すみだ水族館のクラゲが凄い!!神秘的な万華鏡トンネルとは?

みなさ~ん、お出かけの予定ってどうしてますか?行きたいところはたくさんあるけど・・・休みや予算を考えるとどうしても近場に決めてしまいますよね~。そんな私が癒しを求めてたどり着いたのがここ、すみだ水族館です。

すみだ水族館はどこにあるかだいたい想像はつきますよね♪「すみだ」って名前だから墨田区でしょ!って言われそうですが、その通り墨田区にあります。しかも東京スカイツリーの隣の東京スカイツリータウンの中にあるんですよ~♪

そこで、今回は新江ノ島水族館のクラゲを調べていてクラゲが気になったので、ここ東京スカイツリーの近くにあるすみだ水族館でもクラゲが見られるのかを調べてみました☆

クラゲの種類や幻想的な展示まで詳しく紹介しちゃいます♪


スポンサードリンク

すみだ水族館のクラゲは何処で見れる?

すみだ水族館は東京スカイツリータウンの5階にあるので、エレベーターで向かいますよ~。入り口を入ってすぐに階段があるので「入り口間違えた?」と慌てそうですが、大丈夫です。ちゃんとすみだ水族館の入り口です☆

クラゲの展示ゾーンはクラゲの色が映えるような海の青の配色で、より幻想的な世界に引き寄せられるようなんですって!

しかも展示されているクラゲの数もとってもたくさん。主役は誰だ!と競っているようなのでそれぞれ紹介していきますね☆

クラゲの種類が多い!みんなでメインポジションを狙ってる!

ここすみだ水族館のクラゲの展示は大体10~15種類の内メインで展示しています。ここではレギュラーメンバーのクラゲを紹介していきますよ~♪

(パパ)
なんかAKBみたいだね☆どのクラゲがセンターなんだろう?
サッキー
センターといえば決まってるでしょ!あのクラゲよ!!
(パパ)
あーあれか!あの白衣を着た人だな。綺麗な人だー。
サッキー
パパ、あれはクラゲじゃなくて水族館のスタッフ!!
(パパ)
どおりで可愛いと思ったよ。

季節などによって展示するクラゲがメンバーチェンジする時がありますがそれはそれで楽しみかもしれませんね!

クラゲの多さで言えばこちらの加茂水族館のクラゲも負けていませんが、都会の真ん中で見られるクラゲは一味違うかも?!

  • ミズクラゲ

水族館で出会い一度は目にした事はある代表的と言ってもいいくらいみんなが知ってるクラゲです。ミズクラゲは傘の真ん中にクローバーの模様にみえる胃が特徴のクラゲですよ~♪ミズクラゲはサンシャイン水族館のクラゲに詳しく紹介してますよ~。

  • ギヤマンクラゲ
    全体がガラスのように透き通っているので、美しいクラゲとしても紹介されるほど、触手は極細で長くなっているので、たまに絡まっているクラゲがいますよ~♪
  • カギノテクラゲ
    カギノテクラゲは名前の通りで手が短く折れていてカギの形をしているのが特徴ですよ~。それも全長2㎝と小さいサイズ!手が見えないくらいかもしれませんが、よーく目を凝らしてくださいね!
  • アマクサクラゲ
    黄色っぽい色が特徴のクラゲです。大きくても10cmくらいで見た目は可愛いんですが…なんとエサはクラゲなんですよ~。「同じ水槽にいたらみんな居なくなっちゃう~(泣)」と子供が言いそうですが、同じ種類はエサにしないそうなので全滅はなさそうですね(笑)
  • アカクラゲ
    ほんのり赤い傘は15㎝ぐらい。放射状の縞模様が16本、触手は真っ赤な糸の様に細い…。子供のころ火星人だと信じていた姿に似ていませんか?あくまでもクラゲの説明です。火星人の特徴ではありませんよ~(笑)
  • カブトクラゲ
    七色に輝くように見えるクラゲで、体の細いヒレに見える所を動かしプリズム反射の様に光を反射させているんですよ♪虹色って綺麗ですよね~。
  • シロクラゲ
    体が2cmと小さくゆっくりとした動きが小さい子供の様に可愛くて離れたくなるほど。傘の部分に特徴的な4本の光の線が見えますよ~。光に集まる習慣があるそうなので、どこかで試してみたいですね~。
  • タコクラゲ
    触手が8本もあるのでタコと名前が付いたクラゲですが、傘の部分に水玉模様があるのが特徴なんですよ~。クラゲによっては、水玉模様がハートマークに見えるのもあるので見つけられるとラッキーですよ♪
  • ブルージェリーフィッシュ
    別名カラークラゲとも言われるこのクラゲ。色が違うけど同じ種類のクラゲはコロンとした丸い傘が可愛くコロコロ漂っているのが見飽きないほどですよ♪

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

家族みんなで観察!「ラボ」でクラゲを知ろう!

実は、ここすみだ水族館はお客さまと飼育スタッフがより身近に!研究をよりリアルに見せる!を実現するために「ラボ」を作っているそうなんです☆

水族館のスタッフさんは日頃どんなことをしているんだろう?という疑問が「見える・わかる」ので、子供も大興奮ですね!

実は「ラボ」に入るとバックヤードがガラス張りに成っていて、飼育やスタッフさんが丸見えなんなんですよ♪

ラボの中の「アクアラボ」では生まれたて1日目から8日目までのミズクラゲを段階的に観察できるよう展示しているので、子供にもクラゲファンの私にも知りたい事だらけですよね~。

物知り博士
生まれたてのクラゲは、実はポリプと呼ばれるんじゃよ。
サッキー
じゃあ~ポリプは、いつごろクラゲに変わるの?
物知り博士
寒い所にへばりついていて、暖かい場所へ移動するときにポンポンと分身した小さいのがクラゲになるんじゃよ。

他にサカサクラゲも展示していて、飼育スタッフさんに「面白いのやって~」と言うともしかして何かしてくれるかも~。これは行ってからのお楽しみですね♪

クラゲ万華鏡トンネルが幻想的で面白い!

引用先:すみだ水族館公式HP

すみだ水族館のクラゲ万華鏡トンネルは、日本で初めての試みだったそうです。私も調べるまで知りませんでしたね~!

クラゲ万華鏡トンネルは、長さが意外と長く50メートル。新幹線の車両1つで25メートルなので2つ並べたくらいですよ~。床もスロープになっていて子供がはしゃいでも段差で転ぶ心配はないですし車椅子の方でも安心して通れますよ☆

トンネルの中は色鮮やかな照明でライトアップされていて、クラゲの水槽が8つ設置されています。万華鏡トンネルと言われるだけあって、四角形や三角形の鏡がかべや天井に5,000枚も敷き詰めてあるんだそうです!

このトンネルに入ると、まるで自分が小さくなって万華鏡の中に入った気分を味わえちゃいます♪

ここのクラゲ万華鏡トンネルは期間限定のコラボ企画をやっているんですって!今まで好評だった企画を紹介しますね☆

今後もどんな企画がでてくるか楽しみですね♪

好評だった企画
  • クラゲの水槽の背景を写真家で映画監督の蜷川実花さんの写真とコラボ
  • 夏にピッタリ「ゲゲゲの鬼太郎」を描いた漫画家の水木しげるさんの水妖怪とのコラボ
  • 幻想的な世界 宮沢賢治の童話シリーズを絵本の挿し絵家の清川あさみさんとコラボ
  • クラゲがいない?!万華鏡トンネルで「図鑑」に出ているの危険な生き物を展示コラボ

まとめ

  • すみだ水族館のクラゲの種類は凄い!
  • 「ラボ」でクラゲを学ぼう
  • クラゲ万華鏡トンネルの幻想的な雰囲気を味わおう

すみだ水族館は結構混雑するようなのでこちらのすみだ水族館の混雑回避を参考にすると良いですよ〜。

子供と一緒に見る、聞く、知る、学ぶことが体験出来る、そんな素晴らしいすみだ水族館のクラゲを是非堪能してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA