駒っこランドで子供がローラー滑り台で遊び放題!遊具も充実

世の中のパパさん、ママさん!少しずつ子育てしやすい世の中になってきてはいますが、まだまだ痒い所に手が届かない時の方が多いなんて思いませんか?教育だけに関わらず、周りの協力や温かい目がないと子育ては辛く大変です!

核家族が増えた現在では、ママやパパだけで子育てを抱え込んで、その世界に閉じ込められて苦しんでいる実態も少なくありません。その一つに他のママさんや子どもたちとふれあいを持つことで、和らぐことが多いんだそうです!

一人で抱え込まずに誰かに聞いてもらったり、助けてもらうことで子育てが楽しくもっとより良いものになります☆私も子育てを楽しんでいますが、それは周りの人や旅行で気分転換をすることによって成り立っているのです♪私の心にゆとりがあるからこそ、最高の育児ができているんだと思います!

そんな時代にもピッタリな本当に子どもが遊び尽くせて、パパもママもリラックスできるとっておきの公苑を見つけちゃいました♪地元の方にも人気なので、家族連れで遊びにきている地元の方も多いはず♪車で子どもを連れて気軽に来られる公苑があるなんて素晴らしい☆そんな駒っこランドの魅力についてご紹介していきます!


スポンサードリンク

スポンサードリンク

駒っこランドは子連れ歓迎度120%!

昔は高森山公園という名前で親しまれていたそうで、当時は何もないキャンプ場だったよう。時を経て生まれ変わった駒っこランド!きっとお子様達も大人なもみーんなが夢中になること間違いないです!

私の幼馴染は今、まさに子育て奮闘中!2歳になる娘ちゃんと毎日戦っています(笑)すっごく元気いっぱいで走り回っていて、遊んでも遊んでも遊び足りないようです☆そこで悩みは「子どもが思いっきり遊べる公園や場所があればなぁ~…」でした!

そういう時に「駒っこランドみたいな公園があったらきっと幼馴染も助かる!」って思っちゃいました♪遊具がたくさんあって、子どもたちがいっぱいなので知らない間に友達作っちゃったりすると、多少は付きっきりじゃなくても安心ですよね!

さらに、ボールも持ち込み可能みたいなのでレパートリーが増えて飽き知らずですね♪大自然なのでセミやカエルなどが取れるとあって昆虫採集までも出来ちゃうなんて、町中ではなかなか出来ない体験もできるんですよ!

こんな感じで1日中いれるので「来てよかった~」と言える駒っこランド!そんな公苑にはどんな遊ぶ場所があるのかをご紹介します♪

しっぽを滑る!?遊び心満載の遊具UMAでうまく滑れるかな?

引用先:駒っこランド公式HP

見た目のインパクト抜群のこの駒っこランドのシンボル的遊具UMA!読み方はウマと読んでしまいそうですが、実は「ユーマ」と読みます♪写真でも分かりますが、大きいんですよ!!!

お馬さんの頭の上の部分まで登れるみたいで、高さ約8.7mもあります☆マンションでいうと2、3階にいるような感じ…結構高いですよね!?(笑)

お馬さんのテーマパークというだけあって、遊具もとにかく巨大♪しっぽの部分が滑り台になっていて、胴体の部分はジャングルジムなんです!滑り台とジャングルジムが一体化した、見た目も可愛い遊具ですね♪

我が子が「お馬さん〜!」っと言いながらダーっと楽しそうに走って行くのが想像できます(笑)ママもパパも驚きと同時に「インスタ映えしそう!シャッターチャンス!」と子供たちを撮ること間違いなし★オレンジと赤が目立って、カラフルな見た目もインパクト大で良いですね♪

写真で見るより実物は大きくて滑り台は角度が急なので、もしかしたら登ったは良いけど滑れない子どもたちがいるかもしれませんね。お子さんが小さい方は下りられなくなったら大変なので、大丈夫かどうかチェックしてあげて下さいね♪

駒っこランドのもう一つの名物遊具、ローラー滑り台

UMAと並んで名物遊具の長〜~~い、ローラー滑り台が駒っこランドにはあります!残念ながら日本一ではありませんが東北有数の長さを誇ります♪大自然の中を駆け抜けるローラー滑り台は子どもから大人まで大人気です★

ローラー滑り台は全長217.4m!校庭1周分が大体200mなのでそれより少し長いくらい…単純にそんなに長いとかすごいですよね!

大自然の中をスーーーッと滑っていくのは気持ちよさそうですよね!大人でも思わず声を上げてしまうくらいスリル満点みたいです♪

形の関係で滑り台に入ってしまうと途中で退出出来ないので、「うちの子は怖がり…」そんな子供や3歳くらいの、まだ少し何事にも不安が残る子供には必ずパパやママと一緒に滑って上げて下さいね!

「こんなに長いとズボンに穴が開きそう…」確かにそうですよね(笑)なので、この駒っこランドではお尻に引くビート板を無料で貸し出してくれます!なんてお尻にも優しいパークなんでしょう(笑)

無料なのでぜーったいに借りて下さいね!じゃないとズボンが破けて、お尻のツボを刺激しながら流れて行くハメになります(笑)

ただ一つ難点もあって、滑り台のスタート地点に行くまでに急な登り坂を登っていかないといけないので…それが結構ハード(笑)普段、運動不足な私にはいい運動になります!

キツい分スタート地点に辿り着いた時の喜びや、長〜い滑り台の楽しさが倍増されること間違いなし!遊びながら美脚になれるかも?(笑)そして滑った後は上まで、借りたビート板を返しにいかないといけないので、また登ることになります。笑

ちなみに日本一長い滑り台があるのは茨城県の奥日立きららの里にある「わくわくスライダー」という滑り台らしいです。じゃあ世界一はどこ?

正解は、お隣の中国。長さは1580mで宜興味竹海風景区の公園にあるらしいです。ただ、こちらは長すぎて事故が多数みたいなので長すぎるのも考えものですね・・・。

年齢関係なくみんなが楽しめる!遊具が揃った芝生広場☆

UMAやローラー滑り台の他にも遊具がたくさんある広場もあります。ここには小さい子が遊べる幼児遊具から車の形をした自動車遊具まであり、どの年代の子どもも遊べます♪

マクドナルドで子どもたちが遊べるような場所があるのを知っていますか?あのような感じで、赤・青・黄色などのカラフルな遊具が密集しています(笑)

パイプ式で3つ程グルグルと螺旋(ラセン)状になったほぼ垂直につらなっている高さがある滑り台!遊具は滑り台率高めで、違った形・長さをした滑り台がたっくさんあります★

ほんと子供というのは、飽きるまでず〜っと滑ってますよね!「もう一回」って(笑)滑り台ハイになった子はなかなか抜け出せないです。笑

他にはトンネルや、目の錯覚を利用した不思議体験が出来る遊具もあるとか★幼児遊具は、木の形をしたツリーハウスに1mくらいの小さな滑り台がついた遊具や、車の形をした乗って前後にビヨンビヨン♪と揺れる遊具があります。

駒っこランド全体的に芝生なので、思いっきり駆け回りたい子どもたちにとっても、パパやママにとっても安心して遊べる場所ですね♪天気がいい日はとても気持ちがいいので、遊んでいる近くでシートやテントを広げてなんてやるのもいいかもしれません!

また駒っこランドでは乗馬体験(有料)などのイベントもあるので詳しくはこちらから♪

こんなに遊べるんだし、入場料が気になる!結構高い?

いえいえ、こちらの公苑は乗馬体験エリア以外はぜーーーんぶ無料!お金を払って遊ぶのはたまにはいいけど毎日だったら厳しいですよね。出かけるってなってもつい気になるのはやっぱり「お金」!主婦だけに限らずみんなですよね…

これだけでも行きたくなる対象になりますよね♪近所の人が羨ましい〜★駒っこランドの詳細は下記をご覧下さい!

駒っこランド詳細
〒034-0106 青森県十和田市大字深持字梅山1-1

TEL:0176-20-6022

営業時間:開苑時間 8:30~18:00(11/1~3/31は17:00まで)

休苑日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日休苑) 年末年始(12/29~1/3)

さらに、どんなに満喫しても生理的現象には勝てません。ですが、公苑のお手洗いって汚いイメージがあって入りにくいって思いませんか?でも、大丈夫!駒っこランドでは心配ありません!

お手洗いも大丈夫!しっかり設備が整っているので安心して利用できるんです♪

ただの公園とは一味違うのがここなんです!普段、公園に行くと問題はお手洗いですよね…公共の施設だからこそ設備はまだまだちゃんとしていないし、なんならない公苑も一般的~。

家に出る前にトイレをすませたとしても、汗いっぱいで走り回っていると喉が乾くし熱中症対策にもお茶を飲ませますよね。そして「おしっこ〜!」き・・・きたー!オムツをしている子でも、外だとオムツを替えるのも一苦労。

替えたオムツも持って歩かなきゃだし・・・公園は行きたいけど、こんな問題があるのも現実です。駒っこランドはオムツを替えられる場所、そして授乳室もあるんですよ!

近年、お手洗い重視が高まってる日本では言ってもきれいなところもあるにはある!ですが!授乳室もあるなんて珍しいと思いませんか?なんてありがたい公苑でしょうか★私が授乳中なら即「ここに行こう!」ってなっちゃいます(笑)


スポンサードリンク

まとめ

  • 子連れに優しい駒っこランドはママやパパの味方!
  • UMAで巨大お馬さんに登って滑ろう♪
  • 東北有数の長〜いローラー滑り台を体験しよう★
  • 芝生広場で小さな子どもから大きな子どもまでみんな遊べる!
  • 大自然の中を思いっきり走り回れて子ども満足!
  • 入場無料、お手洗い、授乳の心配無用で大助かり★

駒っこランドは遊具が充実しているので、子どもが飽きることなく一日遊ぶことが出来ます♪おまけに保護者のことも考えてくれているからとにかく子連れに優しい公苑なんです!

我が家のような子供3人いるうちなんかも、年齢に合わせてそれぞれ遊べるからみんな楽しめて良さそうです♪

上の子と真ん中の子は乗馬教室、下の子は遊具で思いっきりパパと遊んでおいで〜!って出来ますからね♪(もちろん私は息子たちと乗馬教室に行きます(笑))みんなきっと満足してくれるはずです♪ぜひぜひどんな子供でも遊べる場所となっているので行ってみて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA