釧路市動物園のレッサーパンダにライオン!赤ちゃんも?in北海道

こんにちはサッキーです。
 
さて、私サッキーは最近、2歳の娘と参加した「親子ヨガ」にはまっています。親子ヨガは子どもと一緒に体を動かすのがメインで、親子で体操したりするんです。先生がこんなことをおっしゃっていました。
 
「お母さんが全力で楽しんでくだいね。子供に”いないないばぁー”する時も全力で笑わせてあげて下さい。お母さんが楽しいと子供もとっても楽しいんです。お母さんが悲しいと子供も悲しくなるんです。」
 
その言葉を聞いて「ハッ!」としました。 私は子供と全力で関わっているのか?全力の笑顔を向けているのか?よし、もっといっぱい一緒に楽しもう!!そこで子供と全力で楽しむための計画、今回は北海道の釧路市動物園について調べてみましたよ。
 
パパ、ママが全力で楽しんで、子供の笑顔を引き出すことができれば大成功です。今回はそんな視点から釧路市動物園の仲間を紹介しますね。北海道の釧路市動物園にはたくさんの動物がいます。
 
その中でもレッサーパンダとライオンについて詳しく紹介して行きたいと思います。これを読んでレッサーパンダとライオンに詳しくなっちゃって下さい。そして、全力で楽しんじゃって下さい。


スポンサードリンク

 えっ!?衝撃!!レッサーパンダって◯◯に激似!?

 
まずはレッサーパンダからです。私がレッサーパンダを初めて見た時の感想です。
 「う〜ん、このレッサーパンダどこかで会ったような。特にこの目!!つぶらな瞳はどっかでみたぞ!え!?この顔うちの息子に似てない?」
 
そうです。レッサーパンダを見た私は息子の小さい時の顔にそっくりだと思ったんです。息子が驚いてまん丸くさせた目がレッサーパンダの目に似ているんですよね。そう思ったら、全てのレッサーパンダが息子に見えてきました(笑)「ん、なんか愛着湧いてきたぞ!!」
 
しかも、しかも!そんな、息子にそっくりのレッサーパンダ、大人になってもその可愛さや愛嬌が残ったままだっていうじゃないですか。これはありがたいです。
 
だって、息子はどんどん成長してその可愛さがなくなって、パパみたいになってしまう、「そんなのいやー」って心の中でこっそり思ったり、思わなかったり…(笑)(パパごめんね)
 
そこで私、閃いちゃいましたよ。レッサーパンダを見れば息子の可愛さをそのまま思い出せる??なんてね(笑)動物って、赤ちゃんの時は可愛いけど、成長して大人になると、可愛いさとは程遠くなる動物もいますよね。ご安心下さい。レッサーパンダはそんなことないんです。
 
前述した通り、大人になっても赤ちゃんのときの愛くるしさが残ったままなんです。いつ見ても可愛い、愛くるしい、愛嬌があるって思える動物は珍しい!
 
さらに、子どもと初めて見る動物としてもハードルが低いです。小さい子供にとっては怖がることなく見ることができますよね。ぜひ、子供に会わせてみたい動物の一つです。
 
近づいても怖くない、愛嬌があって可愛い動物がレッサーパンダです。この記事書いてたら、息子に似ているレッサーパンダが、ますます可愛く見えてきたぞ!
 
「よし、子ども連れてレッサーパンダ見にいこ!行くからには思いっきり楽しんでこよ♪」あ、そうそう、1つだけ、レッサーパンダの腹黒いところは似てほしくないです(笑)
 
レッサーパンダは腹黒い!?まさかのメロメロ動画!
 
そうなんです、レッサーパンダは腹黒いんです。レッサーパンダの腹黒さは性格だと思いました?
 
実は、「腹黒い」は腹部の毛の色が黒なんです。どれだけ黒いかは実際に見て、確認してみることをおすすめします。っと言いましたが、下の動画でも確認できますよ。飼育員さんとじゃれあってるレッサーパンダは釧路市動物園の「コキン」です。とーってもかわいいです☆
 
撮影者さんがメロメロなのが伝わってくる動画ですよ。でもこの動画だけで満足しないで下さいね。実際に見た方が100倍可愛いと思うんです
 
 
 
 
 

レッサーパンダのパクパクタイム!何を食べるの?

 
 釧路市動物園のレッサーパンダはおやつの時間にりんごを食べるんです。パクパクタイムを実際に見ることができます。動物がパクパク食べてる姿ってほんと可愛いですよね。「美味しそうに食べてるね」「りんご好きなんだね、かわいいね♪」なんていう会話もちらほらと聞こえてきそうです。
 
パクパクタイムの時間は日によって違いますが、11時半からが多いようです。「お休みのこともあるので、電話でご確認下さい」とのことです。事前に確認して行けば、その時間に可愛い姿を見ることができますね。 釧路市動物園のHPに電話番号載ってますので、参考にどうぞ♪
 
 

レッサーパンダの疑問!ペットとして赤ちゃんから飼育できるのか?

 
日テレで放送中の「志村動物園」で過去、レッサーパンダの赤ちゃんを育てようっていう企画をやっていました。ご覧になった方もいるのではないでしょうか?
内容
生まれて間もないレッサーパンダの赤ちゃんを母親が運ぶ時に、間違って噛んでしまい、赤ちゃんは危険な状態になってしまいました。
 
急いで、人工保育に切り替えて育てることになったんです。タレントのはるな愛さんが母親代わりになり、レッサーパンダの赤ちゃんを育てるという企画内容です。
 
この番組を見てペットとして飼ってみたいと思った方もいるのではないでしょうか。実際にペットとして飼育できるのか、調べてみましたよ。どうやら、ペットとしては飼えないようですね。

 
理由はレッサーパンダは絶滅危惧種としてワシントン条約で保護されているためペットとして飼うことは禁止されているんです。レッサーパンダはとても貴重な動物なんですね
野生のレッサーパンダ情報
野生のレッサーパンダはインドや中国などの標高1800~4000mの山岳地や森林、竹やぶなどに生育しています。中国に3000~7000頭、インドに5000~6000頭、チベットに1400~1600頭、ネパールに300頭程で、全てあわせても1万頭前後だと推測されているようです。

紹介しましょう!釧路市動物園のレッサーパンダたち☆

さてさて、釧路市動物園ではどんな個性豊かなレッサーパンダたちが生活しているのでしょうか??ちょっとのぞいてみましょう。

釧路市動物園のレッサーパンダの名前と誕生日は?

釧路市動物園には3匹のレッサーパンダが生活していますよ。1匹づつ紹介しますね。
レーサーパンダ
メスの「コーアイ」:2004年6月生まれ。 2歳の時によこはま動物公園ズーラシアからやってきました。
 
オスの「シンゲン」:2011年6月生まれ。 2014年に長野市の茶臼山動物園からやってきました。
 
メスの「コキン」:2017年6月28日生まれ。釧路市動物園で生まれました。両親はシンゲンとキンです。
 

赤ちゃんだった「コキン」はすくすく成長中♪
釧路市動物園で生まれた「コキン」は突然、母親を失いました。「コキン」の母親「キン」は2017年6月に「シンゲン」との子、「コキン」を出産しました。喜びもつかの間、2ヶ月後に腸閉塞のため亡くなってしまったのです。「キン」の死は園の方をはじめ、多くの人々を悲しませました。

 
母親を失った「キン」の赤ちゃん「コキン」は人工保育に切り替え育てることになり、現在(2018年5月)「コキン」は1歳になろうとしています。今でも「コキン」は皆に見守られながら大切に育てられていますよ。
 
赤ちゃんだった「コキン」は母親の死という苦難を乗り越え、大切に育てられ、立派に成長していますよ。そんな「キン」の娘「コキン」に会いに来てみてはいかがでしょうか。

海外からも大人気☆it’s so cute!

ご存知でしたか?日本で飼育されているレッサーパンダたちは世界から注目されているんですよ。以前の記事でも紹介しましたが、動物園で飼育されているレッサーパンダの半数は日本の動物園が占めているんです。
 
世界のレッサーパンダファンはみな、日本の動物園の公式サイトやSNSにアクセスし、動画や画像を見ます。海外ではレッサーパンダに会える動物園は珍しいからなんです。
 
釧路市動物園のレッサーパンダも大人気なんですよ!「釧路市動物園の公式youtube」「facebook」のコメント欄には海外からのコメントがたくさん寄せられています。万国共通で大人気者なレッサーパンダ、見る価値は絶対ありそうです♪
 

釧路市動物園のライオン家族!大迫力で大人も子供も大興奮!!

 
 
さて、ここまではレッサーパンダについて紹介してきました。次の動物は「かっこいー」という声が聞こえてきそうです。今度はハードルが高い動物ですよ。どんな動物でしょうか?たてがみが特徴的な勇ましくてかっこいい動物ですよ〜。
 
そうです、百獣の王ライオン!!子どもは絵本を読んで動物を知ったりしますよね。指をさしながら「ライオンだ!」「トラもいた!」などと…そんな絵本の世界だけにいた、ライオンを現実でみることが出来たらどうでしょうか??
 
想像していたライオンとは遥かに違うライオンが目の前にいると思うんです。子どもたちはどう感じるでしょうか??どんな言葉でライオンを表現するでしょうか??そんな子どもたちの反応をみるのも親の楽しみのひとつですよね。
 
動物と子供の反応、両方楽しめるのが親の特権ではないでしょうか。想像しただけでもワクワクしてきませんか。それでは、そ〜っと釧路市動物園で暮らしているライオンたちを覗いてみましょう。釧路市動物園では3匹のライオンが生活していますよ。
ライオン
オスの「アキラ」:2006年10月生まれ。
メスの「ユウキ」:2007年11月生まれ
オスの「ゆうひ」:2013年7月生まれ。
 
釧路市動物園のライオンは、父「あきら」母「ユウキ」息子「ゆうひ」の三人家族で生活しています。2013年に「ゆうひ」が生まれた時は、ライオンの赤ちゃんに会いに大勢の方が会いに来てくれました。
 
その時は赤ちゃんだった「ゆうひ」が、もう立派なライオンになっていますよ。そんなライオン家族、体の隅々まで見てみて下さいね。
 
オスには、たてがみがあるけど、メスには、たてがみがないんだよ〜」なんて話してあげたら、子どもたちもライオンに興味を示すはず♪すると、ほら、だんだんライオンが恐くなくなってきましたよ〜。
 
ライオンの迫力に怖がっていた子供たちも笑顔になってきませんか?きっとパパやママと一緒にライオンを見て楽しんでるから笑顔なんですね。
 
子どもはファンタジーではなく実際の動物を間近で見る経験を積んで知恵がつくんだと思うんです。実際に間近で見ないと分からないことがたーっくさんありますよね。
 
釧路市動物園に行ったら、大迫力のライオンに会って子供たちと一緒に興奮してみて下さいね。子どもたちはその興奮と迫力をずっと覚えていると思いますよ。パパとママの笑顔と共にね♪
 

 まとめ

・レッサーパンダってうちの息子に似てるかも?しかも、腹黒い!?
 
・おやつのりんごを食べる!パクパクタイムを見にいこう
 
・レッサーパンダをペットとして飼育できるの?
 
・レッサーパンダは海外でも大人気!
 
・釧路市動物園のレッサーパンダを紹介
 
・レッサーパンダの赤ちゃん「コキン」に会いにいこう
 
・大迫力の釧路市動物園のライオンたち 
 
遊具や遊園地情報はこちら料金やアクセス、営業時間はこちらを参考にしてくださいね。釧路市動物園では今回紹介したレッサーパンダ、ライオン以外にも魅力的な動物がたくさんいます。親子で楽しめるイベントも盛り沢山ですよ。北海道旅行の際には釧路市動物園に寄ってみてはいかがでしょうか。
 
パパとママの笑顔がそのまま子供の記憶に残るんです♪そんな思い出素敵だと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA