浅虫水族館のイルカショー!バックヤードでは餌やり体験も!

家族みんながお休みの日は、どっかに出かけようかってなりますよね!じゃあ、どこに行く?動物園?水族館?それと遊園地?んー、この前水族館行ったから、今回は水族館はないよね。

フツーはそうですよね。水族館っていろんな魚たちや生き物がいて楽しいし癒されますが、毎日展示方法が変わるわけじゃないし、一度行ったら当分はいいかな。相当な魚好きじゃなきゃ、さすがに毎回は行かないでしょう。

ですが、毎日でも行きたくなる水族館があるんです♪それが、青森県にある浅虫水族館です。毎日?!一度行けば当分は水族館という選択肢はなくなるのに、毎日?!なにがそんなにおススメなの?

これを読み終わった頃には、きっと浅虫水族館に行くという選択肢が増えるはずですよ☆

 


スポンサードリンク

唯一無二?!浅虫水族館の見どころ☆

せっかく旅行するなら、そこだけしかない特別なものがあってほしいですよね!他と同じならわざわざ行く必要はありません。浅虫水族館は、おそらく唯一無二だろうことがいっぱいあります。まずは、展示方法について紹介しますね♪

洋服のままOK!青森県の陸奥湾を水中お散歩☆

みなさんはホタテ好きですか?私は大好きです!牡蠣小屋に行ってもホタテ頼んじゃいます♪ホタテのバター焼きなんかたまりませんよねー♪ホタテの養殖生産量1位ってどこだか知ってますか?青森県なんですよ!ホタテが大好きな私からしたら、青森県にはこんなところでお世話になっていたんです!

だけど、ホタテの養殖って見たことないなー。海の中でどんな風になっているんだろう?

テレビではなんとなく見たことあっても、本物を見る機会はありませんよね。それに、ホタテって、どうやって成長するの?食べてるときはもう大人のホタテだけど、赤ちゃんの時って何か違ったりするのかな?大人の私でもハテナがいっぱいです。

そんな疑問は浅虫水族館で解決!浅虫水族館では、ホタテやホヤの養殖の様子が見られるんです♪ホタテ養殖生産量1位の青森県にある、浅虫水族館ならではですね♪

さらに、その水槽はトンネルになっているので水中を歩いている気分も味わえます♪ホタテやホヤの養殖の様子を見ながら、陸奥湾を泳ぐ魚たちも見ることができ、潜らなくても陸奥湾の中にいるようです!青森県の陸奥湾を覗けるのは、浅虫水族館だけ♪

ま、まさか!水の入ってない水槽!?

水族館といえば、水と生きる生き物が展示されています。どの水槽を見たってしっかり水が入っていますよね。

でも、浅虫水族館には、水の入っていない水槽があるんです。しかもこれ、水が入っていないのに、ちゃんと展示してあるんですよ!水がなくても生きていける生き物がいるんじゃないの?

いえいえ。どうもそういうことではないようなんです!

水の入ってない水槽に近づくと、なんと、「絶滅」と書いてあります。ひゃー!!なんかこわいですよね…。おそるおそる近づいてみると、水槽の中に一つの解説パネルが入っています!

読んでみると、絶滅とはなにか、原因は、スピードは、と絶滅について書かれています。ちなみに、あのおいしいウナギも絶滅危機にさらされているとか!それは大変困った事態です。おいしいウナギが食べられないなんて、これからの土用の丑の日にはなにを食べればいいのでしょうか!?

この「絶滅」の水槽、実は水漏れがするらしく生き物を入れることができないため、水の入っていない水槽になってしまったとか。修理するまでの間、なんとかできないかと飼育員さんたちが考えた末、「絶滅」の水槽になったそうです。

水の入っていない水槽を展示するなんて、浅虫水族館だけでしょう!修理されてしまえばなくなってしまうので、それまでに行くべきですね♪

青森県にある世界遺産!そこで生きる生き物たち

青森県にある世界遺産を知っていますか?恥ずかしながら、屋久島の方は知っていたんですが、私は調べるまで青森県にもあるなんて知りませんでした。

その、青森県にある世界遺産、なんと、屋久島と同じ時に世界遺産登録されたそうなんです!

青森県にある世界遺産は、白神山地です。ほとんど人の影響を受けていない世界最大級の原生的なブナ林だとか。

青森県で初めて見つかった植物もあり、動物たちが生きていくためのえさもたくさんあるらしく、野生の動物も暮らしているとか。きっとここは、見たこともない別世界なんでしょうね♪

浅虫水族館には、白神山地で生活する魚たち様子を見ることができます。白神山地では、イワナ、ヤマメ、ウグイ、アユ、コイなどがいるそうですよ☆世界遺産をもつ青森県の浅虫水族館ならではですね!

この他にも、両生類コーナーやサンゴ礁の魚たちコーナー、暖かい海冷たい海の魚たちのコーナーなどあります☆

 

毎日開催!大人気☆浅虫水族館のイルカショー

 

水族館に行けば、やっぱりイルカのショーは見逃せないですよね♪かわいいイルカたちが飼育員さんの合図でジャンプしたり回転したり、ときにはボールや輪っかを使って楽しませてくれます。

かわいいし楽しいけど、わざわざ青森県の浅虫水族館に行かなくても近くの水族館でもあってるし…

いえいえ!浅虫水族館のイルカショーは一味違います☆青森県ならではの要素が盛り込まれているんです!

青森県限定☆ダイナミックなイルカショー

イルカショーの見どころは、なんといってもジャンプではないでしょうか?水面から高くジャンプした姿、潜った後の激しい水しぶき…!最高ですよね♪しかし、ここまでだと、他の水族館となんのかわりもありません。

浅虫水族館のイルカショーはなにが違うかというと、青森県の「祭り」とコラボレーションしているということです!

青森県の祭りといえば、ねぶた祭りですよね♪津軽三味線や笛の音で活気のある音楽、あれを聞いているだけでもワクワクします。

それに合わせてイルカたちのハイジャンプが見られるなんて、ダイナミックなショーになること間違いなしです♪

ちなみに、ダイナミックなだけでなく、繊細な芸もしますよ!イルカたちが歌うんです♪「幸せなら鼻ならそっ♪」に合わせてピッピッと、歌うんです!か、かわいい〜♪ショーの後にはこちらが鼻歌歌っちゃいます☆

さらに、浅虫水族館のイルカショーは屋内で、幕が開くんです!他とは一味違うイルカショー、ぜひ見るべきです☆

各回1組限定!スペシャルシート☆

せっかくイルカショーを見るなら特等席がいいですよね。予定より早めに行ってここら辺が真ん中かな?水がかかるのもおかまいなし♪誰にも邪魔されずイルカを見たい!

そんな方には、スペシャルシートがオススメ!なんと、各回1組限定というVIP席☆

どの席がスペシャルシートなの?一番良さげな真ん中の席は早めに行けば座れるんじゃない?って思っているあなた!このスペシャルシートは、早めに行っても絶対座れないんです。

どこにあるかというと、イルカショーのあっているイルカプールのステージ上、観客席と反対側の席なんです♪

ダイナミックなイルカショーを反対側から見られるなんて、飼育員さんにならない限り無理だと思っていたのに、浅虫水族館ではそれがかなえられるんですね〜♪5名までの1組なので家族にはちょうどいいですね!

 

 


スポンサードリンク

た、たまらん♪みんなイルカが好きになるイルカ館☆

イルカはいるかー?(笑)

水族館の楽しみの一つといえば、イルカに会えることですよね♪泳いでいる姿は美しいし、キュートなお目めもたまりませんっ♪こっちを見ているときなんかニコってされてる気がするし、きゃーっ!なんてかわいいの♪

私はイルカが好きなんで盛り上がってしまいましたが、まさか、イルカがどうでもいいなんて言う人いるんですか?

浅虫水族館のイルカ館に行けば、そんなあなたもイルカの大ファンになること間違いなし☆イルカ好きは絶対行くべき、浅虫水族館のイルカ館について紹介します!

イルカショーとは一味違う!イルカ館のジャンプを楽しもう☆

浅虫水族館には、イルカプールとイルカ館があります。イルカプールは、ねぶた祭りとコラボしているダイナミックなイルカショーがあっているところです。

ここで紹介するのはイルカ館ですので、間違えないでくださいね☆

もちろん、ここでもイルカたちのジャンプが見られます。手を伸ばせば届きそうな距離♪きゃーっ!水しぶきもすごいので、気をつけて!イルカショーと比べると距離が近くてまた違う迫力があります☆

だけど、ジャンプならイルカショーで見たし、もういいかなー。ちょっと待って!イルカがジャンプした後、水の中ではどんな様子か見たことありますか?イルカ館では、潜っている様子が見られるんです♪

このイルカ館、下にも行けるんです♪下に行ってみると、大きな水槽があります。

これが上とつながっていて、イルカたちのジャンプの後の水中の様子が見られるんです!ガラス1枚の向こうにはものすごいスピードで潜っているイルカがいるんですよ!これは大興奮すること間違いなしっ♪

会ったその日から!イルカと私はお友達♪

イルカの視力ってどれくらいか知ってますか?イルカの視力は0.1くらいなんだそうです。飼育員さんの指示をしっかり見ているようなイルカたちですが、あんまり視力よくないんですね。

ですが、人間と違ってイルカは水中でもはっきり見ることができるそうです。私たちは水中に潜った時、目を開けてもぼやーっとしか見えませんよね。

あのイルカ、こっちを見ている気がする!と思っていたのも、勘違いではなさそうです♪イルカ館は、水面が見える上の階と水中が見える下の階があります。上でイルカたちを見た後、下に行くとイルカたちが、追いかけてきてくれます♪

人がいない時は、高確率で自分のところにきてくれるとか☆かわいいイルカを独り占めできるなんて、幸せの絶頂ですね♪

見られたら幸せになるかも?!イルカたちの隠れハート

浅虫水族館では、隠れミッキーではなく、隠れハートがあるそうです!ハートってなんか、恋愛成就しそうですよね♪これは見とかないと!

しかも、それがイルカたちにあるっていうのがたまりませんね☆カップルで来た際にはぜひ見つけてくださいね♪家族で来た時に見つけられたら家内安全かな?

一つは、イルカ館にいるバンドウイルカのジムにあるそうです。右胸ビレの付け根にあるので要チェック☆イルカ館はイルカとの距離が近いので見られそうですね♪

もう一つは、イルカプールにいるカマイルカのスマイルにあるそうです。

口先にあるので、なんかチューっとしたくなります♪こちらは、イルカトレーナーと回るトレーニング見学会か、イルカショーのスペシャルシートだと見られるかな?

隠れハートぜひ探して見てくださいね☆

この他にも、イルカと握手したり、イルカのおへそを見せてもらえたり、検温の様子やエサを食べる様子、生態についてなどの解説が聞けるイベントがあっています!

イルカのことをもっと知ることができ、もっと好きになることができるので、オススメですよ♪


スポンサードリンク

立ち入り禁止の扉☆バックヤードツアーへようこそ

浅虫水族館には、海獣館バックヤードツアーというものがあります。

バックヤードツアー?裏方?裏方に行ったって機械とかえさとかがあるだけで、特になにもないでしょ?あんまりおもしろくなさそう…。水族館に来たからには生き物が見たいの!裏方には用ないよ〜。

実は、バックヤードこそ生き物たちの本当の生きる力が見られるんです!本当の生きる力?水槽の中でものびのび生きてるように見えるけど…。いえいえ、生き物たちの生きる力は、水槽の中だけではないのです!

潜入!ペンギンやアザラシのプールへ☆

ペンギンやアザラシってとってもかわいいですよね。よちよち歩く姿やまん丸のかわいい目♪

水族館に行ったら絶対立ち寄るって人、いるんじゃないですか?だけど、かわいいペンギンやアザラシたちは人気で、ついた頃には人だかりで見えない!それに、ガラスの向こう側で遠い存在…。

もっとこっちにきて欲しいなー。なんて思ったことないですか?思わずガラスをドンドン叩いてこっちに来てっ!って言いたくなりますよね。

そんな人は、バックヤードツアーに参加しましょう!

バックヤードツアーはペンギンやアザラシのプールへ潜入できます。ガラスの向こう側にいたペンギンやアザラシたちが目の前にいるんです!もう、それは大興奮ですよ♪

ペンギンやアザラシたちもガラス越しじゃないからか、寄ってきてくれるそうです。かわいいですよね!だけど、時にはイタズラされることも(笑)悪気はないので、許してあげましょうね☆

表舞台だけじゃない!まだまだ現役、アシカのロクちゃん☆

人間も年をとるように、動物たちも年をとっていきます。おじいちゃん、おばあちゃんになった動物たちが、ショーに出ているの見たことないですよね。ショーに出ているのは若々しい動物たちのようです。

じゃあ、年をとった動物たちはどうなるの?病気をした時は?その謎がバックヤードツアーで明らかになるのです!

浅虫水族館には、昔、海獣館プールにアシカのロクちゃんがいました。

しかし、今はいません。どこにいったのかというと、バックヤードのプールにいます。アシカのロクちゃんは高齢のため、白内障になってしまい、視力が落ちたため安全の為にバックヤードのプールに移動することになったそうです。

日本で10位内に入る高齢おばあちゃんアシカなのですが、飼育員さんの声や指示にはまだ従うことができ、元気な姿を見せてくれます!一生懸命生きている姿にこちらも元気をもらいます♪

これが見られるのはバックヤードツアーだけ☆

超貴重!!!わたし、もうすぐママになります☆

よく水族館の情報を調べていると、「赤ちゃんが生まれました。」ということが書いてあります。赤ちゃん、きっとかわいいだろうなー、見たいなーと思いますよね♪

だけど、妊娠中の生き物たちが展示プールにいるのは見たことないですよね。ペンギンだって、卵をずっと温めなくちゃいけないのに、展示プールにいるわけはないですよね?じゃあ、赤ちゃんどこで生まれているの?

もちろん!バックヤードですよ♪妊娠中の生き物は、安全に出産できるようにバックヤードへ移動します。あれ?前は展示プールにいたのに、今回きたら居なくなってる!ってなった時はもしかしたら妊娠中なのかも☆

バックヤードツアーに参加すれば、お腹が大きくなった生き物や卵を温めるペンギンの姿が見られるかもしれませんね♪

こんなこともわかります!憧れのお仕事☆飼育員さん

水族館に子どもたちを連れて行くと、飼育員さんになりたーいって言い出しませんか?

飼育員さんと生き物たちの息がピッタリなショーや飼育員さんに信頼を寄せていることがわかる生き物たちの姿を見せてもらったら憧れる気持ちわかります♪

でも、飼育員さんって、どんな仕事するの?子どもに聞かれてもはっきりと答えられないなー。

それも、バックヤードツアーで解決☆飼育員さんのお仕事の一つ、えさやりやお薬の管理などわかりやすく教えてもらえます。

他にも、水槽に入れる砂を洗う仕事や配管を作ったり組み立てたりする仕事も見られるかも?

バックヤードツアーは定員5名です!いつ開催されているのかチェックしておきましょう☆

何度行っても、毎日行っても大満足☆その理由とは?

唯一無二の展示方法も、ダイナミックなイルカショーも、バックヤードツアーも、どれも楽しそうですよね!

でも、だからといって何度も行くほどではないよね。毎日なんてとんでもない!1度見たんだから当分はいいかなー。あー、残念!もったいないです。損してますよ!

浅虫水族館は何度行っても新しい発見があるように、毎日違う体験イベントが行われているんです!その数なんと…わかりません!笑だって、次々に新しいイベントがあるんですから!

浅虫水族館の飼育員さんの仕事魂にはあっぱれです☆

とりあえず、今開催されているイベントはこちらです♪

  • 魚のえさやり体験
  • ウミガメのえさやり体験
  • 飼育裏方見学会施設裏方見学会
  • イルカトレーナーと回るトレーニングプール見学会
  • イルカと握手
  • トラザメにタッチ
  • グソクムシにタッチ
  • サンゴ礁の魚にえさやり体験
  • 真珠取り出し体験

体験したいイベントがいつあるのかちゃんとチェックした上で、浅虫水族館に行かないと、今日はありませんってことになりますから、気をつけてくださいね!

この他にも、季節にあった水槽に変わったり、夜の水族館やお泊り水族館が開催されています♪詳しい情報はこちらから♪

まとめ

  • 陸奥湾のホタテの養殖の様子や水の入っていない水槽など、唯一無二と思われる展示が楽しめる!
  • 青森県ならではの祭りとコラボしたダイナミックなイルカショーが見られる!
  • イルカが大好きになること間違いなしのイルカ館がある♪
  • 展示されているだけではわからない生き物たちの生きる力が見られるバックヤードツアー☆
  • 毎日日替わりで開催される多くのイベント♪

浅虫水族館の近くには浅虫温泉などもあるので、合わせて楽しむといいですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA