札幌のサファリパーク?この動物園のエサやり体験がヤバイ!

最近は動物園と言っても展示にさまざまな工夫があり、斬新なものが多くなったと思いませんか?

一つの種類に特化していたり、展示している動物が食べられたり!動物の生態や能力を観察できる行動展示は最近注目されてますね!

今回紹介するノースサファリサッポロは園内の柵が低く、動物たちとの距離がものすごーーく近い!ふれあいがメインの動物園です。

一言でいうならば園内を歩いて回るサファリパークといった感じ。どうですか?興味が出てきたのでは?では早速紹介していきます!!


スポンサードリンク

ノースサファリサッポロのふれあいはヤバすぎる!

ノースサファリサッポロのすごい所はなんといっても普通はふれあえない動物ともふれあえるところです!!

普通は見て終わりのところをここでは小動物、鳥から珍獣まで70種類以上の動物とふれあえたり、エサをあげたりできるんですよ♪とってもお得感がありますね★

でも危険な動物ともふれあえるためにノースサファリサッポロは危険な動物園と言われるようになりました。というか自らもそう言っています。

行ったことがある方はわかると思いますが、入り口に入るとすぐに「当園は普通の動物園ではありません、危険です。」の看板が!園内にも「ケガや物損は自己責任」の看板がしつこいくらいあります!

怖いですね~…

行くときは子供から目を離さず、注意書きや飼育員さんのいうことをきちんと守りましょうね!そうすれば他では絶対できない体験を楽しめますよ★

では他では絶対できないノースサファリサッポロならではのヤバイエサやり体験をご紹介します!!

ヤバイ度50%!かみつき注意?!モモイロペリカンにお魚をあげよう!

「ペリカン?どこがヤバイの??」と思った方!ちょっと待って!

モモイロペリカンって結構大きいんです!オスだと体長1.7m、羽根を広げたら3m!フットサルのゴールの前に立たせたら守護神と呼ばれちゃう、そのくらいのサイズですよ!?

くちばしもアヒルとかと比べると結構鋭いし…。

しかもエサをあげる時、間に柵はありません

そう考えるとさらに怖くなりませんか??ただでさえ鳥とのふれあいって哺乳類より敷居が高いのに…。(個人の感想です)

けがは看板通り自己責任だし、もし噛まれたら…とか思うと私は躊躇しちゃいます。SNSを見てもペリカンに服とか腕とか頭とか噛まれてる写真が山ほどでてきます…。

でもよく考えると相手に幾度となくけがを負わせてるならふれあいはさせないですよね。もしかしたらペリカン自身が加減がわかっているのかもしれません!もしかしたらすごくかしこい??

でも念のため小さい子は長袖推奨です(笑)

余談になりますが、モモイロペリカンは実際見ると真っ白なんです。英語でもホワイトペリカンと言う名前がついています。

ん???ですよね?

なんでモモイロって名前なのか…それはモモイロペリカンが繁殖期の間だけオレンジがかったピンクになるからなんだそうです!その短い時期しか見られない美しさに風情を見出すところが日本人らしいですよね。

最初こそ怖いもののそんなモモイロペリカンを近くで見られると思ったらチャレンジの価値ありではないでしょうか!

ペリカンエサやり体験

参加料金  1回:300円

開催場所  ノースサファリ

※動物の体調により中止になる場合があります。

ヤバイ度75%!!デンジャラスの森でシャムワニにお肉をあげよう!

デンジャラスの森ではなんとワニにエサをあげる体験ができます!エサをあげるワニはシャムワニと言って小型に分類されているワニです。

さて、今みなさんの頭には抱っこできるサイズの小さなワニさんが浮かんでいるのではないでしょうか?

残念ながらそれは小型のワニじゃなくて赤ちゃんのワニです。小型のワニと言ってもあくまでもワニ。デンジャラスの森のシャムワニは体長が約3mもあるんです!

もうほぼ軽自動車。全然小型じゃありませんよね…。

エサやりの方法は泳いでいるワニを見下ろせる場所からエサ付きの紐をたらしてます。まる魚釣りみたいですが、そんな生易しいものではありません。水から身を乗り出して肉に襲いかかる様は迫力満点です!

引っ張られて持っていかれそうになる人多数!落ちないようにくれぐれも気を付けてください!

油断禁物です!落ちてもすべて自己責任…。これは疑う余地なくヤバイ体験ですね!!

巨大ワニにエサやり体験

参加料金  1回:1000円   ※1名様限定

開催場所  デンジャラスの森

※動物の体調により中止になる場合があります。

ヤバイ度MAX!!!他では絶対できないベンガルトラデンジャラスフィーディング!!

デンジャラスの森ではさらにベンガルトラにエサをあげる体験ができます!テレビの動物番組のように長めの棒にエサをつけて檻の中にいるトラに差し出す、それを自分がやると考えただけでドキドキしますよね!

でもここではそんなもんじゃないんです!まずベンガルトラの檻の中に入ります

はいっ??って声が聞こえてきそうですが、読み間違いではないです。檻に入りますもちろんトラは鎖で繋がれていますし、飼育員さんも一緒にきてくれます!

そのくらいで安心できるわけないじゃん!って思ってる方ごめんなさい。

さらに追い討ちをかけますが、エサは長い棒じゃなくてトングであげます。そう、あのトングです。

トラの口から手までその距離20cm…。ハラハラドキドキなんてもんじゃありません。バックンバックンです!!自己責任…入口のその言葉がさらに恐怖倍増させますね。

今まで事故はないようですが、自分の足元に落としてしまったエサにトラが前足を伸ばしてきてビックリ!はあったみたいです。

ここまでくるとおすすめです!とはいえませんが、勇気のある方チャレンジしてみてください!きっと帰ってからもトング見る度ゾクッとしちゃいますよ(笑)

ベンガルトラデンジャラスフィーデング

参加料金  1回:1000円   ※時間・数量限定

開催日時  不定期     ※当日受付にて確認してください

開催場所  デンジャラスの森 

番外編!近さがヤバイ!キリンと一緒に朝ごはんを食べよう

開園前の混雑してない時間にキリンにふれあえる、と言ったら行ってみたいと思いませんか?

開園前にそんなことできるわけない?いえいえ、実はできるんです!

その名もキリンと朝食!!ネーミング通り、開園前にキリンと一緒に朝ごはんが食べられるんです!キリン用のにんじんやリンゴも貰えます。すぐ近くまでキリンのふくちゃんが来てくれて思う存分ふれあえます!

朝食に出てくるカップもキリンの形で動物園の雰囲気を目一杯味わうことができちゃいますよ★これは朝から連写連写でスマホの充電がもつか心配になっちゃいますね~!

基本エサやりは動物の体調もあるので事前予約ができません。当日の先着順です。だから動物のエサやりを予約できるのはキリンと朝食だけなんです。

口コミではふくちゃんがすごい近い!自分のごはん食べるのを忘れちゃう!なんて嬉しい悲鳴がでています。混雑が予想される日は利用しない手はないですよ! 

キリンと朝食

参加料金  大人:7,200円  小人(3歳~小学生):6,200円

開催時間  夏休み期間と土日祝:8:30 ~ 9:30  平日:9:00 ~ 10:00

所要時間  1時間程度


スポンサードリンク

かわいいさがヤバイ!申込不要!お手軽100円エサやり体験

ノースサファリサッポロには上で紹介したような申込が必要なエサやり体験のほかに、園内のいろんな場所で動物のエサを販売しています。さすが体験型と謳っているだけありますね~♪

でも以前読んだ口コミでふれあえる動物が思ったより少なかった!ふれあいたい動物がいなかった!という声がありました。それはやはり体調や時間などで動物の数は増減はしてしまうからのよう…。

相手も生き物なのでそこは大目に見て、次回行く楽しみにとっておきましょう☆

では手軽にエサやり体験ができる動物たちを少し紹介していきます!

北海道に来たからにはキツネとふれあおう!

ノースサファリサッポロのデンジャラスの森には3種類のキツネがいます!

  • キツネと言ったらこのカラー。シュッとしたイケメン、キタキツネの海君
  • 野生感が半端ない。でも銀色の毛が美しい、ギンギツネのあずきちゃん
  • なぜか日本犬の雰囲気がを醸し出し笑いを誘う、ホワイトフォックスのハクくん

この子たちを見ただけで北海道に来たな!って満足感がありますよ☆

でも噛むのでサは投げてくださいという注意書きがあります。ふれあいたいのは山々ですがきちんと守りましょうね♪

エサを食べてる姿にもうキュンキュンしまくり!

しかも食べ終わったら食べ終わったで可愛い顔でおねだりされるので、結局触れようが触れまいがしばらくそこから動けなくなっちゃいます(笑)

そして子供に何度もエサ買いに行かされます。多めの小銭のご用意を…。

それでもやっぱり抱っこしたい!そんな人は100円ではありませんが赤ちゃんキツネの抱っこが出来るプレミアム体験があるそうなので、飼育員さんに問い合わせてみてください☆

赤ちゃんキツネ抱っこ体験

参加料金  1回:300円

開催場所  デンジャラスの森

※動物の体調により中止になる場合があります。

隠れたアイドル!?ノースサファリサッポロのセンターはAHR48!(笑)

ノースサファリのほぼ中心にさしかかると道を陣取っている白い集団がいます。

AHR…そうアヒルです。

通ろうとしてもそう易々とよけてはくれませんが、エサ入りのガチャガチャを回した瞬間、ものすごい勢いで集まってきます!それはもう奈良公園のシカのように!(笑)

さっきまでのふてぶてしさは嘘のように、可愛くおしりフリフリしながら来てくれますよ!私ってもしかして鳥好き?なんて気づきがありました!(笑)

ノースサファリの隠れたアイドルです★

顔からは想像できないほどがめつい!でもなぜか憎めないコツメカワウソ!

この子たちは別の意味でヤバイ。本当におすすめです!

おなかが減っているとガラス付近でウロウロクネクネしながらエサを請求してきます!その必死さが何とも言えません!

コツメカワウソアレルギーを発症しないかぎりは何度行ってもエサあげちゃうんだろうな~(笑)

エサはガラスに開いた小さな穴からあげます。ガラス越しでのふれあいになりますが、エサを持って手を差し出すと穴から小さい小さい手を出して持っていきます。手はプニプニかつしっとりしています!

おなかいっぱいならこっちを見向きもしませんが、それでもどこか憎めない可愛いヤツらです☆


スポンサードリンク

他にもこんなワクワクが!何度行っても楽める!!

ノースサファリサッポロでは日替り月替りでいろんなイベントや体験企画があります!エサやり体験はもちろん、その他にもユニークなイベントが目白押しで何度行っても楽しめますよ★

飼育員さんたちの努力に感謝ですね~!一例として2つ紹介したいと思います♪

あたらしい仲間と仲良くなろう!アメリカバクの「バクバクドリーム」

5月はバクバクドリームが開催されています!

新しく仲間に加わったアメリカバクにエサをあげられる企画なんですが、まるで歓迎会のようですね!素敵です♪

おやつに自分の将来の夢を書いてバクに食べてもらうという内容なんですが

あれ?バクと獏をかけてるの??しかも獏が食べるのは将来の夢じゃなく悪夢なはず……

なんて細かいことは、まぁいいじゃないですか!!新しい仲間の歓迎会です☆

もはや定番?「大蛇の首巻」

みなさんヘビに触ったことありますか?

ぬるぬるするのかなーって思ってるかもしれませんが、実はツルツルなんです!そんな体験もノースサファリサッポロでは出来ちゃいます。ふれあい珍獣コーナーでやっている大蛇の首巻体験です!

大人気の企画でここではもう定番なんだとか!SNSにもほんとたくさんの写真がアップされています!みなさん勇気ありますね~!!

ふれあうのはビルマニシキヘビと言ってとっても長い!でもとってもきれいな淡い黄色のヘビです。正確な体長はちょっとわからないのですが、一般的なビルマニシキヘビは3.8mもあるそうですよ!!

いざ目の前にすると少しというかかなり怖い!恐怖です!!

でもそれを乗り越えて触ってみると今度はびっくり!ツルツルの質感もそうですがさらにあったかい!!考えたら当たり前のことなんですが、温かさにびっくりする人も多いようですね~。

あー生きてるんだなぁ…って命を肌で感じられるとってもいい体験です。記憶にもしっかり刻まれると思いますのでぜひ子供たちと一緒にふれあって下さい★

まとめ

  • ノースサファリサッポロは他ではありえない動物にエサやり体験ができる!
  • エサやり体験ができる動物の数は70種類以上で楽しすぎる!
  • ユニークなイベント企画で何度行っても楽しめる!

普通はできない体験が出来るって本当に思い出になります!

昔私が子供のころに行った動物園はツキノワグマを上から見下ろせるところがありました。父と一緒にアイスを食べながら見ていましたが私は持っていたアイスを落としてしまったんですね。

そしたらなんと!真下にいたクマが口でキャッチしたんですよ!(わざとやったら絶対ダメですよ!)

私はびっくりしたし、アイスがなくなって悲しかったけど、周りの人はすごーい!と拍手していました。そのころの他の記憶はあまりないのですがそれだけは今でも鮮明に覚えています

そんな記憶に残る思い出を子供にも作ってあげたいですね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA