ひらかたパークの年パスは買うべき?料金と購入方法を徹底調査!

入園チケット、まだ売り場で買ってるんですか?

水族館や動物園に行くとき、チケット売り場でながーい行列に並んでチケットを買いますか?
私の場合、チケットは事前に買って並ばずに入ることが多いです。

なので、いつも混雑している人たちを横目にスルーして入りますよー笑
なんか得した気分になりますよね。

実は、これって購入方法を知っているか、知らないかだけなんです。
そんな優雅な気分を味わえて、さらに安く手に入れる簡単な方法を教えます。

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

ひらかたパークは大阪市から限りなく近い、枚方市(ひらかたし)にあるテーマパークです。ひらかたパークには数多くのアトラクション・動物と触れ合える場・プールやスケート場などあることから、老若男女に人気があります。

市内から近いということもあって、ひらかたパークに何度も行きたい!という人もいますよね~。今回は、そんな人たちにお勧めの年パスについて書いていきます。

年パスの有効な使い方や、買うおすすめのタイミングなどをまとめますので、参考にしていってください。


スポンサードリンク

ひらかたパークの年間パスポート

https://twitter.com/hirapar_pr/status/1229226038149795842?s=20

ひらかたパークには2種類の年パスが存在します。年パスに2種類?って思う人もいますよね。私も最初は入園料とアトラクションのパスポートだけだと思っていました。

それじゃあ、どんなパスポートがあるのか?一個ずつ紹介していきます。

入園+フリーパス

こちらは、どこのテーマパークにもある通常の年パスですね。内容は、「期間内であれば何度も入退園と乗りが物乗り放題!」という内容です。

何度もひらかたパークに訪れて、アトラクションに乗る方にはおすすめの年パスとなっています。詳しい情報は以下にまとめてますので、確認してください。

入園+フリーパス
  • 大人(中学生以上) 17,000円
  • 小学生       14,000円
  • 2歳~未就学児    9,000円

となっています。

友人
これだけじゃ高いのか安いのか分からないよ~
スタッフ
そうですよね!通常料金は次の様になっているので比較のために使ってください。
通常料金(入園+フリーパス)
  • 大人(中学生以上) 4,500円
  • 小学生       3,800円
  • 2歳~未就学児    2,600円

どの年齢層にも当てはまるのは、4回行けば元を取ることができます。大阪近郊に住んでいる方で、ゴールデンウイークや夏休み、冬休みなど子供たちと遊ぶ際によく使うのであれば、断然お得です!

入園のみ

入園のみの年パスは、文字通り入退園自由というパスポートです。なので、入園+フリーパスよりは安いので、アトラクションに乗らないという人にはお勧めします。それでは一体いくらなんでしょうか?

入園
  • 大人(中学生以上) 5,000円
  • 2歳~小学生     3,000円

入園+フリーパスの料金を見てからこの値段を見ると、破格な値段に見えてしまいますね!こちらも、参考までに通常料金をまとめておきます。

入園通常料金
  • 大人(中学生以上) 1,500円
  • 2歳~小学生      800円

こちらも4回訪れれば元は取れますね。ちなみに、パーク内の散策でも全然楽しめるのでもしかしたら月一回以上いけるかもしれませんね。

でも、入園だけで何か見るものあるの?と思っているそこのあなた、入園だけで楽しめる要素をまとめたので、見てみてください!

入園だけでも楽しめるひらかたパーク
ひらかたパークは一年を通してイベントや、アトラクション以外の施設で楽しむことができます。

例えば、ひらかたパークには約600種4,000株のバラから成る「ローズガーデン」や、動物たちと触れ合えるコーナーがあったり、入園料だけで楽しめるんです。

小さい子供たちは、戦隊もののヒーローショーやプリキュアのショーなどもやっています。中学生以上になると、脱出ゲームや各種コラボで開催される催し物にも参加して楽しむのもいいですね。

冬になるとイルミネーションが始まり、イルミネーションを見るために入場して楽しむってこともできます。

つまり、アトラクションに乗らなくても、ひらかたパークには楽しめる要素がたくさんあるのです!

 

ひらかたパークの年間パスポートの特典は?

ひらかたパークの年間パスポートを買うと、2つの特典が付いてきます。その特典とは以下にまとめたので、参考にしてください!

年間パスポートの特典
  • プール・ウィンターカーニバル入場割引クーポン:6枚
  • 入園割引クーポン:4枚

この2つのクーポン券をもらうことができます。年パス買っているのに入園割引クーポン?って思っている人もいますよね。

このクーポンは、年パスを持っている人と一緒に遊ぶ友達や、家族の人たちの入園料を割引するためのクーポンです。

ちなみに、値引きされる金額は以下のようになっています。

値引き金額
  • プール・ウィンターカーニバル入場割引クーポン

大人:200円 子供:100円

※1枚で1人分の料金が割引されます

  • 入園割引クーポン

入園料が20%割引

※1枚で5名まで有効です

入園割引クーポンは1枚で5人まで有効なのはありがたいですね。友達とたまに遊びに行くときは、とても有効なクーポンです。

ちなみに、特典のうちの一つ「プール・ウィンターカーニバル」では何をやっているかみなさんご存じですか?これは、夏と冬にそれぞれ楽しむことのできる施設なので、紹介していきたいと思います。

ひらかたパークのプール

ひらかたパークのプールは、4種類のプールと4つのウォータースライダーがあり、プールの水深は0cm~120cmと、子供から大人まで楽しむことができます。しかし、親としては他の大人もいる中、小さな子供を連れてプールには行きたくないですよね。

ですが、心配はご無用です。ひらかたパークのプールには、小さい子供だけが遊べるプールが大人たちの入るプールとは別に作られています。水深も50㎝と目を離さなければ安全な深さです。

また、ひらかたパークにはウォータースライダーも4つ用意されています。そのうち「ハリケーンスライダー」と「キディースライダー」は無料で楽しむことができ、毎年大人気のアトラクションです。

無料のウォータースライダーは、コチラ!

【ハリケーンスライダー】

ハリケーンスライダーは大人から子供まで楽しむことのできる、ウォータースライダーです。無料で使えるウォータースライダーということもあって、毎年盛況の様です。

全長は85メートルで、2つのコースがあるので是非2つのコースを共に楽しんできてください!

※2歳以上5歳以下の利用者は、中学生以上の同伴者が必要です。

【キディースライダー】

全長10.8m お子さま向け

引用元:ひらかたパーク公式HP

キディースライダーは、小さな子供たちのために作られたウォータースライダーです。全長は10.6メートルでそこまで長くないので、親の皆さんも近くから滑る様子を見ることができます。

このスライダーの特徴は、スライダーのコースがデコボコしているので滑っている子供たちが体を跳ね飛ばして楽しむことができることです。

小学6年生以下しか使えないので、大きい体に押しつぶされるという心配もあまりないので、是非遊んでみてください!

有料のウォータースライダーはコチラ!
【キャニオンライド】

全長185m

引用元:ひらかたパーク公式HP

キャニオンライドは、有料のウォータースライダーです。一回300円の料金が発生します。このウォータースライダーは渓谷をイメージして造られており、二人乗りのゴムボートに乗って滑ることができます。

全長は185メートルとなっており、左右に激しく振られながら滑っていくので、通常の無料ウォータースライダーより楽しいです!

120cm未満の方や、1人で体重80kg以上もしくは2人の合計体重が140kgを超すと乗れないという条件もあるので気を付けて下さい。

【クライングチューブ】

全長212m

引用元:ひらかたパーク公式HP

こちらも有料ウォータースライダーで、1回の料金が300円です。2人もしくは1人のゴムボートに乗って楽しむタイプのウォータースライダーになっています。

クライングチューブの一番の特徴は、ひらかたパークで一番長いウォータースライダー、そして滑らかに高速で滑りゆくウォータースライダーだということです。

全長は212メートルと普通の無料ウォータースライダーの2倍以上の距離です。

120cm未満の方や、1人で体重80kg以上もしくは2人の合計体重が140kgを超すと乗れないという条件もあるので気を付けて下さい。

ひらかたパークのプルを使うには、入園料と別にプール入場料が必要となってきます。詳しい料金は下にまとめておいたので確認してみてください。

プール入場料
  • 入園&プール入場料  大人:2,300円 子供:1,300円
  • プール入場料     大人:900円  子供:500円

※フリーパス券とは別で料金が発生します。

※子供は2歳~小学生です。

夏限定、そして年パスを買うと料金が安くなるので、ぜひ遊んでみてください!

ウィンターカーニバル

ウィンターカーニバルとは、ひらかたパークで冬季限定で営業しているスケート場です。スケートリンクは全部で3つありそれぞれ「メインリンク」「サブリンク」「ベビーリンク」となっています。

【メインリンク】

メインリンクはスケートをガッツリ楽しみたい人にお勧めする、大きいリンクです。背景に遊園地もあり、気持ちよく滑ることができます。

【サブリンク】

サブリンクは、初心者や小学生など小さい子供が使うのに便利なリンクになっています。手すりも90cmの高さに作られており、初心者の練習にはもってこいのスケートリンクです。

【ベビーリンク】

ベビーリンクは、未就学児のお子さんが楽しむために作られたスケートリンクです。両親と手をつなぎながら滑ることができる高さに、手すりも用意されているので安心して滑ることができます。まだ、大きいリンクで滑らせるのは心配と思っている方にはお勧めのスケートリンクです。

スケートに必要な備品も貸し出ししているので、初心者で道具を持っていない方でも十分楽しむことができます。

こちらも年パスの割引対象になっていますので、年パス購入者は是非遊びに行ってみてください!

ひらかたパークの年間パスポートの購入方法は?

ひらかたパークの年パスの買い方は2種類あります。一つはひらかたパークの中で直接買う方法、もう一つはオンラインで登録を済ませて、ひらかたパークでパスポートを発券してもらう方法です。パークで買うにはチケット窓口に行くと発券してもらえます。

今回はオンラインで登録を済ませてから買う方法を紹介します。まずは、オンラインで登録することでどんなメリットがあるのか?をお伝えします。

オンラインで登録をすると、パークに行ってから申込書類を書かずに写真撮影とお支払いのみでスムーズに年パスを発券することができます。

友人
窓口で申込書を書く時間がもったいなかったのよね~
ハル
年パスを買う前日の夜にでも登録を済ませておくとスムーズに終わって便利よ

オンラインで登録を済ませるには以下の手順道理に行ってください。

  1. ひらかたパークHPで年間パスポート仮登録の画面を開く
  2. 必要事項の入力
  3. 届いたメールを確認して、プリントアウトする

この3つの作業を事前にやっておけば、当日はプリントアウトした紙を持っていくだけで年パスを買うことができます。

時間を無駄に使わないようにするために、ぜひオンラインでの登録をしていって下さいね。


スポンサードリンク

ひらかたパークの年パスを有効期限内に更新!さらにお得!

ひらかたパークでは、年パスの有効期限内に更新をするとある特典が付いてきます。それは、年パスの割引特典です。

有効期限内で更新をすると、「入園+フリーパス」が1,000円割引、「入園」パスポートが500円引きになります。ということで、期限内に更新すると以下のような値段に変わります。

年パス期限内更新料金

入園+フリーパス

  • 大人(中学生以上) 16,000円
  • 小学生       13,000円
  • 2歳~未就学児    8,000円

入園

  • 大人(中学生以上) 4,500円
  • 2歳~小学生     2,500円

これにプラスアルファーで通常の年パスの特典も付いてきます。毎年ひらかたパークで楽しむ予定のある人は、期限内の更新をすることで安く年パスを買うことができるので、参考にしてみてください!


スポンサードリンク

まとめ

  • 年パスは2種類ある
  • 年パスの購入特典はプール・ウィンターカーニバル入場割引クーポンと入園割引クーポン
  • 年パスの特典は、年パスを持っていない一緒に遊ぶ友達や家族にも使える
  • オンラインで事前登録を済ませておくとスムーズに年パスを買える
  • 期限内に年パスを更新するとさらにお得

年パスは一回に高額な金額を払って気が引けますが、複数回ひらかたパークの場合は4回行けば元が取れるくらいの値段です。

ひらかたパークは大阪の市内付近にあって、アクセスは最高に良いです。何度も訪れるにも便利な理知条件ですので、是非年パスを購入して遊びに行ってみてください!

クーポン割引の裏技をこっそり伝授!

私は5人家族なので、動物園や水族館、どこに行くのも入場料がネックなんです。また、3歳の子供がいますが、入園料が必要になってくることが多くなって来るんですよね。

年齢をごまかしたいという悪魔のささやきが。。。

でも子供も見ているし、それはダメですよね。

なんとか安く購入したい。そこで私が考えたのは割引クーポンです。

私が実際に使っているのはこれです。

『みんなの優待』

みんなの優待とは、全国130万件以上の割引サービスを使いたい放題で利用できる会員割引サービスです。

登録して会員になったら3ヶ月目無料で、4ヶ月目から月々490円かかってきます。

でも、私はあえて有料を選びました。無料クーポンがたくさんある中、

なぜ有料を選んだかというと、

  • 入場料だけではなく、ご飯や映画といろんな割引特典が受けられる
  • 割引の種類が多い。割引率が高い(MAX70%)

 

例  八景島シーパラダイス(ワンデーパス)

   5,050円→4,000円

さすがに有料だけあって色々な割引があります。実は使えば使うほどお得なんです。

すぐに元は取れますし、3か月はタダ(無料)なんで気軽に使えます!!

実は「みんなの優待」は、大手企業や公務員組合が利用する福利厚生サービス・ベネフィット・ステーションと提携しているから安いんです

つまり、今までは大手企業や公務員として働いている人しか使えなかった福利厚生を、個人で利用できるということなんですよね!

そしてもう一つ、『みんなの優待』のいいところは、

今なら3ヶ月の無料期間があって、夏まで無料で使えるんです!さらにいつでも解約できるということです。

嫌ならすぐにやめることができるし、もちろん継続もできますので安心して登録できますね。

みんなの優待の登録方法(3つの流れ)

  1. 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力します。(3分でできます)
  2.   
  3. 登録したメールアドレスに仮登録完了のメールが送られてきます。
  4. メールアドレスに通知がきたら本登録完了。ログインしてすぐに割引サービスが受けることができます。

 

 

有料は抵抗あるなー、どうしてもいつでも無料がいいという人はこちら↓

じゃらんで入場料を安くするクーポンをゲット!

すぐに無料登録(5分もかからない)できて簡単にスマホで予約できます。

有料でも無料でもどこでもいいので、クーポンは絶対にゲットしていってくださいね。

その割引の浮いたお金で子供に

お土産を買ってあげることもできるし、

家族みんなでジュースだって飲めます。

クーポンゲットでお得に節約してくださいね。

子供と泊まる宿泊先はもう決まってる??

動物園や水族館に近い宿泊場所を確保しておくと子供がぐずってもすぐに戻ることができます!また、子供のテンションもマックス状態で入場することができるので最初にいい写真が取れるんですよね。

どうしても、動物園や水族館まで行くのに時間がかかると、子供も文句いったりと色々着くまえにイライラしてしまったりして楽しさ半減なんですよねー。せっかく楽しいはずのお出かけが台無しになることもあります。

私の場合は、初日にたっぷり遊んで温泉宿に泊まるのが定番です。子供も一緒にクタクタになるまで遊んで、そのまま宿で温泉に入るっていうのが最高ですね。

宿を予約すれば遊んだ後の夜ご飯の心配もしなくていいし、お店で並ばなくてもいいんです。また、朝も朝食付きにしておけば、いつもと違って子供はたくさんご飯を食べてくれるし、私も大満足です。

たまの贅沢も子供との思い出を考えればありかなと思います。子供は小さい時しか一緒にお出かけにいってくれませんから、今のうちにいっぱい思い出を作っておきたいですしね。

そんな子供の笑顔が見たい私がいつも愛用している予約サイトは「じゃらん」です。

とにかく口コミが読みやすいです。大体のホテルや宿はじゃらんで予約することができますし、価格帯も細かく選ぶことができます。口コミの信用性もありますし、じゃらんポイントも貯まるので次の宿泊にも使うことができます。

じゃらんをおすすめする一番の理由は、何と言っても、

  • お風呂が良かったランキング
  • 接客ランキング

など自分に合った目的で選べることがいいですね。

実は元ホテルマンの私もかなり活用しています。

最後に元ホテルマンとして、こっそりといいこと教えます。最近はじゃらんより宿の公式サイトの方が安い場合があります。意外にみなさん知りません。なので、公式サイトの価格を確認して、値段が同じなら、「じゃらん」をおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です