弥生いこいの広場内の食堂と周辺の弘前市おすすめランチ情報

入園チケット、まだ売り場で買ってるんですか?

水族館や動物園に行くとき、チケット売り場でながーい行列に並んでチケットを買いますか?
私の場合、チケットは事前に買って並ばずに入ることが多いです。

なので、いつも混雑している人たちを横目にスルーして入りますよー笑
なんか得した気分になりますよね。

実は、これって購入方法を知っているか、知らないかだけなんです。
そんな優雅な気分を味わえて、さらに安く手に入れる簡単な方法を教えます。

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

自然いっぱいの弥生いこいの広場で元気に遊んでいると、お昼時には施設内のオートキャンプ場からカレーや焼肉のいい匂いが・・・。子供たちが急にお腹空いた~!って騒ぎ出すに違いありません。

でもキャンプ場は予約していないし、弥生いこいの広場は弘前市の郊外。近くにお店なんかあったっけ??と慌てふためかないように、ランチを食べられるお店を事前にチェックしておきたいですよね☆

今回は子供連れにもオススメな弥生いこいの広場周辺のお店を3軒ピックアップしてみました!せっかくの旅行なので、青森のご当地ものを食べられるお店も一部ご紹介しますね☆


スポンサードリンク

一番近場で気軽にランチ!弥生いこいの広場ハイランドハウスの食堂

たくさん遊んでお腹が空いちゃったけど、まだまだ会ってない動物もたくさんいるし、ここで1日遊びたい!

そんな風に子供に言われたのに、弥生いこいの広場の外に食事に出てしまったら、遊ぶ時間が減ってしまって子供たちもガッカリしちゃいますよね。

そんな子供のお腹をすぐに満たして、午後からまた元気いっぱい遊ばせてあげられるのが、広場内にある食堂です。

弥生いこいの広場の中心には、ハイランドハウスという2階建ての建物があり、1階には売店や無料休憩所ですが、2階が食堂になっていて、気軽にランチを楽しむことができるんです☆

ちなみに1階の無料休憩所にはおむつ替えスペースがあるので、赤ちゃん連れのママにも嬉しいですね♪

建物の2階にあがると、大きな窓からは弘前市街が一望できて、なんとな~く得した気分☆

さてさて、何を注文しましょう?

メニューの一部をご紹介

お子様うどん・お子様カレー 500円

天ぷらそば・うどん 450円

カレーライス(サラダ付き) 550円

牛丼(味噌汁・小鉢・漬物付き) 650円

ラーメン 600円

税込み価格でこのお値段。お財布に優しい値段設定が嬉しいですね~♪一番高いチャーシュー麺は850円ですが、お店自慢の自家製チャーシューを使っているとのことで、納得ですね☆

このお値段でサラダや小鉢がついているものもあるなんて驚きです。ついつい栄養バランスが偏りがちな旅行の食事、少しでも野菜が摂れるのは嬉しいですよね☆他にも山菜そば・うどん、カツカレーライス、カレー南蛮、カレーうどん、えび天そば・うどんなどの食堂の定番メニューがあり、懐かしい感じがしてなんとな~くホッとします。

今はそんなにお腹空いてないからサラリと食べたいママは山菜そば、がっつり食べたいパパはカツカレーライスなど、皆のお腹具合に合わせてメニューを選べるのが嬉しいですね♪

お子様ランチは500円!お菓子とジュース、おもちゃ付

子供たちが迷わず注文しそうなお子様ランチはワンコインの500円で、うどんかカレーに、ウインナーとお野菜、お菓子とジュースにおもちゃまでついてるんです!ちょっと豪華すぎませんか?(笑)うどん、カレー、ウインナーが嫌いな子供ってあんまりいませんよね。この献立なら好き嫌いの多い子でもペロリと食べちゃうかも♪

後で食べてもいいようにお菓子は個装包装、ジュースは紙パックになっています。パパっと食べて早く遊びたい子供のための、嬉しいサービスですね☆おもちゃは何かは・・・行ってからのお楽しみです♪

地元の美味しいものを使ったこだわりポイント!

この食堂、どこにでもある食堂メニューとは一味違うこだわりを持っていて、ごはんは地元・青森県産のお米を使っているんです。

さらに、食後に味わいたいコーヒー300円は、岩木山の美味しい湧き水を使っているので、とっても新鮮で美味♪コーヒーはホットもアイスもあります。

地元の人だけじゃなくて、地物を味わいたいと思っている観光客にも嬉しいこだわりですよね☆

さらにこちらの食堂、外で食事をしたい人のために、お弁当の予約も出来るんです!外でレジャーシートを広げてみんなで食べるお弁当はとっても美味しいですよね♪

お弁当は幕ノ内弁当のような感じですが、季節ごとに中身が変わるようです。行ってみてのお楽しみですね~♪自家製のたけのこのみそ汁もついてくるのも嬉しいポイントです。

こちらのお弁当、お値段は1,000円(税込)です。1週間前までに予約が必要なので、旅行前に人数分忘れずしっかり予約しておきましょう☆

弥生いこいの広場ハイランドハウス内食堂

住所 青森県弘前市百沢字東岩木山2480-1

電話 0172-96-2117

4月上旬~11月下旬以外の冬季は弥生いこいの広場が休業のため営業していません。

津軽ラーメンが食べられて温泉も入れる!?なかの食堂

お腹空いた~!と騒ぐ子供たちを連れて移動するのは、あせるし疲れちゃいますよね。なかの食堂は弥生いこいの広場から車で約10分!弥生いこいの広場に一番近いお食事処です。

岩木山神社のすぐ向かいにあるお店で、ソフトクリームの模型が目印☆あとで岩木山神社を参詣した帰りに食べるのもいいかも、なんてご飯を食べる前なのに想像しちゃいました。

店内はテーブル席が3つと、座敷席が2つあり、小さな子供や赤ちゃん連れでもゆったりとランチできます。映画のセットのようなレトロな店内、子供には逆に珍しくて新鮮かもしれません♪

お店に入るとどこからか「ホーホケキョ!」とウグイスの鳴き声が。外で鳴いているのではなく、何故か店内から。なんと本物のウグイスの鳴き声なんです。野鳥であるウグイスは「鳥獣保護法」という法律で飼うことが禁止されていますが、特別な許可があれば飼育出来るのです。

こちらのお店にはしっかりと「うぐいす飼育許可証」が掲示してあります☆臆病な鳥なので、姿は見せてくれませんが、キレイなさえずりで歓迎してくれますよ~♪

さて、なかの食堂では何が食べられるのでしょう?こちらのお店も弥生いこいの広場内の食堂と同じく、メインは麺類・丼ものです。

メニューの一部をご紹介

ラーメン 520円

チャーシュー麺 700円

山菜ラーメン 600円

舞茸ラーメン 600円

舞茸うどん・そば 630円

山菜うどん・そば 520円

月見うどん・そば 420円

牛丼・焼き肉丼・中華丼 670円

カレーライス 520円

おでん 520円

なかの食堂のラーメンスープは鶏がらと煮干しでしっかりとダシをとった、醤油ベースで少し甘めで優しいお味。中細の少し縮れた麺にクタっとしたシナチクがよく合います♪正統派津軽ラーメンなんだそうです。

津軽ラーメンって知ってましたか?私は青森をリサーチしていて初めて知ったんですが、煮干しや焼き干しを使った醤油ベースのスープに細縮れ麺が特徴のラーメンで、昭和初期から青森ではご当地ラーメンとして親しまれているそうです。弘前は知る人ぞ知るラーメンの激戦区なんだそうですよ!

食べてみたいですが、そんな激戦区のラーメン屋さんに子連れで並ぶなんて出来ないですよね。なかの食堂は、そんな津軽ラーメンを子連れでも味わえる隠れスポットですよ~♪

中でもお店のオススメなのが、チャーシュー麺・山菜ラーメン・舞茸ラーメン

チャーシュー麺は、豚肉を柔らかく煮た塩味のチャーシューがなんと4枚も!器いっぱいに広がっていて、中の麺が見えない程です。これなら弥生いこいの広場でたくさん遊んで腹ペコの子供でも大満足間違いなしです☆頼んでみて思ったより多かったら、皆で取り分けるのもいいですね。

山菜そばはよく聞きますが、山菜ラーメンというのも気になりますよね?こちらはわらび、ぜんまい、なめこ、姫竹などの山菜に、チャーシューが2枚にシナチクとネギが入っています。比較的あっさりした優しいスープに、山菜がベストマッチで違和感なく美味しいとのこと!

舞茸ラーメンも他ではなかなか聞かないレアなメニューです。こちらも食べてみたいですね~!舞茸そばの方は舞茸と鶏肉がたっぷりで、舞茸のダシがよくしみてとっても美味しいとの口コミが。パパは舞茸そば、ママは舞茸ラーメンなど、似たメニューを頼んで違いを比べてみるのも楽しそうです♪

夏場にはざるそば520円、ざる中華580円も期間限定で登場するので、真夏にはこちらもオススメです!

食堂だけじゃない!宿泊や日帰り温泉も楽しめます

さらにこちらのお店、なかの食堂とつながっている温泉旅館中野が経営しているお店なので、宿泊も出来ちゃうんです☆弘前で宿泊を考えている方は候補に入れてみてもいいかもしれません。宿泊詳細はこちらからどうぞ。

日帰り温泉もしているので、弥生いこいの広場でたくさん遊んで汗だく泥だらけになった子供たちと一緒に温泉を楽しんで、さっぱりとしてから車に乗るのもいいですよね♪

ちなみに源泉かけ流し、鉄分を含むやや赤っぽいお湯で、「熱の湯」と呼ばれているそうです。疲労回復、関節痛、婦人病に効能があるんですよ!

なかの食堂

住所 青森県弘前市大字百沢字高田80

電話 0172-83-2578

営業時間 11:00~16:00

定休日 なし

隣の温泉旅館中野にて日帰り温泉に入浴可能。

※入浴料金300円(時間10:00~21:00)


スポンサードリンク

テイクアウトも出来ます、ハンバーガーの人気店・PEPE KITCHEN(ペペキッチン)

PEPE KITCHEN(ペペキッチン)は、弥生いこいの広場から車で約35分、弘前駅から車で5分の弘前市街地近くにある、本格的なアメリカンハンバーガーが食べられるお店です。地元の人たちも多く訪れる人気店とのことで、期待が膨らみますね♪♪

駐車場はお店の隣に8台、お店の前に2台駐車可能です。

テイクアウト待ちの人のためでしょうか、お店の前には駅のホームにあるような待合の可愛いイスが。赤いPEPE KITCHENのロゴが白壁によく映えます。

オーナーのセンスのよさがうかがえる、アメリカンでオシャレな外観はハリウッド映画のワンシーンに出てきそうで、思わずお店の前で女優気分で記念撮影したくなっちゃいます(笑)

店内は16席で、完全禁煙です。禁煙のお店ってありそうで意外とないので子連れにも嬉しいポイントですね!外観と同じくオシャレで、明るい雰囲気の店内にはソファー席とテーブル席があります。奥のソファー席が空いていれば、子供連れでもゆったりできそうです。

ただ、人気店なので、土日や連休は店内はとっても混み合うようです。せっかく行ったのに入れなかったり、希望の席に座れなかったりしたら子供たちもふてくされちゃうかも。

弥生いこい広場の大自然でピクニック、おすすめはテイクアウト!

