海遊館の人気者カワウソに会いに行こう!お土産はポーチ!?

我が家で、どこかに出かけようという話になると、『水族館に行きたい!』と真っ先に出てくるのが水族館。子供はもちろん大人も楽しめるし、優雅に泳いでいる魚や生き物を見るとなんだか癒されちゃいますよね。

数ある水族館の中でも、日本を代表する『海遊館』は世界最大級の規模を誇る超大型水族館です。太平洋をコンセプトとした14もの巨大な水槽があり、多種多様な生物をエリアごとに楽しむことができます。そのエリアの中の一つ『日本の森』には、とってもかわいいカワウソがいるんです。

なんか見ているだけでとっても癒されるのって私だけじゃないはずです♪さらに海遊館だけにしかないカワウソのポーチも大人気だそうですよ!今回は、そんな心癒されるカワウソとおすすめのお土産、カワウソのポーチを紹介しちゃいますね☆


スポンサードリンク

海遊館のカワウソは『日本の森』エリアにいる人気者

海底トンネルのようなアクアゲートを抜けると、一番最初のエリアが『日本の森』。ここは、緑豊かな日本の森を再現し、水辺に生きる生物や魚、森の中の生態系を展示しています。

ゴイサギやオシドリなどの鳥類、川で生息しているサワガニやカワムツ、さらには国の天然記念物に指定されているオオサンショウウオも見れちゃいます!その中でも一番の人気者はカワウソ

ここで見ることができるカワウソは『コツメカワウソ』といって、カワウソの仲間の中では最も小さい種類です。とても活発で、遊ぶの大好き☆水浴びをする習性があるので、一日一回は必ず水遊びをします。

この水遊びがとても重要なんです!カワウソは水遊びをしないとストレスが溜まってしまい、それが原因で食欲不振や病気になってしまうことも。カワウソにとって水遊びは元気の源なんです!

(パパ)
カワウソの水遊びでストレスが解消できるなんて全然知らなかったよ!
サッキー
パパのストレス解消はお仕事後の晩酌だもんね♪
(パパ)
アルコールも水みたいなものだからカワウソと一緒だね(笑)

お食事タイム&スポットガイド

元気に遊んでいる様子を見ているのも癒されますが、海遊館では生き物たちがご飯を食べている姿を見ることもできちゃうんです。それが、『お食事タイム&スポットガイド』です☆

カワウソのお食事タイムは1日3回あります。夕方のお食事タイムには、生き物たちの不思議な生態を紹介てくれるスポットガイドがついてるんです。カワウソのお食事に合わせて、専門のガイドや飼育員が詳しく解説してくれます。

見ているだけではわからないこと、今まで気づかなかったことなど、生き物たちの不思議について学ぶことができます。カワウソのお食事タイムの時間はコチラになります。ちなみにカワウソは海遊館7階、日本の森にいますよ♪

カワウソのお食事タイム
  • 11時30分~
  • 13時40分~
  • 16時~
物知り博士
ちなみにカワウソ専門のガイドが解説してくれるスポットガイドは16時のお食事タイムのみなんじゃ。詳しく聞きたければ16時に見学するのがいいよ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

大人気!お土産にはリアルなカワウソのポーチ

海遊館で生き物を満喫した後はやっぱりお土産ですよね!海遊館はお土産も充実しています。売り場もとても広くて種類も豊富!どれも本当にかわいくて何を買おうか迷っちゃいます。

私の大好きなカワウソグッズはもちろんありますよ♪クリアファイルやペン、ゆるカワなカワウソがデザインされたメラミンカップなど全部欲しくなっちゃうものばかり!

そして、なんといってもおすすめは『もっちりカワウソポーチ』☆このポーチは特別バージョンなんです!何が特別かというと、海遊館が監修して作ったものなんです。専門知識を持った方々が修正に修正を重ねてできたポーチは本物そっくり!

後ろ足やしっぽの大きさや形、目の色、目の上の触角まで細かく調整しています。さらに、肉球の形や色も飼育員さんに詳しく聞いて、本物に近くなるように修正しているんです。

本物を追及してできたもっちりカワウソポーチは、少しの妥協も許さない、超リアルなハイクオリティポーチとなっています。カワウソ好きにはたまらないポーチは必見です!

このもっちりカワウソポーチは海遊館エントランスビル3階の海遊館オフィシャルショップにて販売中です。値段は2,500円(税抜)で、カワウソ好きな私はこれでお出かけのお供にできます(笑)

カワウソの近況報告はここで毎日チェック!海遊館日記

海遊館では、飼育員の皆さんが生きものたちとのエピソードや、成長を海遊館日記というブログで紹介しているんです。

カワウソのほっこりエピソードやお誕生日情報、普段見ることができないバックヤードで暮らしているカワウソの近況報告など、飼育員さんならではの情報を知ることができます。

ほかにも展示のこだわりや、飼育員さんならではの裏話などもあり、見ているだけでは分からない新しい発見が見つかるかもしれません。

私も海遊館で、大好きなカワウソを何度も見ていますが、バックヤードで暮らしているカワウソがいること、そのカワウソが原因不明の病気だということなどは、このブログをみて初めて知りとてもびっくりしました。

表舞台は誰でも見ることができますが、見ることができないバックヤードは一般の人にとっては未知の世界で、興味があると思います。そうゆう情報をブログを通して知ることができるって、すごく嬉しいですよね!

いつどんな情報がブログで紹介されるか分からないので、ぜひ毎日チェックしてみてはいかがでしょうか。私の記事を読んでみて海遊館に行ってみたい!思ったあなたには海遊館の入場チケットがちょっとお得になる情報をご紹介していますのでこちらもご覧になってくださいね♪

まとめ

  • 海遊館の『日本の森』にいるカワウソは館内でも一番人気でとってもかわいい!
  • カワウソの中でも『コツメカワウソ』は最も小さい種類で、水遊びが大好き♪
  • カワウソのお食事タイムで一生懸命食べる姿を間近で見る事が可能!
  • 海遊館お土産のカワウソポーチは飼育員が監修してつくられた本物そっくりのポーチ

私も記事を書いていて、早くもっちりカワウソポーチを手に入れたい!と思ってしまいました♪そんな魅力たっぷりの海遊館ですが、昼と夜、2つの顔があるんですよ!

夕方5時になると、昼とは違う幻想的な雰囲気に早変わり。館内BGMが変わり、海に月明かりが差し込んでいるかのような幻想的な世界になります。

その中を泳ぐ魚や生きものの様子はとても美しく、まるで海の中に迷い込んだかのようです。昼の明るく賑やかな雰囲気から一変した、夜の海遊館もぜひお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA