日は1,000円です。

前空駅から宮島口駅までは、2分で着きます。15分に1本間隔で列車が走っているので、それほど待たなくてもよさそう。運賃は大人片道140円、小人は70円です。家族全員分だと片道420円(往復840円)になります。

参考:廿日市市役所みなとまちづくり推進課 宮島口渋滞対策

広島駅または広島市内から電車で行くなら?

長時間の車の運転は何かと疲れますよね。我が家の場合、運転手はパパなのですが隣でチラチラ見ているといつの間にかトローンとしているので危なっかしいんですよ。

(パパ)
眠くなる事もあるけど、トローンと見えるんじゃなくて元々こういう顔なんだけど・・・

長距離はちょっときついという方であればやっぱり電車で宮島水族館を目指しましょう!広島駅から宮島口駅へはJR西日本山陽本線を使って、約30分かかります。

広島駅から宮島口駅までの片道運賃
  • 大人:410円
  • 子供:200円

わたしたち家族の場合ですと、片道1,220円(往復2,440円)となります。

サッキー
意外と高いね!お土産3つくらい買える金額だな~。

もう少し安くなる行き方は、広島電鉄で宮島口へ行く方法です。広島電鉄は、1912年(大正元年)に開業した歴史ある路面電車です。1945年8月6日には原子爆弾で全線が大きな被害を受けたものの、3日後には一部ではあるものの運行を再開し、原爆で傷ついた広島市民に希望を与えました。

広島駅から宮島口行きは、2号線宮島口行きに乗車。終点の宮島口までは1時間10分かかるものの、運賃が260円とJRに比べて150円安いです。家族全員で乗っても片道780円(往復1,560円)とずいぶんリーズナブルです。

サッキー
フェリー代のほかにも、500~2,000円くらい駐車料金や宮島口へ行くまでの電車代が必要なので、気をつけておく必要があるね。

広島港やプリンスホテル前、平和公園、マリーナホップから高速船も出ています

さいごに、ちょっとお値段高くなりますが、広島港(広島市南区宇品海岸1丁目)やプリンスホテル前(南区元宇品町)、平和公園、広島市西区にある商業施設・マリーナホップからも宮島へ船が出ています。

広島港・プリンスホテル前から宮島への料金は大人1,850円、小人は930円です。往復で乗る場合は「瀬戸内シーライン1日パス」を買うとお得です。シーライン1日パスの料金は大人3,300円、小人が1,650円です。

平和公園、マリーナポップから宮島への料金は大人片道2,000円、小人は1,000円です。こちらは1日前までに運航会社の株式会社アクアネット広島へ予約が必要です。

若干料金は高めですがマリーナホップでショッピングや食事を楽しみたい方にはピッタリですよ!ちなみに宮島水族館でのオススメのお土産については宮島水族館まで来たらおススメお土産やキーホルダーはこれ!!で紹介していますので是非ご覧になってくださいね。


スポンサードリンク

まとめ

  • 宮島へは車で行けない
  • 宮島口から宮島へはフェリーで渡る
  • 周辺駐車場が一杯の場合はさらに近隣の駐車場3か所に止めることができる
  • 車の他にもJRで宮島に向かう手段もある
  • 値段を気にしないなら広島港、プリンスホテル前、平和公園、マリーナポップから高速船の利用もアリ!

家族連れであれば一度は行ってみたい宮島、そして宮島水族館ですよね。到着してからもその幻想的な風景と可愛い魚の姿にも見とれますが行くまでのワクワク感も思い出に残ります。

逆に言えば駐車場がなかったり、到着まで時間がかかったりするとせっかくの家族旅行も台無しです。事前準備はちゃんと押さえておきましょう。

今回は宮島水族館へのアクセス方法を記事にしましたが、今後宮島水族館へ行くあなたもトラブルなく楽しい旅行になる事を願っています!

 

クーポン割引の裏技をこっそり伝授!

私は5人家族なので、動物園や水族館、どこに行くのも入場料がネックなんです。また、3歳の子供がいますが、入園料が必要になってくることが多くなって来るんですよね。

年齢をごまかしたいという悪魔のささやきが。。。

でも子供も見ているし、それはダメですよね。

なんとか安く購入したい。そこで私が考えたのは割引クーポンです。

私が実際に使っているのはこれです。

『みんなの優待』

みんなの優待とは、全国130万件以上の割引サービスを使いたい放題で利用できる会員割引サービスです。

登録して会員になったら3ヶ月目無料で、4ヶ月目から月々490円かかってきます。

でも、私はあえて有料を選びました。無料クーポンがたくさんある中、

なぜ有料を選んだかというと、

  • 入場料だけではなく、ご飯や映画といろんな割引特典が受けられる
  • 割引の種類が多い。割引率が高い(MAX70%)

 

例  八景島シーパラダイス(ワンデーパス)

   5,050円→4,000円

さすがに有料だけあって色々な割引があります。実は使えば使うほどお得なんです。

すぐに元は取れますし、3か月はタダ(無料)なんで気軽に使えます!!

実は「みんなの優待」は、大手企業や公務員組合が利用する福利厚生サービス・ベネフィット・ステーションと提携しているから安いんです

つまり、今までは大手企業や公務員として働いている人しか使えなかった福利厚生を、個人で利用できるということなんですよね!

そしてもう一つ、『みんなの優待』のいいところは、

今なら3ヶ月の無料期間があって、夏まで無料で使えるんです!さらにいつでも解約できるということです。

嫌ならすぐにやめることができるし、もちろん継続もできますので安心して登録できますね。

みんなの優待の登録方法(3つの流れ)

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力します。(3分でできます)
  2.   
  3. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメールが送られてきます。
  4. メールアドレスに通知がきたら本登録完了。ログインしてすぐに割引サービスが受けることができます。

 

 

有料は抵抗あるなー、どうしてもいつでも無料がいいという人はこちら↓

じゃらんで入場料を安くするクーポンをゲット!

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

有料でも無料でもどこでもいいので、クーポンは絶対にゲットしていってくださいね。

その割引の浮いたお金で子供に

お土産を買ってあげることもできるし、

家族みんなでジュースだって飲めます。

クーポンゲットでお得に節約してくださいね。

子供と泊まる宿泊先はもう決まってる??

動物園や水族館に近い宿泊場所を確保しておくと子供がぐずってもすぐに戻ることができます!また、子供のテンションもマックス状態で入場することができるので最初にいい写真が取れるんですよね。

どうしても、動物園や水族館まで行くのに時間がかかると、子供も文句いったりと色々着くまえにイライラしてしまったりして楽しさ半減なんですよねー。せっかく楽しいはずのお出かけが台無しになることもあります。

私の場合は、初日にたっぷり遊んで温泉宿に泊まるのが定番です。子供も一緒にクタクタになるまで遊んで、そのまま宿で温泉に入るっていうのが最高ですね。

宿を予約すれば遊んだ後の夜ご飯の心配もしなくていいし、お店で並ばなくてもいいんです。また、朝も朝食付きにしておけば、いつもと違って子供はたくさんご飯を食べてくれるし、私も大満足です。

たまの贅沢も子供との思い出を考えればありかなと思います。子供は小さい時しか一緒にお出かけにいってくれませんから、今のうちにいっぱい思い出を作っておきたいですしね。

そんな子供の笑顔が見たい私がいつも愛用している予約サイトは「じゃらん」です。

とにかく口コミが読みやすいです。大体のホテルや宿はじゃらんで予約することができますし、価格帯も細かく選ぶことができます。口コミの信用性もありますし、じゃらんポイントも貯まるので次の宿泊にも使うことができます。

じゃらんをおすすめする一番の理由は、何と言っても、

  • お風呂が良かったランキング
  • 接客ランキング

など自分に合った目的で選べることがいいですね。

実は元ホテルマンの私もかなり活用しています。

最後に元ホテルマンとして、こっそりといいこと教えます。最近はじゃらんより宿の公式サイトの方が安い場合があります。意外にみなさん知りません。なので、公式サイトの価格を確認して、値段が同じなら、「じゃらん」をおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です