こちらのお店で私のオススメは、テイクアウトです!テイクアウトでもお値段は変わらずで、注文してから作ってくれます。車で来ていると伝えると、出来上がったら車まで持ってきてくれるそうです!ありがたいですね~♪

子供たちはママと弥生いこいの広場で遊ばせておいて、パパが車を走らせてハンバーガーを買いにいけば、子供たちの遊ぶ時間を無駄にしないですみますよね。往復に1時間ちょっとかかりますが、パパはプチひとりドライブ気分が味わえていいかもしれません♪

そして何より、ハンバーガーを弥生いこい広場の大自然の中で頬張るのって、すっっごく美味しそうじゃないですか??コンビニで買った冷めたお弁当でも、ピクニックで外で家族みんなで食べたら格別に美味しいですもんね!それが人気店の美味しいハンバーガーだったら、冷めてしまっても関係なく、きっともっと美味しいでしょう♪想像しただけで、よだれが出てきました(笑)

それではお待ちかね、ペペキッチンの料理をご紹介していきます☆

メニューの一部をご紹介

ランチセット 1,000円

ハンバーガー 800円

カントリーアップルバーガー 900円

サンドウィッチ BLT 750円

サンドウィッチ エビアボカド 850円

ランチセットはドリンク付きでお得!オリジナルバーガーにも出来ちゃう!?

ランチセットは11:00~14:00まで販売していて、ハンバーガーセットサンドウィッチセットの2種類があり、ドリンク付きです。ハンバーガーの単品は800円、ドリンク単品は350円~なので、単品それぞれ注文するよりもだいぶお得ですね☆

ランチ以外のテイクアウトの場合、ハンバーガー・サンドウィッチを注文すると必ずポテトがついているそうです♪単品でも1つ1,000円しないのは本格ハンバーガー店にしてはリーズナブルです!

基本のハンバーガーはパテにトマト・レタス・オニオン・タルタルソース・マヨネーズ・BBQソースが入っていますが、こちらのお店、ハンバーガーにトッピングをしてオリジナルハンバーガーに出来るんです!トッピングはチーズ・アボカド・ベーコン・エッグ・パインが各100円、てりやきソースが50円。

電話で予約と比べて多少タイムロスにはなりますが、店舗に行ってから店員さんにオススメのトッピングや組み合わせをアドバイスしてもらうと良さそうですね♪

単品メニューも充実!11種類のハンバーガーメニュー

単品ですと、基本のハンバーガー以外にも、チーズバーガー850円、ベーコンエッグバーガー950円など、11種類のハンバーガーメニューがあります。どれも美味しそうで迷っちゃいますね!

サンドウィッチも7種類あり、とっても色鮮やかで具だくさん!断面が美しく、食欲がそそられます♪

ハンバーガーのパテは牛肉100パーセントでつなぎなしのお肉を使用していて、あらびきでごつごつした仕上がり。かむとジューシーな肉の旨味がじゅわ~っとダイレクトに伝わってくるとのこと。

しっかりと厚みと大きさがあるので、食べている途中でお肉がなくなってしまってお野菜だけ残っちゃった、なんて残念なことにはならないですみそうです♪ああ、お腹が空いてきました(笑)

普段食べなれているハンバーガーを想像してたくさん注文すると、ボリュームがありすぎてびっくりしちゃうかも。本場アメリカのハンバーガーにも引けをとらないと口コミサイトでも評判です☆

メニューの中で気になるのが、カントリーアップルバーガーりんごを使った青森ならではのご当地バーガーです☆肉とりんごってどうなの~??と思っちゃいましたが、肉と甘すぎない煮りんごの酸味が絶妙にマッチして意外とイケるそうです!青森旅行の記念にこちらも是非注文したいですね♪

ここの絶品ハンバーガーの味を知ってしまったら、子供たちはもう某チェーン店のハンバーガーが食べられないかもしれません(笑)

PEPE KITCHEN(ペペキッチン)

住所 青森県弘前市稲田2-1-1

電話 0172-55-9266

営業時間 11:00~14:00、18:00~23:00

定休日 水曜日

弘前市について、アクセス情報も

ここまで弥生いこいの広場周辺のお食事スポットを紹介してきましたが、調べていたら弘前市についてもう少し知りたくなってきたので、少し調べてみました☆

弘前市は弥生いこいの広場以外にも見所たくさん

弘前市は、青森県の西部の津軽地方にあり、県庁所在地の青森市・八戸市に次ぐ第3の人口を誇る大都市です。

江戸時代には弘前城下町として栄えた歴史ある都市なんですよ☆弘前城は現在でも弘前駅から徒歩30分程のところにあり、春に行なわれる弘前さくらまつりには全国から観光客がやってくるそうです。

弘前城公園にはなんと50種2600本の桜があり、全国でも有数の桜スポットなんです!春に訪れたら絶対立ち寄りたいですよね♪春だったら、弥生いこいの広場で遊んで、ペペキッチンでお昼ごはんのハンバーガーをテイクアウトして弘前城公園で食べるのもいいですね~☆

また、弥生いこいの広場のある岩木山は青森県最高峰の1,625m、津軽富士とも呼ばれる美しい山で、ふもとにある岩木山神社は1200年前の平安時代に創建された歴史ある神社です。

重要文化財に指定され、歴史的に価値があるだけではなく、パワースポットとしても有名なんだそうです。お昼ごはんを岩木山神社前のなかの食堂ですませたら、是非岩木山神社に立ち寄って家族みんなでパワーをもらいましょう♪

他にも弘前城の目と鼻の先にある庭園が美しい藤田記念庭園・言わずとしれた青森名産品・りんごのもぎとり体験ができる弘前りんご公園、8月はじめに行われる弘前ねぷた祭りなど、見ごたえばっちりな観光スポットが弘前にはた~くさん☆

弘前を訪れたら、弥生いこいの広場だけではなくて、いろいろな名所を見て回って子供たちとステキな思い出を作りたいですね。

弘前市へのアクセスは??

弘前市へのアクセスは以下の通りです。(東京都~弘前市の場合)

弘前市へのアクセス情報

(電車の場合)

東北新幹線で東京~新青森駅まで約3時間、

新青森駅から電車で25~40分

(飛行機の場合)

東京羽田空港~青森空港まで約1時間半、

青森空港からバスで約1時間

(車の場合)

東京から東北自動車道と常盤自動車道経由で約8時間

東京から弘前まで電車で約4時間、飛行機で約2時間半、車で約8時間。青森県っていうとすっごく遠いイメージがありましたが、思ったよりもアクセスが良くて近いんですね!ますます弘前へ行ってみたくなりました☆

ちなみにJR弘前駅から弥生いこいの広場までは車で約40分。山のふもとにあるのに、市街地からそんなに遠くないのが嬉しいですよね♪


スポンサードリンク

まとめ

  • 丸々1日使って弥生いこいの広場でばっちり遊ぶなら、園内のハイランドハウス内食堂
  • 弥生いこいの広場に近く、子連れでご当地名物・津軽ラーメンが食べられる食堂はなかの食堂
  • テイクアウトでも本格アメリカンハンバーガーが食べられるペペキッチン
  • 弥生いこいの広場周辺には弘前市観光スポットがたくさんある

個人的にカントリーアップルバーガーすっごく気になりますね〜!聞いたことないし、青森県名物のリンゴを使ったアイディア商品なので興味深々♪子どもたちも好きそうです♪

弥生いこいの広場の自然の中でたっぷり遊んで、思い出に残るような弘前の美味しいごはんでお腹を満たし、楽しい旅行にしてくださいね☆

 

クーポン割引の裏技をこっそり伝授!

私は5人家族なので、動物園や水族館、どこに行くのも入場料がネックなんです。また、3歳の子供がいますが、入園料が必要になってくることが多くなって来るんですよね。

年齢をごまかしたいという悪魔のささやきが。。。

でも子供も見ているし、それはダメですよね。

なんとか安く購入したい。そこで私が考えたのは割引クーポンです。

私が実際に使っているのはこれです。

『みんなの優待』

みんなの優待とは、全国130万件以上の割引サービスを使いたい放題で利用できる会員割引サービスです。

登録して会員になったら3ヶ月目無料で、4ヶ月目から月々490円かかってきます。

でも、私はあえて有料を選びました。無料クーポンがたくさんある中、

なぜ有料を選んだかというと、

  • 入場料だけではなく、ご飯や映画といろんな割引特典が受けられる
  • 割引の種類が多い。割引率が高い(MAX70%)

 

例  八景島シーパラダイス(ワンデーパス)

   5,050円→4,000円

さすがに有料だけあって色々な割引があります。実は使えば使うほどお得なんです。

すぐに元は取れますし、3か月はタダ(無料)なんで気軽に使えます!!

実は「みんなの優待」は、大手企業や公務員組合が利用する福利厚生サービス・ベネフィット・ステーションと提携しているから安いんです

つまり、今までは大手企業や公務員として働いている人しか使えなかった福利厚生を、個人で利用できるということなんですよね!

そしてもう一つ、『みんなの優待』のいいところは、

今なら3ヶ月の無料期間があって、夏まで無料で使えるんです!さらにいつでも解約できるということです。

嫌ならすぐにやめることができるし、もちろん継続もできますので安心して登録できますね。

みんなの優待の登録方法(3つの流れ)

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力します。(3分でできます)
  2.   
  3. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメールが送られてきます。
  4. メールアドレスに通知がきたら本登録完了。ログインしてすぐに割引サービスが受けることができます。

 

 

有料は抵抗あるなー、どうしてもいつでも無料がいいという人はこちら↓

じゃらんで入場料を安くするクーポンをゲット!

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

有料でも無料でもどこでもいいので、クーポンは絶対にゲットしていってくださいね。

その割引の浮いたお金で子供に

お土産を買ってあげることもできるし、

家族みんなでジュースだって飲めます。

クーポンゲットでお得に節約してくださいね。

子供と泊まる宿泊先はもう決まってる??

動物園や水族館に近い宿泊場所を確保しておくと子供がぐずってもすぐに戻ることができます!また、子供のテンションもマックス状態で入場することができるので最初にいい写真が取れるんですよね。

どうしても、動物園や水族館まで行くのに時間がかかると、子供も文句いったりと色々着くまえにイライラしてしまったりして楽しさ半減なんですよねー。せっかく楽しいはずのお出かけが台無しになることもあります。

私の場合は、初日にたっぷり遊んで温泉宿に泊まるのが定番です。子供も一緒にクタクタになるまで遊んで、そのまま宿で温泉に入るっていうのが最高ですね。

宿を予約すれば遊んだ後の夜ご飯の心配もしなくていいし、お店で並ばなくてもいいんです。また、朝も朝食付きにしておけば、いつもと違って子供はたくさんご飯を食べてくれるし、私も大満足です。

たまの贅沢も子供との思い出を考えればありかなと思います。子供は小さい時しか一緒にお出かけにいってくれませんから、今のうちにいっぱい思い出を作っておきたいですしね。

そんな子供の笑顔が見たい私がいつも愛用している予約サイトは「じゃらん」です。

とにかく口コミが読みやすいです。大体のホテルや宿はじゃらんで予約することができますし、価格帯も細かく選ぶことができます。口コミの信用性もありますし、じゃらんポイントも貯まるので次の宿泊にも使うことができます。

じゃらんをおすすめする一番の理由は、何と言っても、

  • お風呂が良かったランキング
  • 接客ランキング

など自分に合った目的で選べることがいいですね。

実は元ホテルマンの私もかなり活用しています。

最後に元ホテルマンとして、こっそりといいこと教えます。最近はじゃらんより宿の公式サイトの方が安い場合があります。意外にみなさん知りません。なので、公式サイトの価格を確認して、値段が同じなら、「じゃらん」をおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です