富士急ハイランドへ東京からのアクセス方法!新幹線よりバスか車?

入園チケット、まだ売り場で買ってるんですか?

水族館や動物園に行くとき、チケット売り場でながーい行列に並んでチケットを買いますか?
私の場合、チケットは事前に買って並ばずに入ることが多いです。

なので、いつも混雑している人たちを横目にスルーして入りますよー笑
なんか得した気分になりますよね。

実は、これって購入方法を知っているか、知らないかだけなんです。
そんな優雅な気分を味わえて、さらに安く手に入れる簡単な方法を教えます。

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

みなさん!富士山の麓にある日本を代表する遊園地、富士急ハイランドに行ったことはありますか?富士急ハイランドは、世界ギネス認定の絶叫系アトラクションで有名ですよね。

しかし、富士急ハイランドには、「トーマスランド」など子連れでも楽しめる施設がいっぱいあるのをご存知でしたか?しかも、首都圏、東京からはわずか2時間以内で行けてしまうのです。バス、電車、車と行き方もいろいろありますよ。

そんな富士急ハイランドへの東京からの行き方を今回はご紹介したいと思います。これを読めば、自分に合った富士急ハイランドまでの行き方に迷いはありませんよ。今回は、混雑状況やお子様連れにあった情報などもここだけでシェアしちゃいますね。


スポンサードリンク

富士急ハイランドはどこにあるの?

引用先:富士急ハイランド公式HP

富士急ハイランドは山梨県富士吉田市、松山と南都留郡富士河口湖町船津にまたがってできたテーマパークです。

富士吉田市は、日本一、富士山に近い街。市内の至る所から富士山を大迫力で感じることができる人気観光地でもあります。「河口湖」「富士散策公園」、動物と触れ合える「ふじさん牧場」など自然を思いっきり感じられるスポットがたくさんあります。

河口湖とは?
富士山を囲むように点在する富士五湖の中でも、最も北にあって2番目に大きな湖。引用先:公益社団法人やまなし観光推進機構公式HP
富士散策公園とは?
富士山の絶景、自然豊かな環境を活かした伸びやかな景観が楽しめる公園。引用先:公益社団法人やまなし観光推進機構公式HP
ふじさん牧場とは?
富士五湖エリアで唯一の体験牧場。乳搾り、乗馬、羊の毛刈り体験や新鮮な牛乳を使ったバター作り体験などファミリーにおすすめの体験ができます。引用先:一般財団法人 ふじよしだ観光振興サービス公式HP

富士急ハイランドはそんな広大な自然に囲まれている遊園地なのです。

富士急ハイランド基本情報

〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1

電話番号 0555-23-2111

富士急ハイランドのアクセス方法一覧

そんな自然に囲まれた最高のロケーションに東京からのアクセス方法は、3通りあります。

  1. 車(またはレンタカー)
  2. 高速バス
  3. 電車(快速特急列車、特急富士回遊号 利用)

よく新宿駅や東京駅で富士急ハイランド行きプランの広告を見かけませんか?そうです、富士急ハイランドは観光客のために、東京からのアクセスにとても力を入れているのです。また、車でのアクセスもとってもシンプル。なので、今回は子連れにオススメの順番でご紹介しちゃいますね。

ちなみに、東京から新幹線を利用とお考えの方もいらっしゃると思います。先にいいますが、新幹線の利用はオススメしません。富士急ハイランドの新幹線の最寄り駅は、三島駅。富士急ハイランドへは、さらに三島駅から高速バスに乗り継ぐ必要があり、その所要時間は1時間半ほど、運賃は2,260円かかります。運賃の面でも、時間の面でも、今回は新幹線の利用は選択枠から外しておきましょう。


スポンサードリンク

子連れにオススメは車、レンタカーの利用

お子様連れだとベビーカー等、荷物も多くなったり、または急なハプニングがつきものではないですか?私の子供達は、時間差で「トイレ〜」って叫んできます。そんな家族での旅行にオススメなのが、車(レンタカー)でのアクセスです。自分たちで運転すれば、子供に振り回されても、融通が効くので親としてもとても安心できます。

ちなみに荷物に困らないように、富士急ハイランドに行く時に便利な持ち物リストも確認しちゃいましょう。

富士急ハイランドに最適な服装は!?季節・天気・男女に分けて紹介

2020年2月12日

富士急ハイランドへの車でのアクセスは簡単!

東京からだと、中央道を通って「大月JCT」まで進み、そこから「河口湖IC」を降りてすぐなのでとても簡単ですね。所要時間も通常、1時間30分ほどで富士急ハイランドの駐車場に到着します。

引用先:富士急ハイランド公式HP

ただしゴールデンウィークや夏休み、真冬以外の週末は高速道路の混雑が予想されるので、ゆとりを持った計画をたてるのがオススメです。また冬場は積雪の心配も予想されるのでウィンタータイヤの準備を忘れずにしておきましょうね。

ちなみに高速道路料金は、例えば新宿からだと首都4号新宿線を通り中央自動車道から河口湖ICまで通常料金が3,390円、ETC利用で2,420円。ガソリン代を上乗せしたとしても家族みんなでこの値段はとてもありがたいですね。

駐車場もたっぷりあります。

引用先:富士急ハイランド公式HP

富士急ハイランドには専用の駐車場がいくつか用意されて、およそ5000台が駐車可能となっています。

  料金 特徴

注意

第一駐車場
  • 普通車1日1,500円
  • 大型車1日2,500円
  • バイク 無料
第1入園口にも一番近い場所。人気で便利。

混雑時、最初に満車になる。

第二駐車場
  • 普通車1日1,500円
  • 大型車1日2,500円
  • バイク 無料
第2入園口に一番近い場所にある駐車場。トーマスランドご利用の方にオススメ。 混雑時、二番目に満車になる。
第三駐車場
  • 普通車1日1,500円
  • 大型車1日2,500円
  • バイク 無料
国道138号線を挟んで逆側にあり、比較的空いている。 入園口からは少し距離がある。
第四駐車場
  • 普通車1日1,500円
  • 大型車1日2,500円
  • バイク 無料
第二駐車場の近くにあり、穴場スポット。

比較的小さい。

また、リサとガスパールタウンのみを利用される方用に「リサとガスパールタウン専用駐車場」がもうけらています。

さらに詳しい駐車場情報を知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

富士急ハイランドの駐車場は無料?時間・混雑具合も徹底調査!

2019年11月27日

レンタカーもお得!?

マイカーを持っていない方でも、レンタカーでお得に富士急ハイランドまで行けるかもしれませんよ。富士急ハイランドは、レンタカーとフリーパスチケットがセットになったプランがいくつか用意されています。

  • フリーパス付き オリックスレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • フリーパス付きタイムズカーシェア

例えば、オリックスレンタカーではレンタカーと1日フリーパスがセットになったお得なプランがあります。最安値計算では、大人5名利用で一人、通常7,630円が5,346円になります

またニッポンレンタカーでも、一日レンタカーを利用することによって、通常6,200円の大人フリーパスが、4,900円になる割引が適用されるそうです。

しかし、これらのお得プランは幼児、小学生は対象外、またチャイルドシートの貸出に追加料金が発生されるので、ご自身のお子様の年齢や人数によってはお得ではなくなってしまいますのでご注意ください。

次にオススメは高速バスでのアクセス

運転に慣れていない方や、せっかくの休日に運転をしたくない方には、富士急ハイランドへの高速バスがオススメです。

(パパ)
富士急ハイランドで一杯ぐらいビールが飲みたいよ〜、ってことでバスで行こう!

首都圏からですと以下の発着所から直行バスに乗車することが可能です。

引用先:富士急ハイランド公式HP

直行バスの発着所はこれだけあるよ~!
  • バスタ新宿
  • 中央道日野
  • 中央道八王子
  • 渋谷マークシティ
  • 二子玉川駅
  • 東京駅(八重洲南口・鉃鋼ビルディング)
  • 東京ドームホテル
  • サンシャインシティプリンスホテル池袋駅
  • 秋葉原駅
  • 町田バスセンター
  • 南町田駅
  • 橋本駅
  • 藤沢駅
  • 辻堂駅
  • 本厚木駅
  • 羽田空港
  • 品川駅
  • 横浜駅
  • 東名綾瀬
  • 日吉駅センター北駅
  • たまプラーザ駅
  • 市ヶ尾駅
  • 大宮駅
  • 川越駅
  • 狭山営業所
  • 海浜幕張駅
  • 京成津田沼駅
  • 西船橋駅 
  • 成田空港 

 

サッキー
こんなにたくさん!どこからも乗れちゃうなんてとっても便利!!

例えば、バスタ新宿から、富士急ハイランドまでは、1時間50分ほどかかります。値段は片道2,000円ほどです。乗り換えもなく手ごろな値段で行けるのは嬉しいですね。

出発地によって所要時間、料金が違うので詳しくは富士急バス株式会社にお問い合わせくださいね。

直行バスとフリーパスのプラン

もちろん、富士急ハイランドでは直行バスと富士急ハイランドのフリーパスがセットになったお得なプランがありますので、チェックしない手はないですね。

例えば新宿からの往復直行バスとフリーパスがセットになったプランはこんなかんじです。

  • 大人:7,700円 (通常フリーパス料金 6,400円)
  • 中高生:7,300円 (通常フリーパス料金 5,700円)
  • 小学生:4,760円 (通常フリーパス料金 4,500円)

通常のフリーパスの料金から比べるとバスとセットのなったこの価格はかなりお得ですね。こちらのセットは、バスの時間帯も選択できるので家族にあった計画をすることができます。ただし、幼児はこのプランには含まれないので個別にバスとチケットを購入することをお忘れなく。

富士急ハイランドバスツアー(FUJI-Qライナー)

引用先:富士急トラベル株式会社公式HP

また、富士急トラベルさんには、もっとシンプルに予定が組めるバスツアーがあります。出発場所は、新宿・上野・武蔵小杉・相模大野・品川・立川・さいたま新都心から選べます。料金も出発地、時期により微妙に異なりますが、

  • 大人:7,700円 
  • 中高生:7,300円 
  • 小学生:6,500円 

からと、先ほど紹介させていただいた直行バスとフリーパスのセットプランと料金は変わらないのでお好きな方をお選びくださいね。詳しい料金プランは、富士急トラベルさんのHPよりご確認ください。

注意
高速バスは基本的に一人でシートベルトをして座れるお子様を対象としています。チャイルドシート等の用意がない事、フリーパスプランは小学生以下は適用外なことを考慮して、バスのご利用をご検討ください。

ふじやまお泊りパック

引用先:富士急トラベル株式会社公式HP

さらに日帰りではなく一泊してゆっくり富士急ハイランドを楽しみたい人向けのお得プランも用意されていました。富士急トラベルさんから宿泊代、高速バス、そして富士急ハイランドのフリーパスチケットがついたふじやまお泊まりパックです。

提供しているホテル3つはどれも富士急ハイランドから徒歩3分の立地です。

  高速バス出発地 料金 朝食 優先入園 2日間付きパス
ハイランドリゾート ホテル&スパ 東京・渋谷・新宿・横浜・羽田空港・藤沢・町田・たまプラーザ・センター北 21,300円〜50,500円 付き あり 可能
富士山ステーションホテル 新宿・横浜・羽田空港 12,700円~18,700円 付き なし 不可
キャビン&ラウンジ ハイランドステーションイン 新宿・横浜・羽田空港 11,000円~12,800円 なし なし

不可

詳細は富士急トラベルさんのホームページでご確認ください。

電車を使って富士急ハイランドへもアクセス可能

電車が大好きなお子さんがいるご家族は、電車を利用して富士急ハイランドに向かいましょう!富士急ハイランドは都心からの電車でのアクセスもとても簡単です。目指す駅は、富士急ハイランド駅になりますので、これをしっかり頭に入れておきましょう。

首都圏に住んでいる人は、新宿駅または八王子駅からJR中央線を使い大月駅に向かいましょう。そして、大月駅で富士急行線に乗り換え、富士急ハイランド駅に到着します。富士急ハイランドまでの乗り換えは大月駅での1度のみで、新宿駅からだと所要時間はおよそ110分です。

引用先:富士急ハイランド公式HP

首都圏からの電車アクセス
  • 乗車駅: JR中央線 新宿駅または八王子駅
  • 乗換駅:富士急行線 大月駅
  • 降車駅:富士急行線 富士急ハイランド駅

特急富士回遊号に乗れば、あっという間に富士急ハイランド

さらに早く着きたい、子供と一緒なので指定席を利用したいという方には、JRが運営している特急列車を利用しましょう。

使用できる特急列車はこの3つです。

  • 特急かいじ
  • 特急あずさ
  • 特急富士回遊号

新宿駅から富士急ハイランド駅まで比較をしてみましょう。

  片道料金(大人) 所要時間

富士急ハイランド駅までの乗り換え

かいじ 4,062円 約110分 1回(大月駅で富士急行に乗り換え)
あずさ 4,062円 約122分 1回(大月駅で富士急行に乗り換え)
特急富士回遊号 4,062円 約110分 なし

JRの快速、普通列車を使用すると3時間ほどかかってしまう場合もあります。特急列車を利用すれば比較的スムーズに富士急ハイランドにいけますよ。また新宿発の特急富士回遊号に乗れば乗り換えもなく、全席指定なので席が確保できて、お子様にも安心ですね。ただ、やはり大型連休や夏休みは混雑が予想されるので、特急券を買われる方は、前もった購入がオススメです。

【特急かいじ・特急あずさ】

特急列車は19時まで、それぞれ1時間に1本新宿から出ていますよ~。特急かいじは必ず大月駅に停まるので富士急行線に乗り換えられますが、特急あずさは大月駅に停まらないものもあるので注意してくださいね!

詳しい時刻表はコチラからご確認ください。

【富士回遊号】

また、富士回遊号は週末や繁忙期を除いて、1日に2往復しかしていません。詳しい時刻表はこのようになっています。

富士回遊号の時刻表
富士回遊 1号、3号、16号、20号 毎日運転
富士回遊 90号、93号
10月25・28~31日
12月16~20・23~27日
1月6~10・14~17・20~24・27~31日
2月3~7・10・12~14・17~21・25~28日
富士回遊 91号、92号
2月29日までの土曜休日・12/28~1/5

(下り)

  平日 土休日
富士回遊1号 富士回遊3号 富士回遊93号 富士回遊91号 富士回遊1号 富士回遊3号  
新宿発 8:30 9:30 11:32 7:35 8:30 9:30
富士急ハイランド着 10:19 11:19 13:32 9:37 10:19 11:19

(上り)

  平日 土休日
富士回遊90号 富士回遊16号 富士回遊20号 富士回遊16号 富士回遊92号 富士回遊20号 
富士急ハイランド発 14:06 15:08 17:41 15:08 16:03 17:41
新宿着 16:03 16:58 19:27 16:58 17:59 19:27

 

JRを利用するならフリーパスとのセットがお得!

はい、もちろん富士急ハイランドには、JR東日本から、電車の交通費とフリーパスがセットになったお得なプランがあります。ただし、小学生以下のお子様はパッケージツアーには対象外になりますので、フリーパス前売り券を購入するか、富士急ハイランドで直接チケットを購入するのをお忘れなく。

  料金(大人) 中高生 小学生

幼児

快速普通列車料金+チケット 2,442円+6,200円 2,442円+5,700円 1,221円+4,500円 2,100円
快速普通列車パック 7,700円   7,500円 5,200円 対象外
富士回遊号料金+チケット 4,062円+6,200円 4,062円+5,700円 2,131円+4,500円 2,100円
富士回遊号パック 10,400円 10,200円 6,400円 対象外

詳しい、料金体制、パッケージツアー情報はこちらから。

【富士急ハイランドフリーパス1日券付の注意点】
遊園地窓口でバウチャー券をフリーパス券に引換えてください。
一部、利用できない施設があります。
天候やその他の理由により、一部のアトラクションが利用できない場合があります。

料金的には直行バスツアーに比べて、少し高くなっていますね。ただ、列車が大好きなお子さんと一緒に特急列車に乗って、景色を楽しむ事ができたりするのも、家族旅行の良い思い出になると思いますよ。


スポンサードリンク

まとめ

  • 東京から富士急ハイランドまでのアクセスは、「車」「直行バス」そして「電車」。新幹線の利用はオススメしません。
  • 子連れ旅行にオススメなのは、車での移動。駐車場もたくさん用意されているけど、大型連休には混雑が予想されるので要注意。
  • レンタカーと富士急ハイランドとのプランもあり。ただし、チャイルドシートの予約もお忘れなく。
  • 首都圏から富士急ハイランドへの直行バスがとても充実している。お得なプランもたくさんあるけど、小学生以上が対象。
  • 電車が好きな家族には、特急列車、富士回遊号がオススメ。ただし、他の交通手段に比べてお値段は少し高め。

日本を代表する大型遊園地「富士急ハイランド」は東京からのアクセス方法が充実していましたね。東京から、およそ2時間で富士山の絶景の下で遊べることができるので、子供たちもとても喜んでくれるでしょう。

せっかくの家族旅行なので、行き方をばっちり決めて楽しい旅にしてくださいね。

クーポン割引の裏技をこっそり伝授!

私は5人家族なので、動物園や水族館、どこに行くのも入場料がネックなんです。また、3歳の子供がいますが、入園料が必要になってくることが多くなって来るんですよね。

年齢をごまかしたいという悪魔のささやきが。。。

でも子供も見ているし、それはダメですよね。

なんとか安く購入したい。そこで私が考えたのは割引クーポンです。

私が実際に使っているのはこれです。

『みんなの優待』

みんなの優待とは、全国130万件以上の割引サービスを使いたい放題で利用できる会員割引サービスです。

登録して会員になったら3ヶ月目無料で、4ヶ月目から月々490円かかってきます。

でも、私はあえて有料を選びました。無料クーポンがたくさんある中、

なぜ有料を選んだかというと、

  • 入場料だけではなく、ご飯や映画といろんな割引特典が受けられる
  • 割引の種類が多い。割引率が高い(MAX70%)

 

例  八景島シーパラダイス(ワンデーパス)

   5,050円→4,000円

さすがに有料だけあって色々な割引があります。実は使えば使うほどお得なんです。

すぐに元は取れますし、3か月はタダ(無料)なんで気軽に使えます!!

実は「みんなの優待」は、大手企業や公務員組合が利用する福利厚生サービス・ベネフィット・ステーションと提携しているから安いんです

つまり、今までは大手企業や公務員として働いている人しか使えなかった福利厚生を、個人で利用できるということなんですよね!

そしてもう一つ、『みんなの優待』のいいところは、

今なら3ヶ月の無料期間があって、夏まで無料で使えるんです!さらにいつでも解約できるということです。

嫌ならすぐにやめることができるし、もちろん継続もできますので安心して登録できますね。

みんなの優待の登録方法(3つの流れ)

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力します。(3分でできます)
  2.   
  3. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメールが送られてきます。
  4. メールアドレスに通知がきたら本登録完了。ログインしてすぐに割引サービスが受けることができます。

 

 

有料は抵抗あるなー、どうしてもいつでも無料がいいという人はこちら↓

じゃらんで入場料を安くするクーポンをゲット!

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

有料でも無料でもどこでもいいので、クーポンは絶対にゲットしていってくださいね。

その割引の浮いたお金で子供に

お土産を買ってあげることもできるし、

家族みんなでジュースだって飲めます。

クーポンゲットでお得に節約してくださいね。

子供と泊まる宿泊先はもう決まってる??

動物園や水族館に近い宿泊場所を確保しておくと子供がぐずってもすぐに戻ることができます!また、子供のテンションもマックス状態で入場することができるので最初にいい写真が取れるんですよね。

どうしても、動物園や水族館まで行くのに時間がかかると、子供も文句いったりと色々着くまえにイライラしてしまったりして楽しさ半減なんですよねー。せっかく楽しいはずのお出かけが台無しになることもあります。

私の場合は、初日にたっぷり遊んで温泉宿に泊まるのが定番です。子供も一緒にクタクタになるまで遊んで、そのまま宿で温泉に入るっていうのが最高ですね。

宿を予約すれば遊んだ後の夜ご飯の心配もしなくていいし、お店で並ばなくてもいいんです。また、朝も朝食付きにしておけば、いつもと違って子供はたくさんご飯を食べてくれるし、私も大満足です。

たまの贅沢も子供との思い出を考えればありかなと思います。子供は小さい時しか一緒にお出かけにいってくれませんから、今のうちにいっぱい思い出を作っておきたいですしね。

そんな子供の笑顔が見たい私がいつも愛用している予約サイトは「じゃらん」です。

とにかく口コミが読みやすいです。大体のホテルや宿はじゃらんで予約することができますし、価格帯も細かく選ぶことができます。口コミの信用性もありますし、じゃらんポイントも貯まるので次の宿泊にも使うことができます。

じゃらんをおすすめする一番の理由は、何と言っても、

  • お風呂が良かったランキング
  • 接客ランキング

など自分に合った目的で選べることがいいですね。

実は元ホテルマンの私もかなり活用しています。

最後に元ホテルマンとして、こっそりといいこと教えます。最近はじゃらんより宿の公式サイトの方が安い場合があります。意外にみなさん知りません。なので、公式サイトの価格を確認して、値段が同じなら、「じゃらん」をおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です