美ら海水族館へバスで行くには?便利なアクセス方法が知りたい! 

入園チケット、まだ売り場で買ってるんですか?

水族館や動物園に行くとき、チケット売り場でながーい行列に並んでチケットを買いますか?
私の場合、チケットは事前に買って並ばずに入ることが多いです。

なので、いつも混雑している人たちを横目にスルーして入りますよー笑
なんか得した気分になりますよね。

実は、これって購入方法を知っているか、知らないかだけなんです。
そんな優雅な気分を味わえて、さらに安く手に入れる簡単な方法を教えます。

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

沖縄の美しい海を再現した世界最大級の水族館「沖縄美ら海水族館」サンゴやカラフルな熱帯魚を見れたり、巨大水槽「黒潮の海」は服を着たまま海の中を散歩している気分を味わえます。

那覇空港から美ら海水族館までの主なアクセス方法は車・バス・タクシーです。車で2時間以上かかる距離なのでレンタカーで沖縄各地をドライブするのも良いですが、知らない土地で長時間運転するのはちょっと…。という方はバスでの移動を考えますよね?

そこでどんなバスに乗ればいいか、所要時間や料金など調べてみました!美ら海水族館と他の観光地をめぐるバスツアーの情報もあわせてご紹介しちゃいます。


スポンサードリンク

乗り換えいらずの直行バスが便利!

現在、那覇空港と美ら海水族館の直行バスはこちらの5種類があります。

  • 沖縄エアポートシャトル
  • やんばる急行バス
  • カリー観光 美ら海ライナー
  • 沖縄バス 系統117番 高速バス
  • 沖縄バス 空港リムジンバス

なんと最近は那覇空港から美ら海水族館(記念公園前)への直行バスが一日に30便以上もあるんです!これなら空港ー水族館の移動に困ることはなさそうです。

どの便も所要時間は基本的に2時間から2時間半で車と変わりませんし、乗り換えがいらない直行バスは子供連れの旅行でも気軽に利用できますよね。

下り時刻表:那覇空港→記念公園前(美ら海水族館)


上り時刻表:記念公園前(美ら海水族館)→那覇空港

バス停はこちら

那覇空港(国内線)では「沖縄エアポートシャトル」と「カリー観光の美ら海ライナー」は①の乗り場から、「やんばる急行バス」と「系統177高速バス」は②の乗り場からでています。リムジンバスだけ乗り場が離れているので注意が必要ですね。

那覇空港→記念公園前(美ら海水族館) 直通バス乗り場
引用先:海洋博公園 公式HP

連休など込み合う時期は渋滞で時間通りにバスが到着しないこともあるので、旅行最終日で帰りの飛行機に乗るために水族館から空港まで行くときは余裕をもって早めの便を利用しましょう!

また水族館からバス停までは大人でも歩いて10分ほどかかるので、ここでの移動時間も余裕をもっておくと良さそうです。飛行機の時間に間に合わないなんてことの無いようにお目当てのバスにちゃんと乗りたいですよね。


スポンサードリンク

各社のバス料金と乗車券購入方法を比較!

たくさんあるバスの中で一体どれが一番安いのか気になりますよね?空港から水族館までの通常料金で比較してみました。

料金と購入方法

  料金 乗車券購入方法
高速バス117系統
  • 12歳(中学生)以上 2,500円
  • 6歳~小学6年生 1,250円
  • 1歳~5歳は6歳以上の同伴者1人につき1人無料、2人目から小児運賃
  • 車内で現金・回数券払い(路線バス同様)
やんばる急行
  • 16歳(高校生)以上 2,000円
  • 小・中学生 1,000円
  • 幼児は大人同伴で1人まで無料、2人目から小児運賃
沖縄エアポート
  • 12歳(中学生)以上 2,000円
  • 6歳~小学6年生 1,000円
  • 1歳~5歳は6歳以上の同伴者1人につき1人無料、2人目から小児運賃
美ら海ライナー
  • 12歳(中学生)以上 2,000円
  • 3歳~小学生まで 1,000円
  • 車内で現金払い
リムジンバス
  • 12歳(中学生)以上 2,500円
  • 3歳~小学生まで 1,250円
  • 3歳未満は1人1席を利用する場合のみ小児運賃

値段設定は各社であまり大差ありませんが、しいて言えば「やんばる急行」の大人料金は高校生からなので家族構成によってはお得になります。小人料金は大人料金の半額なのでこの差はけっこう大きいですよね!

リムジンバス以外は一般的な路線バスと同じように、予約なしで当日乗ったバスの中で支払いができます。事前に乗車券を買っておきたい場合や現金以外で支払いたい場合は「やんばる急行」「沖縄エアポート」「リムジンバス」を利用すれば大丈夫です♪

各種割引情報

  小人料金と同一料金 その他割引
高速バス117系統 障がい者・免許返納者
やんばる急行 障がい者
沖縄エアポート 障がい者・免許返納者 全区間 2回乗車券(大人のみ)3,200円
美ら海ライナー 障がい者・介護人 那覇エリアー水族館 2回乗車券(大人のみ)3,200円
リムジンバス 障がい者

2回乗車券1人で往復用にすることも片道を2人で使うこともできて便利です。通常空港から水族館まで2回乗ると4,000円かかるところを3,200円で乗れて800円もお得なんですよ☆

那覇空港の観光案内所で購入できるので、バス乗り場に向かう前に立ち寄るのが良いですね。「沖縄エアポートシャトル」の2回乗車券は全国のファミリーマートでも購入可能なので、空港が混みそうだなと思ったら事前にコンビニで買っておけば待ち時間なしでスムーズに移動できるかもしれません。

各バスの特徴とおすすめポイント

沖縄では2泊3日以上の滞在をする人が多いのですが、その中で美ら海水族館に行く予定を立てるときに初日・中日・最終日、どのタイミングでも自由に利用しやすいのがバスの特徴です。

空港と水族館の間にもバスの停留所がたくさんあるので、宿泊先のホテルからのアクセスも便利なんですよ♪バスによってルートが違うので宿泊先のホテルや生きたい場所の近くを通るバスをうまく利用しましょう!

  • 高速バス 117系統:高速道路のインターチェンジ各所に停まりどこからでもアクセスしやすい
  • やんばる急行:那覇市内の停留所が多いので那覇市内のホテルに泊まる時におすすめ
  • 沖縄エアポートシャトル:恩納村のビーチ4か所に停まる東シナ海ルートはこれだけ
  • 美ら海ライナー:アメリカンビレッジ前停留所があるので水族館観光の前後に立ち寄りたいときに便利
  • リムジンバス:ビーチ近くのホテルにも停まり、予約システムで座席が確保できてゆったり

那覇空港ー美ら海水族館の移動はもちろん、「空港→水族館→ホテル」「ホテル→水族館→ホテル」「ホテル→水族館→空港」などいろいろ組み合わせて使えるんですね。直行バスにはトランクルームがあるので大きなスーツケースを持っていても安心ですよ。

バスツアー利用で効率的に観光できる!?

美ら海水族館へバスで行くときには他の観光地もまわってくれるバスツアーを利用する方法もあります。何か所も1日で見て回るのって移動手段や時間配分を考えたりと個人だと結構大変ですよね?

沖縄滞在の中日に便利な半日観光ツアーが各バス会社から出ているので、行きたい観光地が組み込まれているかどうか一度チェックしてみるのがおすすめです♪

ちなみに美ら海水族館の基本的な入館料はこちらになります。家族の年齢・人数によってバス料金と合わせた時いくらになるか考えるときの参考にしてみてくださいね!

  通常料金 4時からチケット
大人 1850円 1290円
中人(高校生) 1230円 860円
小人(小・中学生) 610円 430円
6歳未満 無料 無料

那覇バス 

那覇バスには3コースの定期観光バスがありそのうちの2つ、Bコースの「古宇利島・今帰仁城跡美ら海コースCコースの「西海岸満喫美ら海コース」で美ら海水族館へ行くことができます。

予約は公式WEBサイトからでき、代金は出発日当日に那覇バス定期観光事務所(那覇市泉崎1-20-1 TEL:098-868-3750)にて現金支払いです。那覇空港1階にある那覇バスの事務所でも予約・支払いができますよ。

また「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」「ANAクラウンプラザ 沖縄ハーバービュー」「ホテルJALシティ那覇」に宿泊する場合はホテルでの乗車券購入も可能です。

 

Bコース「古宇利島・今帰仁城跡美ら海」

料金:往復バス代 ※各施設の入場料は別料金

  • 大人 3,900円
  • 小人(6~11歳) 2,000円

集合場所:那覇バス定期観光バス乗り場(沖縄県那覇市泉崎1-20-1)

出発時間:8:30(所要時間 約9時間30分)

古宇利ビーチ→古宇利島オーシャンタワー→今帰仁城跡→海洋博公園・沖縄美ら海水族館(滞在時間約180分)

開催期間:毎日

沖縄の絶景スポットを巡れるコースになっています。美ら海水族館以外の施設、オーシャンタワー(入場料:大人600円・小人200円)・今帰仁城跡(入場料:大人400円・小人300円)も別料金なので入場せずに楽しむという選択もできますよ。

 

Cコース「西海岸満喫美ら海」

料金:往復バス代 ※各施設の入場料は別料金

  • 大人 3,900円
  • 小人(6~11歳) 2,000円

集合場所:那覇バス定期観光バス乗り場(沖縄県那覇市泉崎1-20-1)

出発時間:8:00(所要時間 約9時間30分)

琉球村→万座毛→(奇数日)ナゴパイナップルパーク/(偶数日)沖縄フルーツランド→海洋博公園・美ら海水族館(滞在時間約180分)

開催期間:毎日

こちらのコースも入場料は別料金ですが、定期観光事務所では美ら海水族館の入館料と琉球村の入場券が通常料金の10%割引で購入できるサービスもあるので、琉球村・水族館を別々の日に行くよりはお得に楽しめます!

Bコースは大人向け、Cコースは家族連れに向いているイメージですね。予約ページでは迎えに来てもらえるホテルの確認もできるので、那覇市内で宿泊するときは事前にチェックしてみたらいかがでしょう。

サッキー
日帰りツアーは朝が早いからホテルまで迎えに来てくれると助かるのよね♪

 

沖縄バス

路線バス・高速バス・リムジンバスを運行している沖縄バスには美ら海水族館が含まれる観光ツアーが2種類あります。昼食付のコース施設入場料込みのコースがあるので大人数で行くときに役立ちそうですよ!

いずれも沖縄バスHPの予約フォームから事前に予約できますが、前日・当日予約は電話のみ(TEL: 098-862-6737)の受付です。代金は定期観光バス乗り場の窓口か旅行サービスカウンターで支払えます。

那覇市内の一部ホテルへ迎えに来てもらうこともできるので、予約時に宿泊先を伝えましょう。

 

「定期観光Bコース 美ら海水族館と今帰仁城跡」

料金:往復バス代+今帰仁城跡の入場料+食事代幼児の食事及び入園料は実費)※美ら海水族館の入館料は含まれません

  • 大人 5,500円
  • 小人(6才~12歳未満)3,300円
  • 幼児(5歳以下) 1名無料2人目から小人料金

集合場所:沖縄バス本社前定期観光バス乗り場(沖縄県那覇市泉崎1丁目10−16)

出発時間:8:30(所要時間 9時間40分)

万座毛→センチュリオンホテルリゾートヴィンテージ沖縄美ら海(ランチバイキング)→海洋博公園・美ら海水族館(滞在時間約135分)→今帰仁城跡→ナゴパイナップルパーク

開催期間:通年毎日 ※12月の第1水、木曜日は海洋博記念公園定休日のためコースを変更して運行

定番観光地と海を見ながらのランチが含まれた盛りだくさんのコースです。水族館も2時間ちょっと滞在時間があるので一通り見ることができますね。

 

「美ら海水族館と古宇利オーシャンタワーコース」

料金:往復バス代+美ら海水族館・古宇利オーシャンタワー入場料

  • 大人 5,000円
  • 小人(6才~12歳未満)2,500円
  • 幼児(5歳以下)1名無料2人目から小人料金 集合場所:沖縄バス本社前定期観光バス乗り場(沖縄県那覇市泉崎1丁目10−16)

集合場所:沖縄バス本社前定期観光バス乗り場(沖縄県那覇市泉崎1丁目10-16)

出発時間:9:00(所要時間 10時間)

古宇利オーシャンタワー→美ら海水族館・海洋博公園(滞在時間約210分)→やんばる憩いの森

開催期間:4/1~9/30の間毎日 ※10/1~3/31の間は運休

古宇利オーシャンタワーと水族館の入場料込みのコースなので、それぞれのチケットを購入する手間が省けてうれしいですよね。1か所ごとの滞在時間も長めなのでゆったり楽しみたい方におすすめです。

 

ラド観光  

ラド観光には日帰りツアーの「美ら海家族さーびす号」と、空港から美ら海水族館に直行したい方におすすめの「美ら海クイックライナー号」があります。予約・購入はラド観光のWEBサイトからできますよ。

 

「美ら海家族さーびす号」

料金:往復バス代+美ら海水族館入館券+ナゴパイナップルパーク入園料+軽食(ホットサンド)代

  • 大人(18歳以上)4,900円
  • 中人(高校生)4,600円
  • 小人(小中学生)3,700円
  • 幼児(4歳~未就学児)3,000円

集合場所:牧志駅前バス停(始発)(沖縄県沖縄県那覇市牧志3-272 牧志駅前バス停 小学校側)

その他、那覇市・宜野湾市・北谷町・恩納村・名護市内ホテルに乗降車場所あり(美ら海家族さーびす号送迎可能ホテル)

出発時間:8:00(始発)(所要時間 始発からで約11時間)

ナゴパイナップルパーク→オキナワハナサキマルシェ(軽食)→美ら海水族館(滞在時間約180分)→御菓子御殿名護店

開催期間:2017年04月01日~ 2019年10月31日

大人4,900円は水族館の入館料が含まれるツアーの中では一番お得ではないでしょうか?軽食がついていたり送迎可能なホテルが多いのも魅力的ですね☆

(パパ)
一日バス移動だから途中でお酒を飲めるのもありがたいなぁ

 

「美ら海クイックライナー」

料金:往復バス代+美ら海水族館入館券(16時以降専用チケット)

  • 大人(高校生以上) 3,500円
  • 小人(小中学生) 2,300円
  • 幼児(4歳~未就学児) 1,800円  ※幼児はバス代のみ 

集合場所:那覇空港国内線1階到着ロビー内4番出口付近

出発時間:14:00(10分前集合)

美ら海水族館に16:00頃到着(滞在時間約2時間30分)18:35頃出発→各ホテルへ

降車場所 予定時刻
オキナワマリオットリゾート&スパ 19:20頃
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 19:35頃 
リザンシーパークホテル谷茶ベイ 19:45頃
サンマリーナホテル 19:50頃
ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート 19:55頃
ホテルムーンビーチ 20:00頃
ルネッサンリゾートオキナワ 20:05頃
ヒルトン沖縄北谷リゾート 20:35頃
ザ・ビーチタワー沖縄 20:40頃
沖縄かりゆしアーバンリゾート那覇  21:05頃
県庁前県民広場
21:15頃

開催期間: 2019年03月01日~ 2019年10月31日 

このツアーは14時出発なので、昼頃空港に到着して初日に水族館だけ行く方・降車するホテルに宿泊する方にはぴったりです!しかも往復のバス代と水族館の入館チケット込みで大人1人3,500円なのでかなりお得ですよね。


スポンサードリンク

まとめ

  • 本数の多い直行バスで気軽に空港ー美ら海水族館は移動できる
  • 800円もお得な2回乗車券がある
  • ホテルの場所によって利用するバス会社を選択しよう
  • ほかの観光地も無駄なく回れるバスツアーも豊富
  • 到着初日に水族館へ行く場合は「美ら海クイックライナー」がお得!

見どころいっぱいの沖縄県ですがバスの路線・本数が充実しているのでどこの観光地でも簡単にいくことができます。乗り継ぎの少なさや料金なども事前に調べて乗りこなしちゃいましょう!

クーポン割引の裏技をこっそり伝授!

私は5人家族なので、動物園や水族館、どこに行くのも入場料がネックなんです。また、3歳の子供がいますが、入園料が必要になってくることが多くなって来るんですよね。

年齢をごまかしたいという悪魔のささやきが。。。

でも子供も見ているし、それはダメですよね。

なんとか安く購入したい。そこで私が考えたのは割引クーポンです。

私が実際に使っているのはこれです。

『みんなの優待』

みんなの優待とは、全国130万件以上の割引サービスを使いたい放題で利用できる会員割引サービスです。

登録して会員になったら3ヶ月目無料で、4ヶ月目から月々490円かかってきます。

でも、私はあえて有料を選びました。無料クーポンがたくさんある中、

なぜ有料を選んだかというと、

  • 入場料だけではなく、ご飯や映画といろんな割引特典が受けられる
  • 割引の種類が多い。割引率が高い(MAX70%)

 

例  八景島シーパラダイス(ワンデーパス)

   5,050円→4,000円

さすがに有料だけあって色々な割引があります。実は使えば使うほどお得なんです。

すぐに元は取れますし、3か月はタダ(無料)なんで気軽に使えます!!

実は「みんなの優待」は、大手企業や公務員組合が利用する福利厚生サービス・ベネフィット・ステーションと提携しているから安いんです

つまり、今までは大手企業や公務員として働いている人しか使えなかった福利厚生を、個人で利用できるということなんですよね!

そしてもう一つ、『みんなの優待』のいいところは、

今なら3ヶ月の無料期間があって、夏まで無料で使えるんです!さらにいつでも解約できるということです。

嫌ならすぐにやめることができるし、もちろん継続もできますので安心して登録できますね。

みんなの優待の登録方法(3つの流れ)

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力します。(3分でできます)
  2.   
  3. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメールが送られてきます。
  4. メールアドレスに通知がきたら本登録完了。ログインしてすぐに割引サービスが受けることができます。

 

 

有料は抵抗あるなー、どうしてもいつでも無料がいいという人はこちら↓

じゃらんで入場料を安くするクーポンをゲット!

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

有料でも無料でもどこでもいいので、クーポンは絶対にゲットしていってくださいね。

その割引の浮いたお金で子供に

お土産を買ってあげることもできるし、

家族みんなでジュースだって飲めます。

クーポンゲットでお得に節約してくださいね。

子供と泊まる宿泊先はもう決まってる??

動物園や水族館に近い宿泊場所を確保しておくと子供がぐずってもすぐに戻ることができます!また、子供のテンションもマックス状態で入場することができるので最初にいい写真が取れるんですよね。

どうしても、動物園や水族館まで行くのに時間がかかると、子供も文句いったりと色々着くまえにイライラしてしまったりして楽しさ半減なんですよねー。せっかく楽しいはずのお出かけが台無しになることもあります。

私の場合は、初日にたっぷり遊んで温泉宿に泊まるのが定番です。子供も一緒にクタクタになるまで遊んで、そのまま宿で温泉に入るっていうのが最高ですね。

宿を予約すれば遊んだ後の夜ご飯の心配もしなくていいし、お店で並ばなくてもいいんです。また、朝も朝食付きにしておけば、いつもと違って子供はたくさんご飯を食べてくれるし、私も大満足です。

たまの贅沢も子供との思い出を考えればありかなと思います。子供は小さい時しか一緒にお出かけにいってくれませんから、今のうちにいっぱい思い出を作っておきたいですしね。

そんな子供の笑顔が見たい私がいつも愛用している予約サイトは「じゃらん」です。

とにかく口コミが読みやすいです。大体のホテルや宿はじゃらんで予約することができますし、価格帯も細かく選ぶことができます。口コミの信用性もありますし、じゃらんポイントも貯まるので次の宿泊にも使うことができます。

じゃらんをおすすめする一番の理由は、何と言っても、

  • お風呂が良かったランキング
  • 接客ランキング

など自分に合った目的で選べることがいいですね。

実は元ホテルマンの私もかなり活用しています。

最後に元ホテルマンとして、こっそりといいこと教えます。最近はじゃらんより宿の公式サイトの方が安い場合があります。意外にみなさん知りません。なので、公式サイトの価格を確認して、値段が同じなら、「じゃらん」をおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です