北海道のサファリパークは2つ?体験 ふれあい移動動物園も!

北海道にはサファリパークと呼ばれるものが2つあります。

1つ目はサホロリゾートベアマウンテンで2つ目はノースサファリサッポロです。

ノースサファリサッポロの記事はこちらから♪

サホロリゾートベアマウンテンはヒグマオンリーのサファリパークで、ノースサファリサッポロは体験型ふれあい動物園です。

どちらもそれぞれに魅力がたくさんあります。その魅力を紹介します♪


スポンサードリンク

エゾヒグマだけのサファリパーク!?サホロリゾートベアマウンテン☆

サホロリゾートにある、エゾヒグマだけのサファリパークがベアマウンテンです。本当にヒグマしかいません。

だけど、楽しめちゃうのがこのサファリパークの魅力☆だって、東京ドーム3.2個分という広い敷地に、11頭のエゾヒグマが放し飼いなんです♪

のびのび暮らしているクマの宝探しのようではないですか?クマ牧場とはちょっと違った、放し飼いならではの自然で穏やかな可愛いクマが見られて大人も子供も楽しめます。

遠くにそびえる大雪山系の雄大な風景に小鳥のさえずりや吹き抜ける風などサホロの美しい自然も味わえます。マイナスイオンを浴びながら散策気分も楽しめますよ。

またスロープになっているので、ベビーカーでも大丈夫です。 園内は整備されているので、雨の日でも大丈夫。気軽に森のクマ達を見ることができます。

どこに行っても走り回りたくなっちゃううちの子供たち。大自然の中でクマを探し回れば大満足間違いなしです!

楽しみ方2通り

・園内を横断する高さ5mの「遊歩道コース」はお散歩しながらクマを探せます。

・より近づきたい人は「ベアウォッチングバスコース」。バスに乗って、森の中を走ります。

どちらも園内中央にある「ベアポイント」に到着し、ガラス越しにクマ達と対面することができます。

まずは、遊歩道コースから紹介しますね♪

お散歩しながらのんびり観れる!子供も大人もリフレッシュ!遊歩道コース☆

広大な敷地内を横断するように高台の遊歩道コース(歩道橋)が整備され、のんびりと暮らす愛らしいヒグマの姿を上から見つけることができます。

チケット売場からベアポイントまで徒歩15〜20分くらいです。クマを探しながら歩けばあっという間かも。子供たちは興奮して走りながら探しそうです(笑)

この広大なスペースの中でエゾヒグマを見つけることができるの?と思いますが大丈夫です!

施設内に貼りだしてあるQRコードを読み取ることで、スマホやタブレットにエゾヒグマの現在位置がわかる地図が表示されます。

森の中に隠れているエゾヒグマを探してみてください。スマホで探すなんて、まさに宝探しみたいで楽しそうですね♪

ピンポイントで停まってくれる!素晴らしい飼育員の連携プレイ♪ベアウォッチングバスコース☆

次にベアウォッチングバスに乗る方法です。バスは20分間隔で運行されていて森の中を40~50分かけて走ります。

エゾヒグマを見つけるとそこで止まってくれますので、間近で見ることができます。遊歩道もそれはそれで楽しいのですが、上から下にいるクマを探して観察するので遠くからの観察になります。

このバスなら間近で見ることができるので、より細部まで観察できます。運がよければクマのケンカを見ることができるかもしれませんのでクマの雄叫びを聞いたら、大興奮してしまいますね。

この広大な森の中でいったいクマが何をしているのか。自然が豊かな場所なので、クマが水浴びしていたり、お昼寝しているかも。ほっこりしますね。

敷地の中をジープに乗った飼育員が回っていて、エゾヒグマの居場所を確認してうまく誘導してくれます。

エゾヒグマはそれぞれのテリトリーがあって自分の位置がだいたい決まっています。それぞれの性格と行動パターンを知らないと、誘導することはできません。

飼育員さんは全部把握しているんです〜。すごい!

単にお客さんに見せるために誘導するだけでなく、お互いがケンカしないように離す必要もあります。通常3台のジープで、トランシーバーで情報を共有しながら誘導しています。

バスに乗って運転士さんの面白い説明を聞きながら、家族みんなが同じクマに注目して話しながら森の中を走るのも楽しそうですね。

どちらのコースでも観れちゃいます♪ここが一番の見どころ!ベア・ポイント☆

遊歩道を歩いても、ベアウォッチングバスに乗ってもたどり着くのがベア・ポイントです。なので、行きはバス帰りは遊歩道で帰るのがおすすめです。

バスは出ている時間が決まっているので先の方が良いと思います。帰りはバスの風景を思い出しながらゆっくり帰ってはどうでしょう。

その前に、ベア・ポイントを見ていってくださいね。ベア・ポイントはガラス張りになっていて、ガラス越しにエゾヒグマと対面で距離はなんと4cmです!

飼育員さんがエサなどを与え、クマを呼び寄せてくれるので、迫力を目の前で体験できます。

目の前で立ち上がられたら、その大きさにちょっと後ずさりしちゃいますよね。

大きな顔、つぶらな瞳、内股で歩く姿など、じっくりと観察できます。子どもたちにとっては、特に陸上最大のクマは間近に見るとこわいくらい。

でも、意外に目がかわいらしいんだとか肉球をはじめて見たよ!などと大興奮しますね!

ベアポイントではこの他にも、冬眠する洞穴の観察やエゾヒグマの資料館などがあります。とてもわかりやすいですよ。

熊出没のニュースなどで、恐いというイメージのエゾヒグマ。

こういった施設できちんと管理されている彼らを見ると、意外とかわいらしいことに気づかされます。

なかなか貴重な体験となるはずなので、いちど訪れてみてはいかがでしょうか。

基本料金
入場券
大人 1,836円
子供 1,080円

バス付き入場券
大人 2,916円 
子供 2,160円

子供 4歳〜小学生 3歳以下無料

サホロリゾートの宿泊プランにチケット付きのものがあるので、それを利用するとお得です。

JAF割引も割引額が大きいのでお勧めです。ランチパック、サホロで遊ぼうパックなどあり

詳しくはこちらで確認してくださいね♪


スポンサードリンク

園内を歩いて回るサファリパーク!ノースサファリサッポロ☆

札幌市から南に位置する場所にあり、定山渓温泉の手前にあります。

定山渓温泉に宿泊するなら断然おすすめの動物園です!

札幌駅から地下鉄(南北線)で終点の真駒内駅まで行くと定山渓行きのバスに乗り、豊滝小学校前で下車すると迎えに来てくれます。

雨の後だったりするとなかなかのぬかるみになってますので、汚れてもいい靴を履いて行くことをおすすめします。

他の動物園では、お金を払っても出来ない貴重な体験も多いです。

動物によっては危険なのだと、子供に教える良い施設だと思います。とくに危険を子供に教えるのってなかなか難しいと思いませんか?

目で見て安全を確認した上で触ってみてなぜ危険なのか教えられるのは、素晴らしい学びだと思います。

なんだってふれあえちゃう!?ふれあえる動物☆

右を見ても左を見てもすぐそこに動物がいるので、180°楽しめます。小さい子供でも歩いて回れるのがいいですね★

子供たちがそれぞれ好きなところに行ってしまっても、広くないのですぐ居場所を把握できるのは助かります。

大人は疲れたら座って子供たちのしていることを見ているのもいいですし、一緒になって園内を歩き回っても楽しいですね。

ふれあえる動物一例
ウサギ モルモット ハリネズミ アヒル ヤギ モモイロペリカン

ペンギン アザラシ カンガルー リスザル キリン など。まだまだいます(笑)

爬虫類だって触れます♪

ペンギンやアザラシ、キリンまで触れるんですよ!すごいですよね?

普通の動物園だったら遠くから見るだけの動物に触り放題♪さらにここでは、エサをあげることもできますよ♪

詳しくはこちらから♪

フクロウやタカを間近で観察!腕のせもできちゃう体験型動物園☆

さらに、ここでは約20種類のフクロウ・タカ(猛禽類)を間近で観察することができます。

柵も無く手を伸ばせば届く距離で猛禽類を観察できる機会はなかなかありません。その姿の美しさ、力強さをぜひとも感じてください!

予約をすれば、フクロウやタカを腕に乗せる体験ができます。とても良い体験になりますよ。

子供たちがどのようにしてフクロウやタカが木に止まっているのか、自分の腕で確かめることができますからね。

もっと怖いこともしてみたい!という人には、デンジャラスゾーンというエリアもあります。

興味のある方は、こちらをどうぞ。

ノースサファリサッポロのもう一つの魅力♪アドベンチャー☆

「ノースサファリサッポロ」の魅力は、動物園だけではありません。

夏にぴったりのアクティビティーが揃った「ノースサファリアドベンチャー」もオススメです。

中でも、森の中を水陸両用車に乗って冒険に出る「水陸両用車ジャングルツアー」は迫力も満点!

有料ですが沢に入ったり急な坂道を登ったり下ったり「キャー★」っといいながら楽しめます。これはお勧めです♪水陸両用車に乗る機会もないので子供と体験してみたいですね☆

他にも無料でスケボーができたりクラフトコーナーで手作りしたり、トランポリンもできます。

アドベンチャーについては、こちらで詳しく書いています。


スポンサードリンク

ノースサファリサッポロがそのままあなたの町へ!移動動物園☆

ノースサファリサッポロの体験をそのままに、動物とのふれあいや、各種体験(エサやり・大蛇の首巻・フクロウ、タカノ腕乗せ・鷹匠等)、バードショーなどの移動動物園もやっています。

まさに、ノースサファリをそのまま体験できる移動動物園です。規模によりますが、実にたくさんの動物がいます。

移動動物園 動物リスト
ライオン トラ ツキノワグマ サル カピバラ アザラシ   ペリカン うさぎ ヒツジ モルモット フクロウ ヘビ ヒヨコ 爬虫類 ペンギン 犬まで!

ちなみに、移動動物園一番の人気はなんと、ヒヨコです。子供に人気のようです。ふわふわしていて、ピヨピヨ鳴いていて、かわいいですものね。ついつい追いかけちゃいます。

会場によっては、フクロウ・タカを腕に乗せられたり、ポニーの引き馬体験などもできるみたいです。

また、動物にちなんだクイズ大会や、動物教室、お絵かき大会など楽しいイベントもやるみたいです。

普段、動物園でしか見られない動物たちを間近で見てふれあえることは子どもたちにとって貴重な体験です。

動物の不思議、動物の生態を学びながら、かわいい動物と遊べるので子供も大人も楽しいですよ。

商業施設などに来てくれるので、動物と触れ合う機会が持てます。

ただ、北海道内が多いので、もし来たら行ってみてください。ほかの移動動物園とは違った体験ができますよ!

でも、東京都や茨城県、青森県、宮城県、長野県にも来ているのにはびっくりしました!

まとめ

  • ヒグマの魅力満載のサホロリゾートベアマウンテン。ヒグマだけなのに楽しめます。
  • 移動動物園まである、ノースサファリサッポロ。

サホロ森の自然を感じながら、ヒグマだけを見てお散歩すれば気分サイコーですよ!

また、ノースサファリサッポロは一日中いても飽きないのでお弁当を持って行ってもいいのではないでしょうか。

アドベンチャーは特に男の子を連れていきたいですね。貴重な体験ができそうです。ぜひ、出かけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA