ゾウに乗れる動物園で体験!岩手サファリパークのゾウライド!

「ゾーウさん、ゾーウさんお鼻が長いのね~♪」と歌になるぐらい人気のゾウさん。

岩手サファリパークではゾウの曲芸、餌やりそしてゾウに乗ることができるというゾウを思いっきり満喫できるゾウのというところがあります。

ちょっと待って?ゾウに乗れるってどういうこと?ゾウに乗るっていうとタイやインドなど、海外に行かなければ乗れないと思っていました。

それがなんと日本にいながら乗れるという、まさしく目から鱗ですね!︎子供に話したら、大喜びしそうな話ですが、まずは一体どういうものなのかを詳しくみて行きましょう!


スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気のゾウさんに乗れちゃうその名もゾウライド!!

実際にゾウに乗った友達が「うちの子ね、もぉ~ワーキャーの大騒ぎだったよー!もう1回乗りたいってかなり駄々こねられてねー」って言ってました。それだけ楽しくてワクワクするゾウライド、興味深いですね~。

まずは、岩手サファリパークのゾウの村にいる2頭のゾウを紹介しましょう♪

ブンミーちゃんカンピアンちゃんです!

ちゃんづけからもわかる通り女の子のゾウさん♪この2頭が私たちをおもてなしをして楽しませてくれます!

実は乗った人がまず思うこと、「意外と高い!暴れないかな大丈夫かな?振り落とされそう!」だそうです。確かに初めて乗るときは色々不安になりますよね。子供と乗るならなおさら思っちゃいます。

確かに海外ではゾウに襲われたーなんて話もあるそうで、怒り狂ったら軍隊を要請するレベルだとか。「えぇぇぇ!かなり怖いんだけど!」

私もそれを見てたので気になって聞いたり調べたりしたんです、そしたら分かっちゃいました。えっ?なにが?何が分かったの?それはこれ見てみてください!

ゾウって牙があるし、ちょっと近づくの怖いなぁ。性格はどんな感じ?

今回紹介したブンミーちゃんとカンピアンちゃんはアジアゾウというゾウなんです♪

アジアゾウ?アフリカにいるゾウと何が違うの?動物園で見るゾウさんはおっとりしてて優しそうなイメージがあって襲うなんてイメージ全くないですよね。

実は人を襲ったゾウはアフリカゾウというゾウなんです。でもアフリカゾウは普段は暴れたりしないようなんですが、その時は人間が狩猟をして怒らせたとかで、人間の方が悪かったって話です。とにかく怒らせたら手が付けられなくなりそうで怖いそうですね~。

しかし!今回乗るゾウさんはアジアゾウのブンミーちゃんとカンピアンちゃん♪ブンミーちゃんは温厚で賢い子、カンピアンは人懐っこいけどちょっと臆病な子だそうです。

アジアゾウはそもそも性格が優しくとても賢いんです。アジアゾウってアフリカゾウよりも脳が発達していることもあって人の指示に従うことができるんです。ちょっと今日はアジアゾウが優しくて賢いゾウということが分かるエピソードを見つけたので紹介します♪

ゾウの仲間愛

タイにあるゾウの保護施設「エレファントネイチャーパーク」にカナーラというゾウがいました。カナーラは飼育員に非常になついていました。

ある日のこと飼育員さんが川を泳いでいた時、カナーラが「やばい!飼育員さんがおぼれてる」と思ったらしく一目散川に飛び込んだそうです。

その時「ヘイ!カナーラ」と飼育員さんが言ったらカナーラは助けを求めたと思ったらしく一生懸命飼育員さんを助けようとしたそうです。そして、追いついたカナーラは飼育員さんを抱えて川岸に上がろうと頑張ったそうです。

なんてなんて優しいんでしょう!こんなに優しいゾウさんなら安心して家族で乗って楽しめそうですね♪

乗れるゾウってどのくらい大きい?めっちゃ高そう!

動物園でもゾウはドドーンと迫力のある動物ですよね。あれに乗るのは確かにちょっと高い所が苦手な人は怖そうですよね。実際乗った友達の子が「高い!怖い!って大泣きしたんだよー。まぁいい思い出だけど」って言ってました。

実際問題大きさはどのくらいなんでしょう?世界一大きいアフリカゾウと比較してみましょう!

もしかしたら動物園ではアジアゾウの所もアフリカゾウの所もあるので、見てたのはアジアゾウだったって人もいるかもしれませんね♪実際見てみると大きな違いがありました!

それは大きさ!アフリカゾウが、2.4〜5メートルくらい高さがあるんですが、アジアゾウは2〜3メートルくらいです。そうなんです!アジアゾウはほかのゾウと比べると小さいんです!

ですが、子供にとっては結構な高さなので、そんな時のために行く前に肩車して高いところに少し慣らして行くのがいいかもです。

ゾウライドに乗ってみたら…

3つ目の不安がゾウライドに乗ってるとき振り落とされないか不安になった!って言ってました!ゾウライドはゾウさんの上に座れるように椅子の器具が取り付けられています。それに座って園内を一周します。乗ってみたらわかるそうなんですが、結構揺れるんだそうです。

その椅子が紐見たいので固定してるだけだったから結構スリリングだなーって思ったらしいです。それでゾウさんの歩く振動が結構あってまあ揺れる揺れるって言ってました♪

でも揺れてもくるーんと椅子が滑り落ちることはないので安心してくださいね!家族でゾウになった気分でユラユラし下さい(笑)

ゾウライドを詳しく知りたい!内容を見ていきましょう♪

ゾウライドの料金を見てみましょう♪

ゾウライド料金
体験料金 1組:2,000円

受付時間 9:00~16:00

受付場所 ゾウの村売店  

※サファリパークご入園の方のみゾウライド券をご購入いただけます。
※ゾウの体調管理の為、枚数には限りがございます。お早めにお買い求め下さい。
※チケット1枚で、1頭のゾウに乗って広場を1周出来ます。
※組み合わせ表以外の組み合わせでは、お乗りいただけません。
※チケットの払い戻しは出来ません。         

ゾウライドは家族全員で乗れるの?では実際どう乗れるのか見てみましょう♪

ゾウライド組み合わせ表
一緒に乗ることが出来る総体重の目安は150kgです。

1名様の場合 大人1名か子ども1名(10歳以上) 
2名様の場合 大人2名、大人1名+子ども1名、子ども2名(10歳以上)
3名様の場合 大人1名+子ども2名、大人2名+子ども1名、子ども3名(10歳以上)

※10歳以上のお子様であれば、お一人でもお乗りいただけます。
※0歳~9歳のお子様には、必ず大人の方がご一緒ください。
※乳幼児のお子様も人数に数えます。
※中学生以上は大人になります。

ということは、うちは5人家族だから2人と3人で別れて、チケットは4,000円ほどで乗れるみたいです!組み合わせどうしようかな~?

 

実はこれだけではなかった!ゾウを見て体験する

ゾウの村では、もーっと楽しい体験ができます!これは誰でも楽しくてゾウライドで泣いちゃった子供達もニコニコしてたそうです。それが、ショーと餌やり♪ゾウの村でのゾウを満喫するためにもーっと知っちゃいましょう♪

ゾウのショーを見て、それからそれから?

アジアゾウはとーっても器用ってご存知ですか?その器用さを生かしてゾウの村ではゾウのショーを見ることができます♪ブンミーちゃんとカンピアンちゃんがあんなことしたり、こんなことしたり~気になりますよね?

これは1部分ですが、ブンミーとカンピアンちゃんがな、な、なんとバスケットボールをシュートします!さぁシュートできるのか?ドキドキしてるとなんとシュートを決めました。友達の話では子供達も「がんばれー」って応援したりシュートを決めた時は「ゾウさん凄ーい」って大興奮だったそうです!

もちろんこれだけではありません!他にも沢山の芸を見せてくれます♪友達から聞いたんですが、えっそんなこともできるの?すごい!って物でした。なので是非どんなショーなのかチェックしてください♪

ゾウのパフォーマンスショー

開催日時 土日祝日 ①11:45~ ②14:15~

開催場所 ゾウの村

観覧料金 無料

実はこのゾウのショーを見たら、こんな体験はいかがでしょうか?

最後はゾウさんに餌やりをしましょう

そして最後はゾウさんに餌やりをしましょう♪またまた友達の話なんですが、「餌やり子供がめっちゃ楽しんでたんだよー鼻も撫でたりしたんだけどなんかねカンドーしてた」とか他の友達は「うちの子本当に高いところだめでゾウライドは乗れなかったの。でもゾウの餌やりでゾウにも触れたしすごく満足してた。」って言ってました!

ゾウさんって鼻で受け取ってくれるから口に直接より怖くなさそうだし触れるのは嬉しいポイントですよね♪ゾウさんのエサ500円を買ってゾウさんにどうぞってしちゃいましょう♪

※詳しくは岩手サファリパーク公式HPを見て下さいね♪


スポンサードリンク

まとめ

  • ゾウライドで子供も大人もみんなでゾウさんに乗ってみましょう♪
  • ゾウの村でできる貴重なゾウのショーを見てゾウさんの器用さを知っちゃおう♪
  • 最後のしめはゾウの餌やり♪ゾウに餌をあげてゾウのお鼻にも触ってみよう♪

お金で買えない貴重な体験だったって友達が言っていて、あぁ確かにって思ったんです!私はゾウは海外に行かなきゃ乗れないって思ってたので…なので日本でできるって聞いてほんとに「それ、ヤバイ!ヤバくない?」って思いました。

私は小さい時、高い所とか大好きだったので行ってたら絶対楽しかったな!なーんて考えちゃいました。もちろん今も楽しみな気持ちはあるんですが、子供だからできる感じるもの沢山ありそうだなって思うのでぜひ家族で貴重な体験しに行きましょー!

他にも岩手サファリパークでは珍しい動物とのふれあいができます。岩手サファリパークのエリマキキツネザルとのふれあいの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA